永遠の都ローマを100倍楽しむ!押さえたい観光スポット8選と、効率的に賢く周る方法を伝授!



    世界各国訪れましたが私は「ローマ」 が一番好きです。アモーレ!
    ローマはロムルスとレムスという狼に育てられた双子の兄弟が建国し、ローマ帝国の首都として繁栄しました。ロマン溢れる必見スポットと、おすすめ宿泊地をご紹介します。

    見逃せないおすすめスポット8選

    ➊コロッセオ

    市民の政治不満を紛らわすために建設された、大型競技場です。
    写真1

    剣闘士の戦いや、場内を海水で満たして模擬海戦も行われました。
    地下にはエレベーターや下水道の仕組みが完備され、「コロッセオが滅びるとき、ローマも滅びる。そのとき世界も滅びる」と言われるほど政治・文化・技術で重要な存在でした。

    ➋フォロ・ロマーノ

    コロッセオに隣接する都市遺跡です。
    写真2

    おすすめはコロッセオ横の凱旋門側入り口を利用すること。
    ローマの戦士たちが遠征から戻り歓迎を受ける光景が目に浮かびます。背後にあるパラティーノの丘は内部で繋がっており、前述したロムルスによって人々の居住区になったという神話が残っています。

    ➌ベネチア広場

    イタリア王国初代国王のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂がシンボルです。
    写真3
    大通りが交差するロータリー前に位置し、大都市ローマの景色が一望できます。

    ➍真実の口

    「ローマの休日」 で有名ですね。
    写真4

    サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の柱廊に飾られています。教会内部も美しくおすすめです。

    ➎トレビの泉

    写真5
    ポーリ宮殿の壁と一体になっており、ローマの神々が描かれています。
    日中の青い水をたたえた泉も良いですが、夜のライトアップされた姿もロマンチックです。

    ➏パンテオン

    オクルスという採光穴の開いたドーム型の屋根が特徴の建物です。
    写真6

    ローマ神殿からキリスト教の聖堂になりました。ラファエロの墓があることでも有名です。

    ➐スペイン広場

    写真7
    「ローマの休日」のジェラートのシーンで有名ですが、階段での飲食は禁止されています。
    階段前の噴水も水浴びをしたら罰金です(噴水で水浴び…と思うでしょ?結構います。私が訪れた時も何組か罰金を命じられていました)

    ➑バチカン市国

    カトリックの総本山で、ラファエロやミケランジェロなど有名芸術家の作品が保管されています。
    写真8

    シンボルのサン・ピエトロ大聖堂は屋上まで登ることも可能です(別料金)。
    狭い階段を上らなければなりませんが、最上階から眺めるバチカンとローマの街は別格です。

    上手な観光のカギ!宿泊はなるべく市街中心部に

    ローマの公共交通網は、時間通りに来ない&従業員ストライキも多いです。
    夏の昼間は外にいるのが辛いほど暑く、一旦宿に帰りたくなることも多いので、なるべく市街中心地に宿泊するのが良いでしょう。
    一方で、あまり街中過ぎても夜が遅いイタリアでは翌日の予定に響く可能性もあります。
    写真9

    宿泊のおすすめは「テスタッチオ地区」

    写真10
    市街に近いのに静かな地区で、イタリアの有名シェフがレストランをオープンするなど注目スポットです。
    ローカルコミュニティも健在で、夕方には町の人々と公園でワイン片手に談笑する平和な時間も楽しめます。夕日の絶景アランチ公園や、鍵穴からバチカンが見えるマルタ騎士団公園など、CMに使われた場所もあります。
    ここから徒歩約20分の「トレス・テベレ地区」は、美味しいイタリア料理やお酒を出すお店が夜遅くまで開いています。

    最後に

    ご紹介できたのはほんの一部。新たな遺跡も次々見つかり、歩くだけで新たな発見ができる街です。次回は「ローマのおトクな制度や、渡航前に見て頂きたい作品」などをご紹介したいと思います。



        ★Coco

        ライター
        記事一覧へ

        旅の知識から探す






          新着記事


          関連記事

          バリでおすすめの高級ホテルソフィテル バリ ヌサドゥア ビーチ リゾート

          フランスを拠点とするアコー・ホテルが一からつくった高級ホテルブランド「ソフィテル」。 バリのゆったりした雰囲気と高級ホテルのエレガントさが感じられる女子旅にはぴったりのリゾートホテルです。 APEC国際会議の首脳会議の会 […]

          自宅でニューヨークのオペラ鑑賞ができる!グッズまで買えちゃう便利なシステムを紹介

          https://www.metopera.org/ コロナウイルス拡大の影響で、Stay in Homeの動きが世界的にひろまっていますね。 流行の中心地となってしまったニューヨークでも、多くのニューヨーカーが家にとどま […]

          元在住者が教える♪ワシントンDCのお土産おすすめ5選

          スミソニアン博物館やホワイトハウスなど、見どころ満載のワシントンDC。 観光の中心地ナショナルモールには「DC」ロゴ入りの衣類やキーホルダーの屋台が目立ちますが、市内には他にもおしゃれでユニークなお土産がたくさんあります […]