アジアンテキスタイル好きにはたまらない!ブータ王室ご愛用の織を求めて東ブータンへ

    IMAGE

    クズザンポーラ!(ブータンのゾンカ語でこんにちは)
    フランシュ・コンテ在住のテン子です。

    今回は、アジアンテキスタイル好きの私がおすすめしたい東ブータンをご紹介します。

    ブータンと言えば、様々な手工芸品がありますが、その多くはもともと東ブータンが生産地。

    まだ日本人観光客の少ない東ブータン。

    観光の見どころとともにご案内しましょう。

    東ブータンへの旅は、インドから陸路で可能

    空の玄関パロ

    ブータン西部のパロは空の玄関。

    ブータンに空路で訪れる際は必ず降り立つ場所です。

    陸の玄関

    一方、陸の玄関といえばインドとの間に国境が2つ。

    南西のプンツォリンと南東のサムドゥプジョンカルです。

    実は、サムドゥプジョンカルは長いあいだ閉鎖されていたため、東ブータン訪問には東西に走る国道を往復せざるを得ず2週間もかかりました。

    現在はサムドゥプジョンカルの国境を利用して、インドから陸路で入ることが可能です。

    IMAGE

    東ブータンへの行き方

    ➀インド、デリーから空路アッサム州のグワハティへ。

    ➁車でダランガ(インド側国境)を通りサムドゥプジョンカルへ。

    グワハティからサムドゥプジョンカルは約100キロ。

    車で3~3.5時間です。

    東ブータン観光で拠点としたい町タシガンとモンガル

    IMAGE

    東ブータンは、空の玄関パロや首都ティンプーのある西部に比べて標高が低めです。

    タシガンは1,150メートル、モンガルは1,600メートル。

    気候が穏やかで“高地が苦手”な方にも安心ですね。

    東ブータンの中心タシガンとその近郊の観光ポイント

    まずはサムドゥプジョンカルからほぼ真北へ約180キロのタシガンを目指します。

    標高差は約1000メートル。

    移り変わる車窓からの風景が印象的ですよ。

    ➀タシガン・ゾン

    IMAGE

    1659年に建立されたタシガン・ゾン。

    かつての要塞、今は僧院と県庁が共存するゾンはブータン各地にありますが、ここタシガン・ゾンは入口から奥へ進むと、色鮮やかなブータン建築に四方を囲まれた中庭が印象的です。

    年に一度の祭典“ツェチュ”はこの中庭で行われます。

    2020年は11月22日~11月24日ですよ!

    ➁ラディ村

    タシガンから東へ約20キロ。

    この村ではブラ(野生蚕)の織物が生産されています。

    ➂タシヤンツェ

    IMAGE

    タシガンから北へ約70キロのタシヤンツェの名所は『チョルテン・コラ』。

    世界3大目玉チョルテン(仏塔)の1つがここにあります。横を流れるクロン・チュー(川)と周囲の山はブータンらしい風景です。

    IMAGE

    さらに見逃せないのが、国営の伝統工芸院『ゾーリンチュスム』。

    ここでは未来の芸術家が様々なブータン伝統工芸を学んでいます。

    中でも指で直接塗る漆塗りには驚きです!

    東ブータン第2の新しい町モンガル

    タシガンから西へ約70キロ、標高2,400メートルのコリ・ラ(峠)を越えてモンガルへ。

    この町は “織りの里”として知られるクルテ地方(現在のルンツェ県)へのゲートウェイ。

    ➀モンガル・ゾン

    IMAGE

    比較的新しい建築ですが、年に1度のツェチュは盛大に行われます。

    2020年は11月22日~11月24日です。

    タシガン・ツェチュと合わせて訪れたいですね!

    ➁ルンツェ・ゾン

    IMAGE

    モンガルから北へ約80キロのルンツェ県のゾンは1543年建立。

    背後にグレート・ヒマラヤが聳えます。2020年は12月23日~12月25日がツェチュです。

    ➂コマ村

    ルンツェ・ゾンから10キロほどのコマ村は、ブータン王室も愛用する美しい織り“キシュタラ”の産地。

    今も農閑期には女性たちが機織りしています。

    おわりに

    都会化が進む西部に比べ、素朴さが残る東ブータンはおすすめです。

    再訪の方も初めての方も、ブータンの祭り『ツェチュ』に合わせて東ブータンを訪れてはいかがでしょう。

     


      ★テン子

      ライター
      記事一覧へ

      新着記事

       

      関連記事

      山Pも訪れた!アメリカ・ルート66の街「ウィリアムズ」でおすすめのショップ・カフェ

      ルート66とは? シカゴとサンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755キロ)のアメリカ最初の国道のひとつルート66。すでに廃線となった今も多くのファンをはじめ、観光客が訪れます。 詳しくは知らないけれどルート66と聞く […]

      女子旅にオススメ! クアラルンプール五つ星ホテル「Banyan Tree Kuala Lumpur Hotel」のアフタヌーンティーでプチセレブ気分♪

      クアラルンプールでの楽しみの一つに、アフタヌーンティーを加えてみませんか? 物価の安いマレーシアでは、五つ星ホテルも比較的気軽に利用することができます。 とはいえ宿泊まではちょっと……というあなたでも、アフタヌーンティー […]

      今台中が熱い!台中でしか楽しめないおすすめグルメスポットとお土産とは?

      今日は台中で楽しめるお店をいくつかご紹介したいと思います。 特に台中でしか味わえないお店の味もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。 お土産にも喜ばれる隠れた名品も! ではさっそく人気のお店をご紹介しましょう。 ➀「宮 […]