おしゃれな人向け!ドイツでちょっと贅沢なセンスの良いお土産3選

    IMAGE

    ドイツの旅先で、グミやチョコレートといった定番のバラマキ土産もいいけれど、お世話になっている方にはちょっとセンスのいいものをお土産にしたい!

    今回はそんな方にピッタリの手軽に調達できるお土産3選をご紹介します。

    目次

    1、ダルマイヤー(Dallmayr)のコーヒー、紅茶各種
    2、はちみつ 【ECHTER DEUTSCHER HONIG】
    3、シュタウト(STAUD´S)のジャム各種

    1、デリカテッセンの老舗 ダルマイヤー(Dallmayr)のコーヒー、紅茶各種

    IMAGE

    ダルマイヤーはミュンヘンに本店をおくデリカテッセンの老舗で300年もの歴史があります。

    そして、バイエルン王室御用達の称号の歴史を持つ名店です。

    コーヒー豆や粉コーヒーも売っていますが、手ごろなインスタントのコーヒーやネスプレッソ互換カプセルも十分おいしいです。
    IMAGE

    我が家ではネスプレッソマシンで毎朝「カプサ(capsa)」を楽しんでいます。

    いっぱい当たり数十円でリッチな気分が味わえますよ。
    IMAGE

    ロゴと店名がゴールドで高級感の漂う商品です。

    紅茶も本店では量り売りで茶葉を調達できますが、スーパーなどでも少量にパックされた茶葉やティーパックに入ったものも取り扱っていますので是非探してみてください。

    2、商品名から本気度が分かるはちみつ 【ECHTER DEUTSCHER HONIG】

    IMAGE

    ドイツはヨーロッパ屈指のはちみつ大国ということをご存じでしょうか。

    たくさんのはちみつのなかでも「ECHTER DEUTSCHER HONIG」は日本語訳で「本物のドイツはちみつ」という商品名でドイツの厳しい基準に合格した天然のはちみつです。

    IMAGE

    市販のはちみつの中には製造の過程で高温によって加熱されているものもありますが、このはちみつは加熱処理を一切行なわず、加糖もされていない純天然のはちみつです。

    IMAGE

    ミネラルも豊富で抗菌作用もあるため、風邪予防のエネルギー補給などにも役立ちます。

    我が家ではコーヒーに入れたり、子供が風邪気味のときにティースプーン一杯を舐めさせたりと大活躍です。

    生真面目なドイツ人がきちんと法律の「はちみつ純製法」に基づいて作り上げたはちみつ。

    健康志向な方のお土産にオススメです。

      

    3、洗練されたシュタウト(STAUD´S)のジャム各種

    IMAGE

    ドイツの隣国、オーストリアはウィーンに本店のあるシュタウトのジャムは果物の味をしっかりと残した自然にこだわった凝縮度の高い逸品です。

    IMAGE

    ジャムの蓋には有名な絵画がプリントされていたり、シュタウトの女性のシルエットのかわいらしいロゴがシンプルにあったりといろいろ。

    スーパーで見かけるジャムコーナーでも圧倒的な種類で、オーガニック、リキュール入り、チョコレートを混ぜ込んだものなど目移りするほどです。

    IMAGE

    ヨーグルトにかけてみたり、紅茶に入れてみたりといろんな使い方で楽しんでみてください。

    まとめ

    紹介してきた商品は、デパートはもちろん、スーパーでも取り扱いがあるものですので、手軽に手に入れることができます。

    ぜひお土産を探す際の参考にされてください。

     

    新着記事

     

    関連記事

    タイ料理を極めよう!レストランに無いメニューと言えばヤム・ネーム

    サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 最近はパクチーやガパオライスが流行ったりとタイ料理も知られてきてますね。 インスタを始めとしたSNSでもタイ料理は色んなレストランで食べて […]

    他の人と差をつける!韓国のお土産選びのポイントを紹介!

    海外旅行で欠かせないものといえば…お土産。 日本から近く、時差もないことから旅行先として人気を集めている韓国ですが、ハングル文字や種類の豊富さから、どんなものを買えばいいか分からない人もいるはず。 そこで今回は、定番の韓 […]

    ベルリンの穴場スポット、戦勝記念塔の魅力と見どころ5選!

    ベルリンの観光スポットといえば、ブランデンブルク門、ベルリン大聖堂、テレビ塔などが頭に浮かびやすいと思いますが、戦勝記念塔も観光スポットのひとつなんです。 多くの観光者がこの塔の外観だけ撮影して次の場所に行ってしまいがち […]