【フィリピン】セブはビーチだけじゃない!?5つ星ホテル「モーベンピックホテル」のデイユースを紹介!

こんにちは!セブ島在住のSayaです。

みなさん「セブ島」と聞くと、どんなイメージをお持ちですか?

私はセブ島に引っ越してくるまでは、「海」「ビーチ」というイメージだったのですが、来てみると意外とセブ市内はビーチから遠く、海を楽しみたい場合は市外に足を伸ばす必要があります。

そんな中でも手軽にセブでリゾート感を楽しめるのが、高級ホテルのデイユース(宿泊せずにリゾートを楽しむこと)。

今日はセブで人気の5つ星ホテル、モーベンピックホテルのデイユースをご紹介します。

1、まずは場所の確認

モーベンピックホテルはセブ島と橋でつながっている、マクタン島という島にあります。

セブ・マクタン国際空港からは車で約20分、セブの中心地からは車で1時間ほどの距離にあります。

ホテルに到着したら、開放的なエントランスでくつろぎ、デイユースや宿泊のチェックイン・チェックアウトをのんびり待つことができます。

2、プールとプライベートビーチライベートビーチ

デイユースのチェックインを済ませて、さっそくプールへ。

エントランスの先を抜けるとすぐにプールとビーチが見えてきます。

プールで泳ぐもよし、ビーチサイドでのんびり日光浴をするもよし、椰子の木が風に吹かれる音を聞きながら木陰でくつろいでいると、「最高に贅沢な休日〜」とリラックスすることができました。

3、お楽しみのブッフェ

デイユースには朝食か昼食のブッフェがついていて、どちらか1つを選ぶことができます。

私が行った時は昼食のブッフェを選びました。ランチブッフェは和食・洋食・中華からフィリピン料理、デザートまでとりそろえられていたのですが・・・・。

1番嬉しいのがブッフェの最中はハイネケンというビールが飲み放題なことです♪

暑い日にキンキンに冷えたビールと美味しい料理、最高ですね!

4、施設の様子

「ブッフェで食べ過ぎちゃったわ」という場合も安心してください。

デイユース利用者も、綺麗なジムが使い放題なのです!クーラーがしっかり効いたお部屋で、たっぷり汗をかいてブッフェで食べ過ぎてしまった分を消化しました。

ちなみに私が行った時は私たち以外の利用者はおらず、貸切状態でした(笑)

そして15時から16時はチョコレートタイム。

チョコトリュフにチョコブラウニー、溶かしたチョコにマシュマロをつけるコーナーもありました♪そして塩味のポップコーンもおいてあるので、しょっぱいのと甘いのを交互にすると、エンドレスチョコレートタイムでした(笑)

昼は「爽やかなリゾートホテル」という雰囲気でしたが、夜になると雰囲気がガラッと変わります。

ホテルの敷地内にある「イビザ」というおしゃれなバーがライトアップされ、お酒やクラブミュージックを楽しむことができます。

5、料金

料金は、大人平日:2000ペソ(約4000円)・休日2500ペソ(約5000円)でした。(2019年10月時点)

マクタン島のリゾートホテルのデイユースの相場はだいたいこのくらいなので、モーベンピックホテルも同じくらいですね。

6、まとめ

セブ島に遊びにきたときの選択肢の1つとして、「リゾートホテルのデイユース」いかがでしょうか?

セブの郊外のビーチに足を伸ばすのも良いですが、日程に限りがある場合は市内から気軽に、快適に楽しめるホテルのデイユースもとってもおすすめです。

それでは、お読みいただきありがとうございました。



 

新着記事

 

関連記事

初心者におすすめ!おさえておきたいカンボジアの定番ローカルフード3選

はじめてのカンボジア、どんな食べ物を食べようか… と思っている皆さん、きれいなレストランで食事もいいけれど、ぜひローカルな食事も楽しんでみてください。 そこで今回は、カンボジアの定番ローカルフードを三つほど紹介していきた […]

バンコクから日帰りOK|【世界遺産】古都アユタヤの旅

こんにちは。kitoです。 バンコクから北へ車で約2時間のところに位置する古都アユタヤ。多くの遺跡が点在し見どころ満載の観光エリアです。 アユタヤは1350年から約400年間アユタヤ王朝の都であり、交易の中心地として栄え […]

メキシコ食文化 必ず知っておきたい5つの情報

かつてマヤ・アステカ文明の栄えたメキシコ、その土地で生まれたメキシコ料理は世界遺産にも指定されており、世界を代表する食べ物でもあります。 そんなメキシコで食事を楽しむときに知っておきたい5つの情報をご紹介します。 1.多 […]