プレッツェル(Brezel)だけじゃない!ドイツのベーカリーで食べたいパン5選

IMAGE

ドイツといえば代表的なのは「プレッツェル(Brezel)」ですが、実はこのパンに圧倒されてほかのおいしいもの見逃しがち。

今回はいろんなドイツパンを試した結果、ドイツ在住8年目の筆者が定期的にリピートしているオススメのベーカリーのパンをご紹介していきます。

目次

1、「クロワッサン (Croissant)」
2、「ラウゲンエッケ (Laugeneck)」
3、「ヌスシュネッケ (Nussschnecke)」
4、「クワークタッシェ (Quarktasche)」
5、「クワークバルヒェン (Quarkbällchen)」
まとめ

1、「クロワッサン (Croissant)」

IMAGE
 

「いやいや、日本でも食べられるじゃないか」と言われてしまいそうですが、本場のフランスと隣国、ドイツにあるクロワッサンバターの香りがしっかりとしていて味も濃厚。

焼き立てのクロワッサンは特にふわふわとしたエアリー感があって一口食べただけで幸せな気分になれます。

バターをたっぷり使っているのでほかのパンに比べて単価は高いですが食べる価値ありです。

IMAGE

ちなみに、日本語の「クロワッサン」という発音は通じませんので、指差しで商品を示すといいです。

やわらかくつぶれやすいので店頭で受け取ったら早めに食べましょう。

2、 「ラウゲンエッケ (Laugeneck)」

IMAGE

 
こちらもバターがしっかりきいた三角のパンですが、クロワッサンよりもこんがりと焼けた茶色でぎっちりと詰まった重めのパンです。

ベーカリーではサンドイッチになって売られているのもよく見かけます。

IMAGE

焼きあがった側面が層になっていて見た目もかわいく、食べ応えがあります。

3、 「ヌスシュネッケ (Nussschnecke)」

IMAGE

 

日本語に訳すと「ナッツかたつむり」という渦巻き状のパンの上にたっぷりのナッツが乗った菓子パンです。

デニッシュ生地にシナモンの風味もしっかりしていて、ナッツとてもよくあいます。

IMAGE

上は砂糖でコーティングしてあるので甘いパンが好きな方はぜひ試してみてください。

4、 「クワークタッシェ (Quarktasche)」

IMAGE

 

続いても菓子パン、クワークというドイツのフレッシュチーズが入ったデニッシュのようなパンです。

上にはアイシングされていておやつにピッタリのパンです。

IMAGE

ドイツの菓子パンは日本のように種類は豊富ではありませんが、日本人が比較的食べやすい菓子パンとしてこちらをオススメします。

5、 「クワークバルヒェン (Quarkbällchen)」

IMAGE

 
クワークタッシェと同じフレッシュチーズを生地に練りこんだ揚げドーナツです。

通常の揚げドーナツよりもさっぱりとしていて何個でも食べられます。

一つがゴルフボールくらいの大きさで売られています。

IMAGE

食べ歩きの際はちょうどいい大きさですが、口の周りの砂糖が付きますので気を付けてくださいね。

まとめ

ドイツパン=プレッツェルというイメージが強いですが、ドイツにもまだまだぜひ挑戦してほしい美味しいパンがあります。

観光と途中でベーカリーを見かけた際はぜひ一度、紹介したものを食べてみてください。

※コロナウィルスの影響で接触を防ぐためカード支払いができるベーカリーも増えてはいますが、まだカードの取り扱いのない店舗もありますので、現金の用意もお忘れなく!

 

新着記事

 

関連記事

予約が取れない!飛び込みでは行けないウブドのおすすめスパ KARSA SPA!

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 バリ島に来たらスパ!マッサージ天国のバリ島。 高級スパも日本に比べたらとても安くうける事が […]

グアム滞在中に便利!ローカルスーパー「ペイレススーパーマーケット」

ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。 滞在中ホテル泊 の方はドリンクやお酒、お菓子など、軽く食べられるものがあると便利ですよね。 そして、コンドミニアム泊の方は、肉や野菜などの食材をスーパーで調 […]

サンクスギビングデーってなに?!アメリカのお祭りの様子・パレードをレポート!

サンクスギビングとは? アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつで、七面鳥の日(ターキー デー)と呼ぶこともあります。 イギリスから移ってきた移民が、最初の収穫を原住民と共にお祝いしたのが始まりと言われています。 アメリカで […]