コーヒー好き必見! カフェ文化が盛んなニュージーランドで本場の味を楽しもう

ニュージーランドはカフェ文化が盛んな国です。

街を歩くと同じブロックにも数件のカフェが建ち並ぶところやコーヒーを片手に歩く多くの人の姿があり、ニュージーランドに住む人々がどれだけカフェを愛しているか伺えます。

コーヒーが大好きなニュージーランドのカフェ文化の特徴

IMAGE
https://www.photo-ac.com/

ニュージーランドは、ティータイムが盛んなイギリスの影響を受けているかと思いきや実はカフェ文化も盛んです。

冒頭で述べたように、街を歩くだけでカフェの多さに驚くことでしょう。

多いといっても、チェーン店がズラリと並ぶのではなくこぢんまりとしたカフェが目立つのも特徴です。

ニュージーランドに住む人たちは、それぞれのお気に入りのお店があり、朝の出勤前に通うカフェがあるという方もたくさんいます。

そういったカフェで働くバリスタさんたちは、常連さんが来ると頼まれなくてもどのコーヒーなのかわかってくれますよ。

ニュージーランドのコーヒーの定番!フラットホワイト Flat White ってどんなコーヒー?

IMAGE
https://www.photo-ac.com/

ニュージーランドもしくはオーストラリアが発祥と言われているフラットホワイト。

フラットホワイト(Flat White)は、エスプレッソにスチーミルクを注いだコーヒーです。

似ているコーヒーとしてカフェラテやカプチーノが挙げられますので、それぞれ違いを見てみましょう。

IMAGE
https://www.photo-ac.com/

フラットホワイトはエスプレッソにスチームミルクを注いだものです。

カフェラテとカプチーノとの大きな違いは、フォームミルクがないこと。

カフェラテとカプチーノはフォームミルクが一番上に来ますが、カプチーノのほうがフォームミルクが多くふわふわなコーヒーです。

フラットホワイトは、ミルク入りですがコーヒーの味がしっかり味わえますよ。

フラットホワイトだけじゃない、ニュージーランドのコーヒー

IMAGE
https://www.photo-ac.com/

ニュージーランドの「ブラックコーヒー」、つまりミルクを入れないコーヒーですが、呼び方が日本とはちょっと違います。

ショートブラック Short Black

ショートブラックは、ショットグラスにエスプレッソのシングルショットを注いだもの。日本でいう「エスプレッソ」と同じ。

ロングブラック Long Black

ロングブラックは、簡単に言うとエスプレッソのお湯割りです。

アメリカーノも同じくエスプレッソのお湯割りですが、お湯を注ぐタイミングが違います。

IMAGE
https://www.photo-ac.com/

ロングブラックはお湯の上にエスプレッソを注ぎ、アメリカーノはエスプレッソの上にお湯を注ぎます。

ニュージーランド人はわがまま?!コーヒーをカスタマイズして楽しむ

IMAGE

ひとくちにコーヒーといっても、すこしの違いで様々な味や変化を楽しめます。

日本でもスターバックスへ行くと「シロップ追加」「ソイミルク(豆乳)に変更」「ホイップクリームなし」などのようにカスタマイズ出来ますよね。

そのようなカスタマイズが、小さなカフェでもできることが多いです。

乳製品アレルギーの方々やビーガンの方々も多いニュージーランドなので、ソイミルクやアーモンドミルクなど、牛乳以外のミルクも揃えているのでしょう。

わたしはフラットホワイトをソイミルクで飲むのが好きです。
アーモンドミルクも好きなんですが、合わないコーヒー豆にあたって全然おいしくなかった経験をしたので、それ以降アーモンドミルクに変更するときは店員さんに確認してから頼んでいます。

ニュージーランドでお気に入りのコーヒーを見つけてみよう♡

最後に

IMAGE
https://www.photo-ac.com/

ニュージーランドを訪れたら、ぜひ一度は注文してみたいフラットホワイト。

フラットホワイトの味を楽しんだら、今度はカスタマイズにも挑戦してみましょう。

旅先でお気に入りのカフェやカスタマイズが見つかったら嬉しいですよね♡

あなたにとってベストなコーヒーが見つかりますように!



 

新着記事

 

関連記事

グラン・カナリア島のおすすめレストラン3選!

情熱の国スペインにありながら、独特な文化を持つカナリア諸島。 食文化もオリジナルのものがたくさんあります。 今回は伝統的なカナリア料理から地元で人気のグリル、穴場のスペインバルをご紹介します。 ➊代表的なカナリアの郷土料 […]

パリから日帰り旅行!印象派の画家シスレーが描いたモレ・シュル・ロワンを訪ねるて(1)アクセス方法や観光スポット

モネの描いたジヴェルニーやゴッホに愛されたオーヴェル・シュロワーズ。 パリの近郊には、印象派の画家が筆を取った町や村が数多く点在しています。 日本人にも人気のある印象派の絵画。「画家の描いたその場所に行ってみたい!」と思 […]

予約が取れない!飛び込みでは行けないウブドのおすすめスパ KARSA SPA!

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 バリ島に来たらスパ!マッサージ天国のバリ島。 高級スパも日本に比べたらとても安くうける事が […]