サンディエゴ春の風物詩♪世界中の観光客に大人気のフォトジェニックな「カールスバッドの花畑」

太平洋と砂漠に挟まれて1年中暖かいサンディエゴ。

それでも3月は春の始まり、色とりどりの花の開花シーズンでもあります。

そんな春のサンディエゴの風物詩といえば、「カールスバッドの花畑」!

ラナンキュラスという花が50エーカー超えの敷地いっぱいに咲く、カラフルでフォトジェニックなイベントです。

今回は、カールスバッドの花畑についてご紹介します。

IMAGE

(引用元:https://www.dropbox.com/sh/x641ls1vvbd0pz5/AAAmYInMdV2wj4G21FOidXUta?dl=0&preview=The+Flower+Fields+Albert+C.JPEG)

目次

1.カールスバッドとは
2.見どころ
3.基本情報
4.注意点
まとめ

1.カールスバッドとは

カールスバッド(Carlsbad)はサンディエゴのダウンタウンの北にある街です。

大きなアウトレットモール(Carlsbad Premium Outlets:https://www.premiumoutlets.com/outlet/carlsbad)やレゴランド・カリフォルニア・リゾート(https://www.legoland.com/california/)があることでも有名です。

IMAGE

(引用元:https://www.sandiego.org/articles/north-county/carlsbad-california.aspx)

そのカールスバッドの「花畑(The Flower Fields at Carlsbad Ranch)」は毎年3月~5月だけオープンしている観光農場です。

IMAGE

開場期間中は花を見るだけでなく、球根や花の販売、ウェディングやコンサートも行われています。

地元の人にも観光客にも愛されて85年以上の歴史があり、毎年世界中から10万~20万人もの人が訪れる人気スポットです!

2.見どころ

ラナンキュラス畑


まず一番の見どころはなんといっても敷地の約8~9割を埋め尽くすラナンキュラスです!

IMAGE

(引用元:https://www.dropbox.com/sh/x641ls1vvbd0pz5/AAAmYInMdV2wj4G21FOidXUta?dl=0&preview=Flower+Fields+2017+aerial+footage+2+.jpg)

赤白黄色オレンジピンク…と色ごとに綺麗に並んで植えられた花とカリフォルニアの青空の相性は抜群!

花と花の間は立ち入り禁止ですが、撮影用に用意されたスペースが数か所あり、より「映える」写真が撮れるようになっています。

IMAGE

(引用元:https://www.dropbox.com/sh/x641ls1vvbd0pz5/AAAmYInMdV2wj4G21FOidXUta?dl=0&preview=The+Flower+Fields+Teri+Moore+12.JPEG)

花のピークは3月中旬~4月中旬といわれていますが、その年の天候などによって前後します。

フラワーアート

花畑そのものもアートのようですが、場内には植木や花でできたアートも展示されています。

IMAGE

(引用元:https://www.dropbox.com/sh/x641ls1vvbd0pz5/AAAmYInMdV2wj4G21FOidXUta?dl=0&preview=American+Flag+of+Flowers+2.jpg)

ペチュニアでできた星条旗に、絵画をイメージした庭園など、見ごたえがあるものばかりです。

アトラクション

園内ではトラクター乗車体験や花の迷路などのアトラクションも用意されています。

IMAGE

トラクター体験(Wagon Ride)は旧式のトラクターがひっぱるワゴンに乗って、花畑を回ることができます。

料金は大人6ドル、子供(3~10歳)3ドル。

花畑はとても広く、舗装されていない勾配のある土の道なので、ワゴンに乗ると効率よくまわることができそうです。

IMAGE

こちらはスイートピーでできた迷路です。

花畑と比べると小さく見えますが、入ると大人でも難しく感じる本格的な迷路です。

他にも花に囲まれた遊具スペースや採掘ゲーム(Carlsbad Mining Company)が用意されていて、花畑以外にも楽しめる場所となっています。

3.基本情報

正式名称:The Flower Fields at Carlsbad Ranch
開催期間:毎年3月1日~5月10日 9時~18時 ※雨天も開催
住所:The Flower Fields 5704 Paseo Del Norte Carlsbad, CA92008
電話番号: +1(760)431-0352
公式サイト:https://www.theflowerfields.com/

入場料金:大人18ドル、3~10歳9ドル、60歳以上16ドル
アクセス:サンディエゴのダウンタウンから車(レンタカー、シェアライドなど)で北へ約45分

4.注意点

駐車場の混雑対策


花畑のあるカールスバッド自体が郊外エリアにあり、最短かつおすすめのアクセス方法が車しかありません。

観光客も現地の人もみんな車で来るので、休日は駐車場が大混雑します。

平日や早い時間にしたり、向かいのアウトレットにも寄るならそちらに停めるなどして、駐車スペース争奪戦を回避しましょう。

おすすめの服装


花畑内など舗装されていない場所も多いので、歩きやすい履物を。土がついても気にならない服装がおすすめです。

IMAGE

まとめ

カールスバッドの花畑についてご紹介しました。

カリフォルニアの空の下で楽しむカラフルな花畑は誰でもカメラマンになりたくなるような光景です。

春のサンディエゴにお越しの際は、ぜひカールスバッドまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。



 

新着記事

 

関連記事

世界でも珍しいバリ島のお正月セレモニー!【Nyepi(ニュピ)】 の時期に旅行に行く方は必ず読んで!

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 バリ島旅行でちょっと注意しなければならないのが、宗教上のセレモニー。 インドネシアはイスラ […]

VIPに遭遇しちゃうかも!?カジュアルで入りやすいワシントンDCのおすすめレストラン3選【一般旅行者向け】

「ワシントンDCのレストラン」と聞くと、政府機関の偉い人ばかりで一般人が利用しづらいお店ばかり…というイメージが強い方もいるかもしれません。 そのような会食御用達のお店も目立ちますが、実は! 一般旅行者でも利用しやすくて […]

超穴場!ホーチミンのローカル寿司店「Sushi Gõ」

ベトナムのご飯は比較的癖も少なく、日本人にも馴染みやすい料理が多いと言われています。 しかし年単位で駐在してお仕事をされている方や長期で旅行・出張をされている方は、慣れ親しんだ日本の味が恋しくなってきてしまうものです。 […]