【夏限定】夜の遊園地!メルボルンのレトロでミステリアスな「ルナパーク」のアクセス・料金

IMAGE

夜の遊園地というと皆さんは何をイメージしますか?

メリーゴーランドがきらきらと輝いていて、恋人同士が寄り添うロマンチックな空間になっていそうですよね。

オーストラリアのメルボルンには「ルナパーク」という遊園地があり、毎年夏限定で夜の遊園地を開催しています。

インパクトの強い遊園地となっているのでご紹介していきます!

ルナパークとは?

ルナパークは100年以上の歴史がある遊園地で、地元民のみならず観光客もよく訪れるスポットです。

歴史がある分最新のアトラクションは期待できませんが、レトロな佇まいはまるで映画のセットが思い出されます。

インパクト大の入り口

IMAGE

そして、ルナパーク最大のインパクトは何といってもこの入り口です!

子どもが見たら泣くのではないかと思うほど迫力がありますね。

この入り口がより一層レトロな雰囲気を醸し出しています。

夜の遊園地は夏限定!

IMAGE

オーストラリアの夏は日照時間が長く、20時を過ぎてもうっすら明るいほどです。

そのため夏の夜はしばしばイベントが開催されています。

ルナパークでは毎年1月下旬から3月下旬の夏の間、「SUMMER NIGHTS SPECIAL」と称し夜のみ営業します。

営業時間

営業時間は暗くなる少し前の19時から23時まで。

なので、ジェットコースターから海辺の夕焼けを見ることだって出来ちゃいます。

そして、完全に空が暗くなるとルナパーク内はカラフルにライトアップ!

IMAGE

レトロな装飾やデザインとあいまって、ミステリアスな美しさです。

昼間とは違う遊園地の雰囲気はなんとも魅力的ですね。

ルナパークへのアクセスと料金

IMAGE

ルナパークはSt.Kilda(セント・キルダ)というビーチエリアに位置しています。

トラムが一番簡単な行き方で、CBDから向かう場合は16番もしくは96番に乗りセント・キルダビーチ方面へ向かいます。

ルナパークのすぐ正面にある「St.Kilda station」で下車しましょう。

ルナパークの料金は、入場のみならたったの5ドルです。

アトラクションに乗る場合は別途料金が掛かり、乗り物ひとつにつき11.50ドルとなります。

ただ、子ども用のかわいらしい乗り物がメインなので、アトラクションに乗る人はあまり多くありません。

雰囲気を満喫したい人は園内を歩くだけでも楽しいですよ。

▶ルナパーク

住所 18 Lower Esplanade.St Kilda VIC 3182
TEL (+61)03-9525-5033
HP  https://lunapark.com.au/

最後に

IMAGE

今回ご紹介したルナパークは、メルボルンだけでなくシドニーにもあります。

オペラハウスで有名なハーバーブリッジのすぐ近くにあり、同じようにインパクトのある入り口が待ち構えています。

メルボルンもシドニーも、ルナパークのすぐ側には海があるので園内を歩いていても海の匂いがしてとっても気持ちいいですよ。

レトロな遊園地で過ごす夜はなかなか貴重な体験だと思うので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?



 

新着記事

 

関連記事

息を呑む美しさ!マレー半島ペルヘンティアン島 「ケチル(スモール)」の魅力!ビーチやサンセット・ホテルなど

マレー半島「ペルヘンティアン島」の‟ケチル”って? マレー半島の東海岸にあるペルヘンティアン島は、大小2つの島からできています。 大きいほうを、マレー語でペルヘンティアンベサール(ビッグ)、小さいほうをペルヘンティアンケ […]

インド最大の商業都市ムンバイの見どころ~おすすめの観光地とホテル~

国際線が多く飛び交うムンバイは、デリーに次いで、インドの出入り口になる街。 ムンバイ空港到着後、そのまま目的地まで移動してもいいのですが、世界遺産も多数あるムンバイ。 せっかくなので、1日~2日ほど寄り道して見る価値が非 […]

【台湾・台北】饒河街観光夜市の様子とグルメをレポ!アクセス方法も

台湾と言えば夜市が有名ですよね。 台湾では約230箇所に夜市があると言われています。 九州よりも小さな台湾にそれほどたくさんの夜市があること自体驚きですが、台湾旅行ではぜひ活気あふれる夜市にもチャレンジしたいですよね。 […]