[ヤンゴン]おしゃれで美味しいミャンマー料理なら!「ROOT」でローカルな雰囲気を楽しもう

ミャンマーに来たら、やっぱりローカル料理が食べたいですよね。

ほとんどのミャンマー料理は、日本人でも食べやすい味付けなのが特徴。

タイ料理でもベトナム料理でもない、独特の東南アジアの味がします。

ミャンマーの玄関口、ヤンゴンには外国人向けのミャンマー料理のお店がたくさんあります。

中には日本語のメニューがあるところも。

でも今回は、もうちょっとローカルの雰囲気が楽しめる、おすすめのミャンマー料理屋さんをご紹介します!

おしゃれレストランがひしめくダウンタウンにあるROOT

観光客が必ずおとずれるダウンタウン。

スーレーパゴダやボージョーマーケットなど、観光スポットが集中しています。

そんなダウンタウンには、外国人向けにアレンジされたミャンマー料理のレストランが沢山あるのもポイント。

今回ご紹介する「ROOT」は、ダウンタウンの中でも少し外れた50stの近くにあります。

そのため、人でごった返していないのもおすすめポイントです。
どの時間帯に行っても、だいたい席が空いていますよ。

店内はミャンマーのトラディショナルなファブリックを基調とした、おしゃれで独創的な雰囲気が特徴です。

使われているインテリアも独特ですよね。

でも統一感がとれていて、どこかくつろげる落ち着いた雰囲気もあります。

ミャンマーは省によって、民族や文化が異なり、料理もそれぞれ特徴があるのですが、ROOTではシャン省の料理がいただけます。

スパイスが効いたものが多く、そこにさらにピリッとした辛みが加わった味付けが多いです。

エスニック好きの方なら、きっと好きな味ですよ。

特におすすめなのはグリル系

シャン省のリゾット、moikは飲んだ後の締めにおすすめ。
柔らかくした茄子が入っているEggplant saladもおすすめです。

ちょっとした箸休めになりますよ。

どのメニューも美味しいのですが、中でも特に食べていただきたいのがグリル系です。

Grilled chickenは文句なしの美味しさ。

シャン省特有のスパイスを利かせた味わいです。
ちょっとピリッとしていて、ビールのお供にぴったりなんです!

焼き鳥のような状態で出てくるBeef Skewersもおすすめグリル料理の一つ。

牛肉の美味しさがギュッと詰まった味わいになっています。スパイスも牛肉の美味しさを引き立てます。

どの料理も小ぶりだから種類多めに頼める

ROOTのお料理はどれも比較的小ぶりな器で出てきます。

お腹いっぱい食べるには少し物足りない量。

だらかこそ、色々な料理を種類豊富に頼むことができますよ。

カップルで訪れる際には、5品くらい注文すると調度良いくらいです。

価格も他の外国人向けのお店に比べると、比較的良心的な価格ですから、たくさん頼んでも総額がそんなに高くなりません。

一人1000円くらい(約13000チャットほど)の予算で行けば、かなり満足できます。

15時から19時までのハッピーアワーがねらい目!

ROOTは毎日、15時から19時までハッピーアワーを実施しています(2020年6月時点)。

ビールの場合はBuy1 Get1。いつもの半額でキンキンのTuborgのドラフトが飲めちゃいます。

ROOTオリジナルのカクテルも同じ種類ならBuy1 Get1です。ワインは1杯半額でいただけます。

お酒に合うメニューが多いので、ぜひこの時間帯に行ってお得に楽しんでくださいね。

ヤンゴンに来たらROOTにぜひ立ち寄ってみて!

ほかのサイトではなかなか紹介されていないミャンマー料理のお店ROOT。

ヤンゴンに来た際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

▶ROOT

住所:Room(G-01), Bo Myat Tun St Bo Myat Tun Tower, Corner of Bo Myat Tun and, Maha Bandula Road, Yangon 11162

 

新着記事

 

関連記事

写真に残したくなる!韓国「コヨナム」で全長55cmのユッケ寿司と巨大カルビチムを食べてみない?

韓国に来たら何を食べるか迷ってしまいますよね? もし肉料理のお店を探しているなら、今や日本で食べられない牛肉の刺身料理「ユッケ」を選択肢に入れてみるのはどうでしょうか? ユッケの本場韓国では、ユッケを使った料理はいろいろ […]

観光地のど真ん中ちょっと変わった「ミュンヘン狩猟漁猟博物館」に行ってみた

寒い冬のミュンヘン観光、街角を歩いているとすぐに手足が凍えてしまいます。 今回は、中心部の観光を一通り終えて時間が余ってしまった方におすすめしたい観光中心部にある大人から子供まで楽しめる「ミュンヘン狩猟漁猟博物館」をレポ […]

東南アジア風な小物ががそろう、ヤンゴンの穴場雑貨店Commune Wearをレポ♪[女子旅必見]

近代化が進むヤンゴンでは、ミャンマーのトラディショナルを取り入れたおしゃれな雑貨もたくさんあります。 東南アジアの雰囲気が感じられて、夏のリゾートファッションにぴったりです。 西欧人を中心に、最近人気になっているのが「C […]