東南アジア風な小物ががそろう、ヤンゴンの穴場雑貨店Commune Wearをレポ♪[女子旅必見]

近代化が進むヤンゴンでは、ミャンマーのトラディショナルを取り入れたおしゃれな雑貨もたくさんあります。

東南アジアの雰囲気が感じられて、夏のリゾートファッションにぴったりです。

西欧人を中心に、最近人気になっているのが「Commune Wear」

ヤンゴンに小さな店舗を構える雑貨屋さんです。

今回はそんなCommune Wearに行ってきたのでレポします。

秘密基地のような穴場感がこころ躍らす♪

Commune Wearは、インヤー湖の近くにある大型ショッピングモールMyanmar plazaの裏にあります。

Myanmar plazaから歩いて行ける距離ですね。

徒歩で約10分ほど。No.1 Industrial RdからYan Shin Stに行き、そのまま道なりに歩きます。

しばらく歩くとAYA bankが左手に見えてきます。

このビルの側面にあるのがCommune Wearです。
注意していないと見落としてしまうので要注意。

「こんなところに雑貨屋さん?」と疑ってしまうところにあります。
緑に囲まれた、秘密基地のような入口に「中はどうなっているんだろう?」と心躍りますね♪

こじんまりした雰囲気で、ゆっくり買い物

中に入ると、感じの良いミャンマー人の女の子たちが接客してくれます。

ミャンマーはお店に入ると、店員がずっとついて回ってくるスタイルがほとんどですが、このお店では好きに見させてくれるよう。
自分のペースでゆっくり見ることができますよ。

シンプルだけど質の良いシューズはじっくり選びたい

こちらのお店では、シンプルなデザインながらも履き心地が良く、夏にぴったりのサンダルやシューズを豊富に取り揃えています。

女性用はもちろん、男性用も揃っていますよ。

また、どのシューズも色味が絶妙!女子のツボをよく理解している、淡い色合いが多く、色違いで揃えたくなってしまいます。

デザイン性が高いピアスは買って損なし

シューズのほかに壁一面にディスプレイしてあるのが手作りのピアス。

ピアスの種類がこれだけ豊富だと、もうそれだけでテンションが上がりますよね!

どれも大ぶりで、コーデの主役にできるものが多いです。

色合いも鮮やかで、夏のリゾートファッションにぴったりの雰囲気ですよ。

お値段はどれも日本円で700~1400円ほど。

ヤンゴンの物価からしたらお高いですが、どれも一個ずつハンドメイドなことを考えると妥当かもしれませんね。

デザイン性が高いミャンマーファブリックを使った小物も

Commune Wearは、ミャンマーのトラディショナルは抑えつつ、現代風なテイストを強めにした雑貨が多い印象。

ミャンマーファブリックを使ったワンピースも置いてあります。

生地はどれもコットンが使われていて着心地も良い感じ。

日本に帰ってからも着られる服や、ほかではなかなか無いデザインのものを探している人におすすめです。

女子旅でヤンゴンに訪れた際はぜひ寄ってみて

Commune Wearは女子なら誰もがときめく素敵な雑貨が揃うお店でした。
お友達と一緒に行ったら盛り上がること間違いなし。

女子旅でヤンゴンに来た際には、ぜひ寄ってみてくださいね!

▶Commune Wear

Yankin Condo tower A,Yan Shin St, Yangon 11081 
Open:10:00~16:00
月曜定休
https://www.communewear.com/

 

新着記事

 

関連記事

ドイツ発!テディベア発祥の地にあるシュタイフミュージアムの魅力

思わず抱きしめたくなるかわいいらしいテディベア。 実はここ南ドイツの田舎町で生まれた一人の女性の手から誕生したのはご存知でしたか?今回はドイツに来たら必ず訪れてほしい、大人も子供も楽しめるシュタイフミュージアムの魅力に迫 […]

お寿司に焼き肉、トンカツも!和食が恋しくなったら行きたいデュッセルドルフのレストラン4選

海外旅行で現地の未知なる食文化と出会うのは楽しいものですが、滞在中に和食が恋しくなってしまうこともありますよね。 そんなときに訪れたいのが西ドイツのデュッセルドルフ市。 ヨーロッパ最大級の日本人街、インマーマン通りをもつ […]

旅の思い出に自分だけのお土産を!マレーシアでバティクペインティングを体験してみよう!

マレーシアといえばバティク。 バティクをおみやげに買おう!と決めている人はたくさんいると思います。 バティクとは? バティクとは、簡単に言うと、ろうけつ染のことです。 布にロウでデザインを描き、塗り絵のように染めていくと […]