雪花冰で有名な「思慕昔(スムージー)」でちょっと変わった味を試してみよう!~ピーナッツ味・ティラミス味~



    台湾の夏はとても暑いです。
    温度が高いうえに湿度も高いので、照りつけるような暑さというよりはじわじわとした蒸し暑さでムワっとする感覚です。
    そんな台湾ですが、この暑さだからこそ楽しめるスイーツがあります。 日本でも今ではかなり有名になっているので知っている人も多いと思います。
    「雪花冰(シェーホァピン)」と呼ばれるふわふわのかき氷です。

    雪花冰で有名な「思慕昔(スムージー)」

    雪花冰はその粉雪のような食感から、スノーアイスと呼ばれたりもしています。
    日本ではアイスモンスターというお店が有名なのではないでしょうか。
    台湾でも観光地を中心として様々なところで見かけるスイーツのひとつです。 そんな台湾でも特に有名なお店のひとつに「思慕昔(スムージー)」というお店があります。

    いつも混んでいるので並ぶこともありますが、回転がはやいのでそれほど長く待つことはありません。

    ちなみに本店から少し歩いたところに2号店もあります。 こちらも混んでいますが、本店が混んでいたら覗いてみるのもいいかもしれません。

    やっぱり定番はマンゴー

    旬であればやはりおすすめは定番のマンゴーのかき氷です!

    マンゴーかき氷には、バニラアイスのせパンナコッタのせの二種類があります。
    (写真はパンナコッタのせ)

    味やトッピングのバリエーションも多い

    そしてここからは個人的なオススメな味とトッピングをご紹介します!

    (1)ピーナッツ味の雪花冰

    台湾ではスイーツや料理でよく見かける材料として「ピーナッツ」があります。
    雪花冰にもこのピーナッツ味があるんです!

    えー?ピーナッツ味?と思うかもしれませんが、これがめちゃくちゃ美味しいんです!

    個人的には一番好きな味ですし、イギリスの友人も一番好きだと言っていました。

    氷自体がピーナッツ味で、金時豆と芋と実際にピーナッツがのっています。 これもちょっと馴染みがないかもしれませんが、とても美味しいですよ。

    (2)ティラミス味の雪花冰

    そしてお次がティラミス味

    激甘そうに見えますが、苦みの効いたコーヒーの味がベースなので、見た目よりはずっと大人なお味です。
    オススメした中では案外一番すっきりと食べられるかもしれません。

    量はかなり多いので注意

    今回は、3人で3皿を気合で完食してやりましたが、見た目通り量がとても多いです。

    3皿運んできたときは隣のお姉さんが思わず吹き出して写真を撮っていました。
    女性は 2人で1皿くらいがちょうどいいと思います。

    また、この辺りは食べ歩きのできるお店がたくさん。
    斜め向かいには有名な葱油餅のお店もありますし、色々食べ歩くには3人で1皿ぐらいでもいいかもしれません。

    とても美味しいので、台湾を訪れた際にはぜひ食べてみて下さい。
    そして定番以外にもオススメの味も試してみて下さいね。

    「思慕昔(スムージー)」本館


    最寄駅:東門駅徒歩3分ほど
    住所:台北市大安区永康街15号
    電話番号:02-2395-8770
    営業時間:12:00~22:00


        ★ミモトカズ

        ライター
        記事一覧へ

        新着記事


        関連記事

        韓国旅行でカフェ巡り!釜山の「TERAROSA COFFEE」in”F1963″

        韓国旅行のカフェ巡りに欠かせないスポット、釜山のTERAROSA COFFEE。 釜山国際映画祭の際には日本の芸能人も訪れるなど、度々話題になっています。 TERAROSA COFFEEは、リノベーションされたワイヤー工 […]

        【ベトナムの世界遺産】グエン王宮を観光する前に知っておくべき豆知識

        日程に余裕のある方はベトナムの王宮歴史を知ろう ベトナム旅行と言えば、大都市のホーチミンやハノイ、ランタンで有名なホアインで過ごされる方が多いですね。 これらの都市ももちろん素晴らしい文化がありますが、もっともっとローカ […]

        バンコクから日帰りOK|【世界遺産】古都アユタヤの旅

        こんにちは。kitoです。 バンコクから北へ車で約2時間のところに位置する古都アユタヤ。多くの遺跡が点在し見どころ満載の観光エリアです。 アユタヤは1350年から約400年間アユタヤ王朝の都であり、交易の中心地として栄え […]