メキシコ駐在妻がおすすめ!バラマキ用に最適な便利なお土産ベスト5

    メキシコに旅行や観光で来ると帰りに必要になるのがお土産です。

    高級なものから安いものまで数多くありますが、職場や友達に分けることができる大量購入可能なお土産にはどんなものがあるのでしょうか。

    ここでは駐在している人がよく日本に買って帰るバラマキ土産ベスト5を紹介します。

    目次

    ➀安くてかわいいマドラー
    ➁焼き物各種
    ➂ちょっとおしゃれな小瓶テキーラ・メスカル
    ➃メキシコらしい缶詰
    ➄期間限定のお土産松茸

    ➀安くてかわいいマドラー

    まず、初めに紹介したいのが「マドラー」です。

    上の部分にサボテンがついていたり、テキーラの瓶型になっていたりと見た目にかわいいものがそろっています。

    価格も10ペソ(約60円程度)から20ペソ程度で販売されているので、たくさん買ってみんなに配るのにちょうどよいです。

    これをメキシコのスペイン語新聞でくるんで渡せばいかにもメキシコらしいお土産になります。

    いろいろな場所で売られていますが、メキシコシティであればシウダデラ市場、Mercado de Artesaníasがおすすめです。

    どちらもたくさん買う場合には割引してもらうことができるので交渉してみましょう。

    ▶シウダデラ市場

    ▶Mercado de Artesanías

    ➁焼き物各種(タラベラ焼き・セルビン焼きなど)

    メキシコは焼き物が多く、器やカップなどに陶器が利用されています。

    原色を利用した派手な色使いのものから藍や茶をベースとした落ち着いた色使いのものまであり、中には日本人が好みそうなものも多いです。

    お土産物として簡単に手に入り、日本人の好みに合いそうなものの1つ目が「タラベラ焼き」です。

    メキシコの隣プエブラが産地の陶器で、藍色をベースとして使われている落ち着いた雰囲気が特徴です。

    もう1つがセルビン焼きで、こちらはメキシコの北西グアナファトに近いところに山地があります。

    セルビン焼きは細かい装飾が特徴で、柄が細かくなればなるほど高くなる傾向があります。

    タラベラ焼きの場合は50ペソ程度からセルビン焼きは100ペソ程度から購入できるのでたくさんの人に配るのにおすすめです。

    空港でも販売されていますが値段が高いのでおすすめはメキシコシティで毎週土曜日、サンアンヘルで行われるサバドバザールが安くて、よいものが手に入ります。

    ▶サンアンヘルバザール(土曜限定)

    https://www.google.co.jp/maps/place/Bazaar+Saturday/@19.3449492,-99.1934644,18z/data=!4m5!3m4!1s0x85d200025546a41f:0xa6607f7f2dd5f91a!8m2!3d19.3449492!4d-99.1926679?hl=ja

    ➂ちょっとおしゃれな小瓶テキーラ・メスカル

    メキシコのお酒と言えばテキーラが非常に有名ですが、テキーラはハリスコ州の特定地域で作られたお酒をさし、同じようなアガペーから作られたお酒はメスカルと言います。

    このテキーラやメスカルもお土産として便利ですが、通常のサイズでは瓶が大きく、価格も高いのでバラマキには不向きです。

    しかし、メキシコでは小瓶のテキーラやメスカルが販売されています。

    瓶もおしゃれに細工されているので、そのままお土産として渡しても喜ばれます。

    売っている場所は、一般的なスーパーや街のお酒屋さんです。

    コンビニや会員制スーパーでは大型の物しか販売していないので注意しましょう。

    ➃メキシコらしい缶詰

    4つ目にお薦めするのがスーパーで普通に売られている缶詰です。

    こちらは保存がきくのでお薦めには最適です。

    しかも「小さく・安い」メリットがあります。

    おすすめは、メキシコらしい「唐辛子の缶詰」唐辛子を酢で付けたもので、そのまま食べてよし、料理にアクセントとしても入れても面白いです。

    他には豆をつぶしたフリーフォーレス、サルサソースなどもメキシコらしい缶詰で、お土産としてもらった側も利用価値が高いものになります。

    ➄期間限定のお土産松茸

    最後に期間限定ですが、おすすめのお土産を紹介します。

    それが松茸です。

    実は、メキシコでは松茸の生産が行われている地域があり、日本に輸出されています。

    そのため、メキシコ国内の一部日本食材店で松茸が期間限定(だいたい6月から9月頃)まで販売され、お土産として持って帰ることができます。

    価格は日本の半額以下で、味や香りも変わりないものになります。

    日本への持ち込みを懸念する人もいますが、松茸は「菌類」となるため日本への持ち込みができます。
    (日本食材店でお土産用というと土をしっかりと落として売ってくれます。)

    メキシコシティでは、YAMAMOTOで取り扱いをしてくれます。

    ▶YAMAMOTO

    Av Porfirio Díaz 918, Col del Valle Centro, Benito Juárez, 03100 Ciudad de México, CDMX
    52-55-5559-2100(日本語対応可能)

    まとめ

    いかがでしたか。

    メキシコで購入できるたくさんの人に分けるのに便利なお土産をまとめてみました。

    価格が安く、たくさん購入できるという観点で見ていますが、お土産を渡す人の求めに応じて変えるのがよいと思います。

    また、できるだけ安く購入したいのであれば「市場」や「スーパー」などを活用するのがポイントです。

     

    新着記事

     

    関連記事

    インドで人気急上昇!IT都市バンガロールでおすすめマイクロブルワリー3選

    インド各地で急速に増えているマイクロブルワリー。 2020年3月29日からは成田からJALの直行便が開通し、デリー、ムンバイだけでなく、訪問する機会や人々が増えそうなIT都市バンガロール。 インドのシリコンバレーとも呼ば […]

    子連れグアムを120%楽しめるおすすめスポット4選

    ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。 日本から3時間半で行けるリゾート地グアム。飛行時間が短いことから、小さなお子様連れの海外旅行先としても常に人気の場所です。 今回は子連れグアムにおすすめのス […]

    【マレーシア・ペナン島 】隠れ家カフェ 「フェリンギガーデンカフェ」をご紹介!

    ジョージタウンから車で30分ほど離れたフェリンギという所には、ビーチ沿にリゾートホテルが立ち並んでいます。 その中にひっそりとある、植物いっぱいの隠れ家カフェ「フェリンギガーデンカフェ」の朝食をご紹介します。 植物園のよ […]