北インドと南インド料理の違いとは?!南インドの知られざるおすすめローカルフード6選

旅行のだいご味は現地の食事!

とはいうものの、実際にレストランに行ってメニューを見ても、何の料理だかさっぱり、、ということも多々あると思います。

ローカルレストランとなると、説明なしのお品書きだけ、さらにローカルなレストランだとメニューすら存在しないことも多々なインド。

北インドですと、日本でも有名なバターチキンとナンを注文すると無難ですが、南インド料理は日本でもあまり知られておらず、メニューには知らない名前ばかりだと思います。

そんな知られざる南インド料理のローカルフードを厳選してご紹介します!

北インド料理と皆インド料理の違い

インドは各地で全く異なる文化や食事のため、一概には言えないのですが、簡単に分けるとこんな感じです。

・北インド料理…

 全体的に油っぽい。
ナンやチャパティ・ロティ等小麦から作られたパンとともに食べる

・南インド料理…

全体的にあっさりしており、日本人の味覚や胃腸に合いやすい。米食中心で発酵食品も多い

南インド料理おすすめ6選

➀Dosa(ドーサ)

南インドの代表的なローカルフード。

お米や豆を水に浸して発酵させ、クレープやホットケーキのように薄く焼いて食べます。

お店で食べるとクリスピーでとっても美味。

中に味付けしたジャガイモが入っているマサラ・ドーサがドーサの代表格です。

一緒に出てくるサンバル(カレースープ)やココナッツやトマトでできたチャツネ(現地の発音ではチャットニー(Chutney))につけながら食べます。

小腹がすいたときのスナックタイムには、中に何も入っていないプレーン・ドーサもおすすめです。

➁Idli(イドリ)

発酵したお米でできた蒸しパンです。お店や家庭によってフワフワ具合や酸っぱさが異なります。

油を使わず調理されておりヘルシーで、南インドで代表的な朝ごはんや軽食の一つです。

サンバルやコリアンダー(パクチー)のチャツネと共に食べるのが一般的です。

セモリナ粉を使用したRava Idli(ラヴァ・イドリ)も地元で人気のメニューです。

Chow Chow Bath(チョウチョウ バット)

とってもかわいい名前のこちらのメニュー。

バンガロールやハンピのあるカルナタカ州の料理です。

セモリナ粉でできており、甘いKesari Bath(ケーサリ バット)と 辛いKhara Bath(カラ バット)の組み合わせセットです。

Mangalore Buns(マンガロール・バン)

カルナタカ州南部を中心に大人気の定番朝ごはん・ティータイムスナックです。

名前の通り、マンガロールという海辺の街で発祥しました。

北インドでよく食べられる揚げパンのようなプーリに似ておりますが、マンガロール・バンは生地にバナナとお砂糖が入っていて、絶妙な甘みがあります。

インドのスイーツのようにめちゃくちゃ甘いわけではないので、日本人の私たちでも美味しく食べることができます。

注文に迷った時の定番Meals(ミールス)

何を頼めばいいかわからない、いろんなカレーを食べたい、というときはミールスを注文するに限ります。

北インドではターリーとよばれ、日本でいう定食セットに似ています。

数種類の野菜や豆のカレー、ライス、パパド(海老せんに似てます)のセットで、お店によってはノンベジミールスもあります。

南インドではバナナの葉を伝統的にお皿の代わりに使います。

南インドを訪れる際は、ぜひお試しください!



 

新着記事

 

関連記事

年明け恒例!ミュンヘンのファッシングで期間限定で販売されるクラプェン(Krapfen)が美味しい!!

ドイツでは年明けを過ぎると次はカーニバルイベント(謝肉祭)にまっしぐら。 ここミュンヘンではカーニバルのことをファッシングといいます。 毎年日程はかわりますが、今年のミュンヘンは2月20日~2月25日。 趣向を凝らした手 […]

在住者が教える!ドイツ名物、カリブルストのおすすめ店 3選

ドイツの名物といえば、カレーソーセージことカリブルスト(Currysurst) ドイツに来たら、この料理を食べずには帰れません。 この料理は焼いたソーセージにケチャップとカレー粉がトッピングされており、ソーセージの種類に […]

19世紀のアイスランドにタイムスリップ!?アゥルバイル野外民族博物館のみどころ

アイスランドといえば、ブルーラグーンやゴールデンサークルなど、アイスランドならではの大自然を味わえるスポットを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 ですが、アイスランドには、アイスランドに行かなければ見ることができ […]