常夏の楽園メキシコ・カンクンに行くならオールインクルージブがおすすめ!

日本から遠いけど、コバルトブルーの海と真っ白な砂浜を求めるなら断然カリブ海!

メキシコ ・カンクンなら多くのホテルがあり、予算に応じて選べるのでおすすめです。

メキシコ 政府が国をあげてリゾート化したので、治安もよく本当にゆったりと過ごせますよ〜

カンクンってどうやっていくの??

IMAGE

残念ながら日本から直行便はないので、アメリカの各都市かメキシコシティまで飛び、トランジットするのが一般的。

アメリカ主要都市には路線が就航しているので、アメリカ観光と一緒にするのがお得でおすすめです。

おすすめの時期は??

カンクンは年間の300日ほど晴天となり、気候も宮古島などの沖縄のリゾート地とほぼ同じような感覚です。

常夏で年間を通して気候に恵まれた土地柄ですが、乾季にあたるのは12月から4月。せっかくリゾート地に行くのですから、毎日晴れてほしいですよね☆それなら断然、乾季がおすすめです。

寒ーい日本を脱出して、気持ちのいいリゾート地に行っちゃいましょう♪

カンクンと言えばオールインクルージブ!

オールインクルージブとは?

IMAGE

オールインクルージブとは、滞在中の飲食(なんとアルコールも含まれます!)やちょっとしたアクティビティが、すべて滞在費に含まれる夢のようなプラン。
通常ホテルを予約するとき、朝食付きorなしを選べますよね。

そのようにオールインクルージブにするかしないか、予約時に選択することができます(ホテルによっては選択できず、オールインクルージブを利用する場合のみ宿泊できる、ということもあります)。

大体のお値段は1泊2万円から8万円前後。

カンクンはオールインクルージブのメッカで、予算に応じて様々なホテルから選択できるので、カンクンに行くからにはぜひオールインクルージブを体験してほしい!

せっかくリゾート地にのんびりしに行くのに、毎食何をどこに食べに行くのか、考えるのが疲れてしまうことってありますよね。

オールインクルージブプランなら、ホテルの中ですべて完結してしまうので、お姫様になった気分で心からゆったりできます♪

一般的なホテル比較サイトからも予約できますし、航空券とセットになったお得なプランが各旅行会社から発売されています。

ホテルによってはチェックイン時に、オールインクルージブにするかしないか選択できることもありますが、割高になりがちですし、旅行前に色々比較して予約されることをお勧めします☆

カンクンって何がおいしいの??グルメ情報☆

IMAGE

メキシカンはやっぱりおいしい!日本にいるとあまりなじみはありませんが、タコスやトルティーヤ、チキンスープやエビのスープなど、様々なお料理を楽しめます。日本人の口に合うものも多く、食には不自由しないと思いますよ☆海辺の街なので魚介類も豊富で、カラコル貝やストーンクラブなど、カンクンでしか味わえない魚介類もぜひ試していただきたいです。
カンクンはアメリカが主導して開発したリゾート地なので、ハンバーガーや熟成肉のステーキなど、アメリカンなお料理も楽しめます。ニューヨークなどの物価が高い都市よりも、3割くらいお得な印象で、お財布にも優しいです☆
バブルのころには日本人が大挙して訪れた影響か、日本食やラーメンを食べられるレストランもあります!

やっぱり観光もしたい!マヤ遺跡がおすすめ☆

IMAGE

古代マヤ遺跡ってご存知ですか?未だ謎の多いマヤ文明が栄えた時期に建設された、多くの遺跡がカンクンには残ります。

IMAGE

映画・インディージョーンズ舞台となったマヤ遺跡で、気分はまるで冒険家☆フォトジェニックな写真スポットがたくさんあります。

まとめ

いかがでいたか?日本からは遠く離れた地域で、少し行きづらいかもしれませんが、その分、アジアとは違った文化や面白さに触れることができる、おすすめの地域です。ぜひ今年の冬の旅行の候補地に!



 

新着記事

 

関連記事

絶対に押さえたい!ジュネーブを1日で満喫するモデルコース

スイス第2の都市ジュネーブ。 スイス最西端にあり、フランスと国境を接する町です。 中世の面影が残る旧市街や、レマン湖畔の遊歩道は、古き良きヨーロッパの雰囲気にあふれています。 同時に、国際連合や赤十字など数多くの国際機関 […]

世界遺産の村!聖なる丘に佇むフランスの美しい村「ヴェズレー」

ヨーロッパの旅行先としても人気のあるフランス。 フランスと言えばパリですが、フランスは田舎にこそ個性あふれる美しい町や村があふれています。 今日はそんな町や村の中から、丘の上に佇む聖なる村ヴェズレーをご紹介します。 多く […]

バリ島在住者が勧めるプチプラ土産5選!安く&軽くてバラマキにおすすめ♪

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島のお土産情報がインターネットなどでググると、溢れるようにヒットします。 なので、王道 […]