日本人向け!タイ北部で本場のココナツラーメン「カオソーイ」人気店巡り4店舗!

タイ旅行の醍醐味の一つに現地の料理を楽しむことがあるでしょう。

タイにも地域それぞれの郷土料理があります。

タイ北部だけで食べられる料理にも特色があります。

中でも、今回は日本人の味覚にも合う、「カオソーイ(ข้าวซอย)」をご紹介します。

もちろんバンコクやパタヤなどの地域でも食べることができますが、できれはチェンマイやチェンライの気候の中でカオソーイを味わってみませんか?

カオソーイ(ข้าวซอย)とは?

IMAGE

ではまず、カオソーイについてご紹介しましょう。

カオソーイはタイ北部とラオス北部にある麺料理です。

タイのカオソーイはカレースープにココナッツミルクを加えているため、味にまろやかさがあります。

麺の上にパクチー、紫タマネギのみじん切りにしたもの、酢漬けかキムチ味にしたキャベツ、そして揚げたたまご麺にライム汁をかけて食べます。

味はテーブルの調味料で辛くしたり、酸味を足したりして自分好みに味付けできます。

またタイのカオソーイは中国系イスラム教の食文化の影響を受けているため、牛肉や鶏肉といっしょに提供されることが多いです。

カオソーイはお店によって、味やトッピングが微妙に異なることがあります。

ぜひいろんなお店のカオソーイを食べ比べてみませんか?

では実際にカオソーイを提供しているお店をご紹介していきましょう。

➀チェンマイ地区
カジュアルな食堂
「アルーン ライ(Aroon Rai)」

IMAGE

チェンマイ市内にあるカジュアルな食堂アルーンラでは様々なタイ料理が楽しめます。

中でも、こちらのカオソーイは日本人好みの優しい味付けでした。

IMAGE

チェンマイやチェンライでいろんなカオソーイを食べてみましたが、こちらのお店のカオソーイがピカイチでした。

それほど辛くなく、甘くて優しい味付け、それでいてしっかりしたしっかりした濃厚スープで病みつきになります。

スープの色も他のお店と比較すると濃い色になっています。

食べれば食べるほど甘み、辛みがでてくるため一杯でかなり満足感があります。一杯50バーツで値段もリーズナブルです。

▶アルーン ライ(Aroon Rai)

住所:45 Kotchasarn Rd, Chang Khlan Sub-district, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50100, タイ
営業時間:12:00〜21:30

➁チェンマイ地区
辛さ控えめのあっさり味
「カオソーイ・イスラム(Khao Soi Islam)」

IMAGE

ナイトバザール付近にあるカオソーイの有名店にも足を運んでみました。

このお店のカオソーイはあっさり味で、カオソーイ一杯の量も少なめです。

辛みも少ないのであっという間に完食できました。

IMAGE

好みにもよりますが、ガツンとくる辛みが好きな人には物足りないかもしれません。

とはいえ、カオソーイのルーツ、というような昔ながらの味わいを楽しめるため、一度は味わってみたい一品です。

こちらも一杯50バーツで、量が多めの場合は「ピセー」と言えば70バーツで大盛を注文できます。

▶カオソーイ・イスラム(Khao Soi Islam)

住所:Charoen Prathet 1 Alley, Tambon Chang Moi, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50100, タイ
営業時間:8:00〜17:00

➂チェンライ地区
太麺のカオソーイが楽しめる!
「ラーン・ポージャイ・カオソーイガイ」

IMAGE

美味しいカオソーイを求めて、チェンマイよりさらに北部にある街、チェンライまでやってきました。

チェンライの中でカオソーイが美味しいお店といえばこのお店です。

お店の名前にもなっているほど、カオソーイが売りのお店です。

特にガイ(タイ語で鶏の意味)がおススメです。

こちらのカオソーイの麺は太麺です・このふと麺がスープとよく絡んで最後まで美味しくいただけます。

こちらも一杯40バーツとかなりリーズナブルです。

チェンライ観光で歩き疲れた時に、ちょっと小腹を満たすにはちょうどいい量です。

▶ラーン・ポージャイ・カオソーイガイ

住所:1023/3 Jetyod Rd, เมืองเชียงราย Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000
営業時間:8:00〜16:00

➃メーサイ地区
辛さレベル高め!
「パーローイ」

IMAGE

チェンマイにカオソーイメーサイという有名店があります。

ということはチェンライのさらに北部メーサイ地方に美味しいカオソーイがあるのではと思い、ミャンマーの国境に近い街メーサイへ行ってみました。

現地の人に聞くと、パーローイのお店のカオソーイを食べにバンコクから訪れる人もいるほど有名だと聞いて実際に食べにいきました。

場所はドイトゥン ビュー リゾートに近く場所にあり、お昼時には乗り合いバンがたくさん停車していました。

IMAGE

カオソーイの麺は他のお店の麺よりも柔らかで、かなり辛いです。

これはタイ人好みの味なのかもしれません。一杯40バーツとこのお店のもとてもやすかったです。

▶パーローイ

住所:53 Moo.10, Huai Khrai, Mae Sai District, Chiang Rai 57220, タイ
営業時間:10:00〜17:00

最後に

いかがでしょうか。北タイと言えばカオソーイ、というぐらいチェンマイ、チェンライの人々の生活に密着した麺料理です。

お店によって、若干味付けが異なり、しかも毎日食べても飽きが来ない本当においしい麺料理です。

ぜひ一度チャレンジしてみませんか?



 

新着記事

 

関連記事

シンガポールの代表的おしゃれカフェ「PS. Cafe Harding Road」で優雅なブランチ!

洗練された都会的なシンガポールの景色もいいけれど、自然を感じてゆっくりするのも大好き!という方におすすめなのが、今回紹介する「PS. Cafe Harding Road」。 緑豊かで、高級住宅やおしゃれにリノベーションさ […]

【穴場紹介】バリ島ウブドのモンキーフォレスト!森林浴と人懐っこい可愛いモンキーに癒されよう

こんにちは。 旅マニアKitoです。 今回はバリ島南部にある山間の村、ウブドにあるモンキーフォレスト をご紹介します。 実はウブドにはモンキーフォレストがいくつかあります。 一番人気のある定番のモンキーフォレスト は、ウ […]

【沖縄】那覇から気軽に行ける世界遺産!琉球王朝の聖地「斎場御嶽」

こんにちは。 沖縄旅行で、海水浴やマリンアクティビティを十分に楽しんだら、次は沖縄の世界遺産やパワースポットを楽しむのがおすすめです! そして、那覇から比較的気軽に行けるトップクラスのパワースポットであり世界遺産なのが、 […]