NYの朝食は美味しいベーグルで!人気の種類や定番の食べ方は?

NYの朝食といえば、ベーグルが有名なのをご存知ですか?

ベーグルはもともとユダヤ人が作り出したパン。

NYでは、ユダヤ人移民の多いので美味しいベーグルに出会うことができます。

周りはしっかり硬いのに、中はモチモチ。

今回は、そんなNYのベーグルについてご紹介します。

ベーグルって?

アメリカ特にNYがベーグルの発祥の地と思っている方も多いと思いますが、実は違います。

もともとはポーランドのユダヤ人から生まれたというベーグル。

NYはヨーロッパからの移民が多いことから、その移民たちが各国の食べ物をNYでも、引き継いでいるのです。

このベーグルもその一つ。

NYにユダヤ人が多いこともあり、本場の美味しいベーグルをNYで食べることができるというわけなんですね。

ベーグルは「円形のパン」という意味で、その名の通りドーナツ型の円の形をしています。

ずっしりとした質量のあるパンで、噛めば噛むほど美味しいですよね。

ベーグルの作り方

普通パンは小麦粉とイースト菌を混ぜ、練って休ませて成形して焼くという工程ですよね。

でも、ベーグルは普通のパンとはちょっと作りかたが違います。

普通のパンと同様、小麦粉やイースト菌を使ったり、休ませ、成形するところまでは一緒です。

でも、ここからがちょっと一手間必要なんです。

なんと、ベーグルは焼く前にお湯で茹でます。

茹でるという一手間をかけた後は、普通のパンと同じく焼いて出来上がりです。

NYのベーグルはよく美味しいと言われるのですが、それはNYに本場ユダヤ人が多いという理由と、NYの水がベーグル作りに適しているからだそうです。

そして、そのベーグル、表面がつやつや光沢のあるものに出会うことはありませんか?

それは茹でる時にお湯に蜂蜜を入れているからなんですよ。

ベーグルの種類

ベーグルには色々な味があります。

プレーン、シナモンレーズン、ホールウィート、ソルト、エッグ、セサミ、エブリシングなどなど。

日本ではブルーベリーだったりラズベリーなど甘い系のものを見かけます。

本場NYではそのような物はあまりなく、強いて言えばシナモンレーズンが甘いかなと行った感じです。

それよりも生地にウィートやエッグなどを練りこんだ味や、上にソルトやセサミなどをふりかけているものが人気です。

レインボーなんていうカラフルなベーグルもありますよ。

ベーグルの食べ方

NYでベーグルを食べる時は、クリームチーズがつきもの。

プレーンのクリームチーズも欠かせませんが、具入りのクリームチーズも人気です。

クリームチーズにスキャリオン(ねぎ)やサーモンが練りこんであるものはさっぱり頂けます。

また、甘いラムレーズンの味や、リンゴジャムとレーズンが練りこんである味も美味しいと評判です。

個人的には軽く焼いてバターをつけて食べるのも、とってもシンプルで好きです。

しっかりと食べたい方は間にクリームチーズとスモークサーモンを挟むのはいかがでしょうか?

NYのデリでベーグルを注文するとベーグルの種類と同時に中に入れる具を自分で選ぶことができるので、是非、お好きな具をオーダーしてみてくださいね。

最後に

NYの朝食の定番ベーグル。

1つ食べればお腹いっぱいになる大きさと食べ応えは、活動的なニューヨーカーの源になっているのだと思います。

NYでベーグルを食べたい方は、ベーグル専門店はもちろん、デリやベンダーなどに足を運んでみてくださいね
NYの味が味わえると思います。

 

新着記事

 

関連記事

おしゃれ女子必見♡韓国ソウル・弘大(ホンデ)のカフェ「PINK POOL CAFÉ」が可愛いすぎる!

みなさま、アニョハセヨ♡  韓国には、おしゃれで可愛いカフェがたくさんあることをご存じの方も多いと思います。 そこで今回は、ソウルにある弘益(ホンイッ)大学周辺の若者が集う「ホンデ」エリアに位置する、「PINK POOL […]

シンガポールの新名所!空港直結「JEWEL」で押さえておきたいスポット8選

2019年4月のオープン以来、シンガポール人や旅行者問わず大人気の「JEWEL Changi Airport」。 ショッピングや食事、アトラクションまで楽しめるこの新名所内のおすすめスポットをご紹介します。 目次 ➀「T […]

ドリンクが飲み放題!?グアムと日本のマクドナルドの違いを解説

ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。 グアム滞在中、気軽に食べられるファーストフード店「マクドナルド」。 タモン中心地にも24時間営業の店舗があるので、旅行者の方も足を運びやすいです。 日本とグ […]