水の都・ベネチア!【パターン別】世界遺産を効率よく巡る1dayモデルコース

世界遺産の街ベネチア

ベネチアンゴシックの建物や景色を楽しみながら、路地を散策したりゴンドラに乗ってみたりと、楽しみ方は様々です。

ふらっと歩くだけでも十分楽しめますが、ベネチアの見所を1日で巡るモデルコースをご紹介します。

場所と歴史を確認しよう

ベネチアはイタリア半島北東に位置する、大陸からの川から流れてくる土砂と、アドリア海の波と風の力によって作られた湿地帯です。

5世紀にゲルマン民族の侵略から逃れるため、干潟に杭を打ち付けて街が作られました。

大小の運河が迷路のように走り、天気や潮の干満によって浮いたり沈んだりしている、世界でもユニークな街です。

★おすすめ1日街歩きコースをご紹介します★

午前中(前半):ベネチアの雰囲気を一番味わえるスポットを狙おう!

ベネチアのお店は17時頃閉まるところが多いので、朝から行動開始がおすすめ。

電車でお越しの場合はサンタ・ルチア駅、バスの場合はローマ広場を玄関口に、旅のスタートです。

到着したら目の前がこの景色!

気分も高まりますね。

人が少ないうちにリアルト橋を目指しましょう。

リアルト橋グランカナレにかかる橋のうち最も大きなもので、水上交通の要所でもあります。

橋の両端には、ガラス雑貨やアクセサリーといったベネチアの代表的な工芸品を販売するお土産店がズラリと並びます。

橋の真ん中と外側が歩けるようになっているので写真も撮りやすいです。

水面に輝く朝の光を楽しんでください。

午前(後半):ベネチアの中心で歴史を堪能しよう!

サン・マルコ広場

ベネチアの心臓部、サン・マルコ広場を目指しましょう。

広場を中心に、
ドゥカーレ宮殿、
、サン・マルコ寺院、
大鐘楼

など見所満載です。

特に、サン・マルコ寺院は立ち寄っていただきたい所。

入場無料ですが、カトリック美術や歴史を感じられるスポットです。

ドゥカーレ宮殿から続く、ため息橋
もおすすめです。

その昔、ドゥカーレ宮殿から牢獄へ連行される囚人達のため息が聞こえてくることから、この名前が付けられました。

白の大理石で造られたこの橋には、石製の格子窓が付いており、その窓からの眺めが投獄される前に見るベネチアの最後の景色でした。

現在は宮殿内部の見学ルートになっており、格子窓から見学者の手が出てくることがある、ちょっとした面白スポットです。

午後:好きな所に行ってみよう!3パターンご紹介

①美術館巡り

ベネチアは芸術の街としても有名です。外せないのは「アカデミア美術館」。

元は教会であった建物で、広々とした空間に漂う厳かな雰囲気です。

ベネチア派の巨匠達の作品が年代ごとに展示されているので、時代の変遷を感じられます。アカデミア橋を渡って美術館に向かいましょう。

奇数年には芸術の万博こと「ビエンナーレ」が街を挙げて開催されます。

機会があればぜひ立ち寄って頂きたいいイベントです。

②街歩き&ゴンドラ

入り組んだ路地が縦横無尽に走るベネチアの街は歩くだけでも発見があります。

しばらく地図なしで歩くだけで住宅街に迷い込んだり、秘密の運河を見つけたり、冒険感満載です。

ゴンドラにも乗ってみたいですよね。

ゴンドラの漕ぎ手はベネチアの全てを知り尽くすプロばかりで、どんな質問にも答えます。

1隻あたり30分€80, 6人まで乗船可能です。

お高いのでなるべく大人数で乗るのがおトクです。

勇気を出してゴンドラ乗り場で迷っている人に声をかけて相乗りするのも、観光都市ベネチアならではの節約術です。

③他の島に行ってみる

ベネチア本島を抜け出して他の島に渡るのも良いですね。

ベネチアングラス発祥の「ムラーノ島」や、ベネチアンレースとフォトジェニックな街で有名な「ブラーノ島」など、本島よりもローカル感のある街を楽しんでください。



▶出展:https://www.getyourguide.com/

ムラーノ島へは、サン・マルコ広場近くのバポレット(水上バス)乗り場から約40分(水上バス)「ブラーノ島」へはさらに約20分で到着です。

ベネチアの街は「海から見て一番美しく見えるように」と設計されているので、最高の景色を見ながら船旅ができますよ。

情報

▶サン・マルコ寺院 (伊:Basilica di San Marco)

所在地:Piazza San Marco, 328, 30100 Venezia VE
入場:無料(博物館や宝物庫エリアは有料)
列に並ばずに入れるチケットあり(3~11月):https://goo.gl/qyg97J

公式HP:
http://www.basilicasanmarco.it/?lang=en

▶ドゥカーレ宮殿 (伊:Basilica di San Marco)

所在地:Piazza San Marco, 1, 30124 Venezia VE
公式HP:
http://palazzoducale.visitmuve.it/

▶アカデミア美術館 (伊:Gallerie dell’Accademia)

所在地:Campo della Carita, 1050, 30123 Venezia VE

公式HP:
http://www.gallerieaccademia.it/

*記載の料金は2019年2月現在のものです。




★Coco

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

素敵な掘り出し物に出会える! ジュネーブのセカンドハンドショップの楽しみ方

スイス第二の都市ジュネーブ。 フランスとの国境にあり、スイスの中でも都会的でおしゃれな雰囲気が漂う町です。 ジュネーブと言えばお金持ちのバカンスに人気の地 毎年、夏になると避暑に来たアラブのお金持ちが高級ホテルを貸し切り […]

ファッション大国・イタリアをプチプラで楽しむ!日本未進出のブランドをはじめ、お得な情報をご紹介

イタリアのハイブランドには憧れますが、予算的に…という方、いらっしゃいませんか? コスメ、ランジェリー、そしてマーケットで調達できるイタリアファッションはいかがでしょうか?日本未進出のショップと、お得なマーケット情報をお […]

予約が取れない!飛び込みでは行けないウブドのおすすめスパ KARSA SPA!

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 バリ島に来たらスパ!マッサージ天国のバリ島。 高級スパも日本に比べたらとても安くうける事が […]