人気上昇中!【イタリア】世界遺産の街ペルージャ県「アッシジ」を歩く~聖地と歴史・グルメ~


世界遺産の町が多いイタリアですが、その中で最も厳かでクリスチャンにとって特別な意味を持つのがアッシジです。

キリスト教の宗派「フランチェスコ協会」を設立した、聖フランチェスコの生まれ故郷であり、今もこの町の守護聖人として彼の亡骸が保存されています。

日本では馴染みの薄い町ですが、ぜひ足を伸ばしていただきたいスポットです。

場所とアクセス

ローマから約170km北東、ペルージャ県にあります。

ローマ・テルミニ駅から電車で2時間ほど。

日帰り旅行が可能です。

世界遺産に登録されてからは、世界中から人が集まるようになりました。

私が訪れた際は、日本人の団体ツアーも何組か訪れていました。

アッシジの町

城塞都市として発展した町なので、門をくぐって町に入ります。

石畳とレンガと漆喰のみを施した建物が並ぶ、16世紀の町並みが広がります。

急な坂が多いので、履き慣れた歩きやすい靴でお越しください。

中心地のコムーネ広場を中心に、古代ローマ遺跡の劇場、円形闘技場、ミネルヴァ神殿も残されています。

最大の見所「聖フランチェスコ大聖堂」

町の西端に、この町を世界遺産に推し上げた「聖フランチェスコ大聖堂」があります。

大聖堂前の広場には美しいアーチの回廊があり、青空を眺めると雲の上の世界に来たような不思議な感覚になります。

さっそく大聖堂内へ入りましょう。

内部には28枚の「聖フランチェスコの生涯」を描いた壁画があり、世界中から来た人々に彼の歴史を伝えます。

壁画はルネッサンス期の巨匠・ジョットによって描かれたと伝えられており、芸術面でも素晴らしい作品を見ることができます。

天井画も息を飲む美しさです。

下層階にも教会があり、中央には聖フランチェスコのお墓があります。

フランチェスコ協会の総本山でもあるため、神父がガイドする巡礼者のグループがひっきりなしに通ります。

日本の宗教観とは少し違う雰囲気です。

*大聖堂内は写真撮影禁止のため、公式サイトより写真を転用。

おすすめレストラン「I Monaci」

アッシジは観光&巡礼地なので物価が高いですが、お腹が空いたらぜひ立ち寄っていただきたいのが“イ・モナーチ (I Monaci)”というピザがメインのレストラン

地元の人からも評判が良く、味・値段・サービス・雰囲気ともに文句なしのクオリティです。

石窯で焼き上げるピザは、小麦の甘みと香ばしさがトッピングの味を最大に引き出してくれます。
ピザだけでなくご当地料理も多く揃えています。

迷路のような路地にひっそりとあるので入り口が分かりづらいですが、モナーチ(イタリア語:僧侶たち)のロゴが目印です。

* 料理とロゴの写真はFacebookページより引用。

アッシジ活気と神聖さが混じり合う素敵な町です。
大聖堂以外のカトリック教会や、ローマ帝国時代から残る遺跡、城跡など見所満載ですので、ぜひ訪れてみてください。

▶聖フランチェスコ大聖堂

所在地:Piazza Inferiore di S. Francesco, 2, 06081 Assisi PG
入場料:無料(ガイドツアーや特別エリアなどは有料)
公式サイト:http://www.sanfrancescoassisi.org/it/

▶I Monaci

所在地:Via Arnaldo Fortini,10, 06081 Assisi PG
Facebook:https://www.facebook.com/RistoranteImonaci/




★Coco

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

【最旬!♡】タイ・バンコクのエリア別のおすすめおしゃれカフェ8選☕

バンコクはおしゃれカフェであふれてる! タイの首都バンコクは、空前のカフェブーム。 どのカフェも空間やメニューにオリジナリティがあり、おしゃれで、思わず写真を撮りたくなっちゃうジェニックさなんです。 今回は、バンコクの人 […]

ロンドンから日帰りで行ける!英国陶磁器の街、ストーク・オン・トレントでアウトレット巡りをしよう♩

こんにちは、イギリス在住のAIです。 みなさんは、日本でも人気な英国陶器ブランドの多くが、ストーク・オン・トレントという英国の小さな街で生まれたことをご存知ですか? イギリスには「ウェッジウッド」や「エマ・ブリッジウォー […]

人生で一度は訪れたい!ドイツの移動型遊園地「Kirmes (キルメス)」の魅力4つに迫る!

ドイツの移動型遊園地「Kirmes(キルメス)」を耳にしたことがありますか?日本で遊園地というと、常設されているのが当たり前ですが、ドイツではキルメスと呼ばれる移動型の仮設遊園地が定番となっています。 photo by […]