韓国八景の一つにも挙げられる!海雲台の美しいビーチ


港町として知られる韓国・釜山には、いくつかの有名なビーチエリアが街中に存在しています。

特に賑わう「海雲台」は、韓国屈指の絶景ビーチスポット!

海水浴場や温泉のある海岸一帯には、沢山の飲食店をはじめ、カジノや免税店、水族館などの主要施設も立ち並んでいます。
海雲台エリアの主な観光スポットには、地下鉄2号線の海雲台駅からのアクセスが便利です。

韓国八景の一つにも挙げられる美しいビーチ!

海雲台といえば、何と言ってもビーチ!
赤い文字のモニュメントが印象的です。
韓国八景の一つとしても挙げられる海雲台の美しい砂浜は、約1.8km続いています。

毎年7月~8月の海水浴シーズンに集まる人の数は、なんと合計100万人!
ビーチに並ぶパラソルの数は、ギネスブックにも認定されたのだとか。
多くの観光客が訪れる海雲台のビーチでは、ロッカーや仮設トイレ、シャワー、更衣室などの設備も充実しており、ビーチベッドやパラソルは有料でレンタルが可能です。

歩きやすい歩道も整備されている海雲台ビーチ。
天気が良い日には素晴らしい景色が広がっており、夏以外のシーズンでも気持ちよく散策できます♪

天然温泉の足湯もある海雲台!

海雲台温泉センターなどのスパ施設も多い中、無料で手軽に楽しめるのが、ビーチのすぐそばにある温泉足場(=足湯)!
公共施設として設置されている海雲台温泉足湯は、海雲台の海から湧き出ている天然のラジウム温泉が引かれています。
毎日11:00~18:00の間であれば誰でも利用することができ、現地の人も多く集まってきます。

温泉足湯の正面には、海雲台の主要施設などが掲載された観光案内の地図と一緒に、海雲台の温泉にまつわる歴史が書き出されています。

旧・東海南部線の廃線路が歩ける!

かつて、海雲台~松亭駅の海岸沿いを走っていた国鉄東海南武線
2013年12月に廃線となった旧線路は、2014年3月からウォーキングコースとして解放されています。

海雲台側の尾浦~松亭までの距離は4.8kmあり、松亭側から歩き始める人もいます。
海雲台ビーチからは徒歩15分ほどで到着できます。

旧線路の散策路を20分ほど歩き進めると「タルマジェトンネル」があり、そのトンネルを抜けた先は、海雲台の景色を一望できるビューポイント。
途中で引き返すこともできるので、海雲台の観光ついでにフラッと立ち寄ることもできます。
綺麗な海の景色を眺めながら旧線路の上が歩ける散策路は、鉄道ファンならずとも行く価値あり♪

▶旧・東海南部線 散策路

日本語住所: 釜山広域市海雲台区タルマジキル
韓国語住所: 부산광역시해운대구달맞이길
電話番号: +82-51-749-5700 (問い合わせ先:海雲台観光案内所)

ナイトスポットやレストランも充実!観光拠点としても便利な海雲台

海雲台には、オシャレなレストランやバーが集まる「タルマジキル」もあります。
「タルマジキル」は”月見の丘”という意味で、その名の通り、小高い丘の上に位置しています。
約8kmの緩やかな坂道で、海雲台ビーチから徒歩でアクセスできる道が続いています。

また海雲台の街は、屋台やナイトスポットが充実しており、夜も賑やか♪
季節によって見られるイルミネーションや夜景も見逃せません!

海雲台からは、同じくビーチがあることで知られる広安里(クァンアンリ)や、若者が集まる繁華街の西面(ソミョン)などへ、地下鉄の乗り換えが不要です♪
拠点として滞在するにも便利な海雲台エリアで、釜山観光の幅を広げてみてはいかがでしょうか?


 

新着記事


関連記事

日本人に浸透していない穴場!基隆市の「和平島公園」、台湾版天空の城「13層遺跡」に行ってきました

基隆市にある和平島公園はご存じですか? 台湾に何度も旅行に来られている人なら、基隆市へ観光にいかれたこともあるかもしれません。 基隆は港の町としても有名ですが、奇岩があることでも有名です。 基隆は海に面しており、塩を含ん […]

【沖縄】那覇から車で行ける秘境!浜比嘉島の魅力!

こんにちは。 今回は、那覇市内から車で約30分と気軽にいける離島、浜比嘉島について紹介していきます。 浜比嘉島は、沖縄の中でも、有数のウガンチュ(沖縄のユタがお祈りする場所)がたくさんある秘境の一つです。 沖縄には、他に […]

徹底レポ!現地人に人気の「寧夏(ニンシャー)グルメ夜市」のおすすめご飯・かき氷フルコース!

台湾旅行の楽しみは、なんといっても夜市巡り!ですね。 代表的な夜市としては「士林(シーリン)夜市」があります。夜市の大きさもお店の多さも台湾一ですよね。 しかしあまりにも広いので迷ってしまったり、台北駅からかなり離れてい […]