NYの朝食は美味しいベーグルで!人気の種類や定番の食べ方は?

NYの朝食といえば、ベーグルが有名なのをご存知ですか?

ベーグルはもともとユダヤ人が作り出したパン。

NYでは、ユダヤ人移民の多いので美味しいベーグルに出会うことができます。

周りはしっかり硬いのに、中はモチモチ。

今回は、そんなNYのベーグルについてご紹介します。

ベーグルって?

アメリカ特にNYがベーグルの発祥の地と思っている方も多いと思いますが、実は違います。

もともとはポーランドのユダヤ人から生まれたというベーグル。

NYはヨーロッパからの移民が多いことから、その移民たちが各国の食べ物をNYでも、引き継いでいるのです。

このベーグルもその一つ。

NYにユダヤ人が多いこともあり、本場の美味しいベーグルをNYで食べることができるというわけなんですね。

ベーグルは「円形のパン」という意味で、その名の通りドーナツ型の円の形をしています。

ずっしりとした質量のあるパンで、噛めば噛むほど美味しいですよね。

ベーグルの作り方

普通パンは小麦粉とイースト菌を混ぜ、練って休ませて成形して焼くという工程ですよね。

でも、ベーグルは普通のパンとはちょっと作りかたが違います。

普通のパンと同様、小麦粉やイースト菌を使ったり、休ませ、成形するところまでは一緒です。

でも、ここからがちょっと一手間必要なんです。

なんと、ベーグルは焼く前にお湯で茹でます。

茹でるという一手間をかけた後は、普通のパンと同じく焼いて出来上がりです。

NYのベーグルはよく美味しいと言われるのですが、それはNYに本場ユダヤ人が多いという理由と、NYの水がベーグル作りに適しているからだそうです。

そして、そのベーグル、表面がつやつや光沢のあるものに出会うことはありませんか?

それは茹でる時にお湯に蜂蜜を入れているからなんですよ。

ベーグルの種類

ベーグルには色々な味があります。

プレーン、シナモンレーズン、ホールウィート、ソルト、エッグ、セサミ、エブリシングなどなど。

日本ではブルーベリーだったりラズベリーなど甘い系のものを見かけます。

本場NYではそのような物はあまりなく、強いて言えばシナモンレーズンが甘いかなと行った感じです。

それよりも生地にウィートやエッグなどを練りこんだ味や、上にソルトやセサミなどをふりかけているものが人気です。

レインボーなんていうカラフルなベーグルもありますよ。

ベーグルの食べ方

NYでベーグルを食べる時は、クリームチーズがつきもの。

プレーンのクリームチーズも欠かせませんが、具入りのクリームチーズも人気です。

クリームチーズにスキャリオン(ねぎ)やサーモンが練りこんであるものはさっぱり頂けます。

また、甘いラムレーズンの味や、リンゴジャムとレーズンが練りこんである味も美味しいと評判です。

個人的には軽く焼いてバターをつけて食べるのも、とってもシンプルで好きです。

しっかりと食べたい方は間にクリームチーズとスモークサーモンを挟むのはいかがでしょうか?

NYのデリでベーグルを注文するとベーグルの種類と同時に中に入れる具を自分で選ぶことができるので、是非、お好きな具をオーダーしてみてくださいね。

最後に

NYの朝食の定番ベーグル。

1つ食べればお腹いっぱいになる大きさと食べ応えは、活動的なニューヨーカーの源になっているのだと思います。

NYでベーグルを食べたい方は、ベーグル専門店はもちろん、デリやベンダーなどに足を運んでみてくださいね
NYの味が味わえると思います。

 

新着記事

 

関連記事

1000円で靴もダウンコートも買える!韓国・ソウル・プピョンの駅地下ショッピングモールをご紹介!

ヨロブン、アニョハセヨ! ライターの千歳(ちとせ)です。 今回はソウルから少し離れたプピョン(富平:부평)の地下にある、韓国最大のショッピングモールについてご紹介致します! プピョンって? プピョンは、ソウル駅から地下鉄 […]

お土産・プレゼントに!陶器ブランド「ヴィレロイ・ボッホ」のマグカップを徹底解説

ドイツの技術とフランスの美的センスを融合させた陶器ブランドVilleroy & Boch(ヴィレロイ・ボッホ)。 持ち手が独特の形状をしたマグカップはヴィレロイ・ボッホを代表するデザインで、様々なデザインが発売さ […]

お土産にもおすすめ!話題のバリ島産のワイン「 HATTEN WINEのSHOW ROOM」 in サヌール

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 一人一人様々な思いを抱いていると思います。 コロナが開けた […]