滞在時間が短くてもOK!サンディエゴを1日で満喫する4つのプラン

アメリカ西海岸といえばロサンゼルスやサンフランシスコが日本人には馴染み深い行き先ですが、もう少し南にあるサンディエゴも忘れてはいけません!

年間を通して温暖な気候と数多くの見どころがあり近年注目されているアメリカの都心のひとつです。

日本からの直行便もありますよ。

私はアメリカ旅行の帰りの飛行機をサンディエゴから乗る予定で組んでいたので、サンディエゴを丸1日遊びつくせたのはたったの1日。

それでもかなり見どころや要点を押さえてまわれたので、ポイントをご紹介します。

滞在時間が短くてもじゅうぶん満喫できる内容です。

目次

➀朝の散歩がてらファーマーズマーケットで地元に溶け込む
➁フェリーに乗ってコロナド島へプチトリップ
➂有名ストリート!ガスランプクウォーターをぶらり

➀朝の散歩がてらファーマーズマーケットで地元に溶け込む

サンディエゴ滞在に土曜日が入っていたらラッキーです。

朝の散歩がてらサンディエゴでも屈指の朝市である「リトルイタリー ファーマーズマーケット」へ出かけてみましょう。

毎週土曜日にリトルイタリーのど真ん中で行われているファーマーズマーケットは200以上の地元のお店が出店する有名なファーマーズマーケットです。

お花やフレッシュな卵など持ち帰れないようなものもたくさん売っていて買えないのが残念ですが、フードメニューを買って食べながら歩いて雰囲気を感じるだけでも楽しいですよ。

➁フェリーに乗ってコロナド島へプチトリップ

中心地にあるフェリーターミナルから10分ほどで、リゾートムード漂うコロナド島へ到着。

ついさっきまでいたサンディエゴの都会が嘘のような開放的な雰囲気に気分も高揚します!

ヤシの木が揺れるこちら側の光景に対し、対岸にはサンディエゴの街並みが見えギャップがまたいいです♪

コロナド島といえば、アメリカ最古の木造建築ホテルでマリリンモンロー主演の映画ロケ地としも有名な「ホテル・デル・コロナド」がありますが、フェリー乗り場からは少し離れているので、行きたい場合は時間をたっぷり取っておきましょう。

(私の場合、有名なホテルということで足を伸ばしてみたかったのですが時間が慌ただしくなりそうだったのであきらめました。)

フェリー乗り場周辺にもリゾートホテルがあったり、ショッピングエリアがあったりと散策するには十分楽しめます。そしてなにより雰囲気が心地よくて気持ちいいです。

まだまだ日本人には馴染みのないスポットなのでコロナドのロゴが入った、ここならではのお土産探しをするのもおすすめです。

➂有名ストリート!ガスランプクウォーターをぶらり

サンディエゴのダウンタウン、ガスランプ・クォーター国立歴史地区は多くの飲み屋が軒を連ねるナイトライフが楽しい街として有名です。

お酒好きなら夕方繰り出してBARホッピングも楽しそう!

夜に比べると昼間は静かですがオープンテラスのカフェやレストラン、お土産屋さんが多く街ブラを楽しめます。

日曜日には「ガスランプアーティサンマーケット」が開催されているのでタイミングが合えばラッキーです。

➃メキシコムードたっぷり!カラフルにぎやかなオールドタウンへ

サンディエゴ発祥の地として有名なオールドタウン。

現在は1800年代当時の街並みが再現されている歴史公園で、サンディエゴ観光で外せないスポットとなっています。アメリカにいながら気分はメキシコ旅行という不思議な感覚を楽しめますよ。

インスタ映えとか関係なく写真を撮るのに夢中になってしまうほど、とにかく可愛い!

どこをとっても絵になるカラフルな街並みにわくわくしっぱなしになってしまいます♡

テーマパークのようなかわいい街並みは常に陽気なムードが漂っていて旅気分も盛り上がること間違いなしです!

見どころがコンパクトにまとまってるから巡りやすい街!

ご紹介したスポットは距離も近く、フェリーや電車など簡単な交通機関でアクセスできるので1日あれば朝から夕方まででじゅうぶん回ることができます。

短い滞在時間でも充実したプランを組むことができるので、他のアメリカ旅行とセットでサンディエゴを組み合わせるのもおすすめです!

まだまだ日本人にはマイナーなサンディエゴの魅力を少しでも感じて「行ってみたい!」と思っていただけると嬉しいです。

 

新着記事

 

関連記事

澳門(マカオ)で街ぶら~カジノ以外でも見どころ満載!

マカオと聞けば、カジノや24時間眠らない街などギラギラしたイメージがありませんか? 私も実際マカオへ旅行に行くまではそんな少し怖いイメージを勝手にもっていました。 でも実際に行ってみると手軽に行けて、安心して旅行ができる […]

【夏限定】夜の遊園地!メルボルンのレトロでミステリアスな「ルナパーク」のアクセス・料金

夜の遊園地というと皆さんは何をイメージしますか? メリーゴーランドがきらきらと輝いていて、恋人同士が寄り添うロマンチックな空間になっていそうですよね。 オーストラリアのメルボルンには「ルナパーク」という遊園地があり、毎年 […]

アメリカのおもちゃ屋さんならここ!子供のお土産におすすめの「トゥインクルズ」

ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。 子連れ旅行の方にぜひおすすめしたいのが、アメリカントイが沢山並ぶおもちゃ屋さん。 子連れでなくとも、甥っ子や姪っ子へのおみやげの調達などにもおすすめです。 […]