メキシコシティ内の世界遺産!ソチミルコを楽しむ5つの方法

メキシコシティ内にある世界文化遺産に指定されている場所がソチミルコです。

アステカ時代からの伝統を色濃く残す街で、トラヒネラと呼ばれる船に乗って食事や音楽を楽しみながら過ごします。

メキシコ人にとって休日の憩いの場であると同時に世界からも観光客が訪れる重要な観光資源ともなっています。

そんなソチミルコを楽しむ5つのポイントを押さえておきましょう。

目次

➀呼び込みはぼったくりが多い 相場を覚えて船に乗る
➁持ち込みは自由 事前に買いこんでおくこと
➂場所や曜日によって値段が変わる
➃旅行社を通して頼むと安心
➄市内からの移動は余裕を持って
まとめ

➀呼び込みはぼったくりが多い 相場を覚えて船に乗る

ソチミルコに到着したらまずは船を借ります。

船は大きさによって値段が変わりますが、基本的に1艘1時間400ペソから800ペソが相場です。

船着き場の周辺には呼び込みをする人がたくさんいますが、この人たちの口車に乗るととんでもない代金を請求してきます。

必ず相場を覚えて事前に価格交渉をしておきましょう。2時間で3000ペソなどと言ってきたらぼったくりです。

➁持ち込みは自由 事前に買いこんでおくこと

ソチミルコの船は食料や飲み物の持ち込みをすることに制限はありません。

水上マーケットのようなものがあり、そこで飲み物や軽食を購入することはできますが、街中のスーパーよりも価格が高めに設定されています。

さらに、買い物をしている時間も乗船時間に含まれてしまうので、時間のロスになります。

ソチミルコに到着してからもスーパーなどがありますが、自家用車を持っている場合は、中心部の大型スーパーで食料品や飲み物を購入して船に乗るのがおすすめです。

➂場所や曜日によって値段が変わる

ソチミルコのトラヒネラは基本価格が決まっているものの曜日やシーズンによって言い値が変わります。

週末やメキシコの長期休暇になるセマナサンタ、クリスマス休暇はやや値段が高くなる傾向があり、平日は値段が下がります。

ベースは決まっていても船頭さんとの交渉次第で値段が変わるので、言葉が少しできるのであれば交渉するのがよいです。

➃旅行社を通して頼むと安心

ソチミルコは世界的な観光地であるものの言葉に関しては、英語がほとんど通じません。

個人交渉をする場合には、スペイン語が必須です。

スペイン語を話すことができないとみると吹っ掛けてくる可能性があるので注意しましょう。

そこで安心して乗りたいのであれば、旅行社経由で申し込みをするのが安心です。

メキシコシティには日本語で対応してくれる現地ツアー会社があります。

▶メキシコ観光 

https://pasela.mexicokanko.co.jp/

➄市内からの移動は余裕を持って

5つ目は移動です。

ソチミルコはメキシコシティの南にあります。

市の中心部からだと地下鉄と路面電車を乗り継ぐか、メトロバスなどを利用していくことになります。

南部エリアは交通網がやや弱く、頻繁に交通渋滞が起こります。

移動するときには余裕を持っていくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。メキシコシティ内にある世界遺産のソチミルコを紹介しました。

大都市の中にあって、メキシコシティの誕生、先住民たちの文化が色濃く残っているところでもあります。

ぜひ、一度は訪れてほしい場所です。

できれば、国立人類学博物館に事前に行って、メキシコシティが誕生した時(テノチティトランの時代)を少し学んでから乗るとより面白くなります。

 

新着記事

 

関連記事

「ザ・ウェーブ」の代替案としてもおすすめ!アリゾナ州ホワイトポケットで地球を感じる

ここは一生に一度は見たいと言われる世界の絶景のうちのひとつ「ザ・ウェーブ」。 日本でもテレビ番組に取り上げらたこともあり、絶景写真などでも多く紹介されるので見たことがあるという方も多いと思います。 「ザ・ウェーブ」に訪れ […]

エメラルドの輝く海!マレーシアの楽園に行ってみませんか〜レダン島編〜

マレー半島の東海岸に位置するレダン島。 東南アジアで1.2位を争うほど美しいビーチと言われています。 真っ青の空とエメラルドの輝く海、ホワイトサンドのビーチ。 マレーシアの超有名リゾート 日本人には、ペナン島やランカウイ […]

ものづくり・工場見学!大正ロマン香る北海道・小樽の芸術的なおすすめ観光場所4選

札幌から電車に乗って約1時間弱で行ける小樽(おたる)。 古き良き大正ロマンを彷彿とされる建物が立ち並び、定期的に訪れたくなる魅力のある街です。 そして、小樽は硝子細工の工芸品や古くからの味を守る名店など、昔ながらの「芸術 […]