【ベトナム・ニャチャン】泥スパがお手頃価格で体験できる「Thap Ba mud bath」

ニャチャン(Nha Trang)はベトナムで1番人気のリゾート地であり、世界各国からの旅行者、特にロシア人と中国人が多い国際的な観光地です。

白い砂浜が続くビーチでバカンス気分を楽しんだり、マリンスポーツを楽しむことの他に、マッドスパ(泥スパ)が有名で、市内には複数のスパがあります。

日本ではなかなか体験することのできない泥のお風呂に浸かって心身ともにリラックスできるのもニャチャン観光の魅力なんです。

今回は市街地から近い「Thap Ba mud bath」をご紹介したいと思います。

敷地内にはハーバルバスや温水プール、子供用プールもあって家族と、友人と、もちろん優雅にお一人と、自由気ままに1日中楽しめるオススメスポットです!

場所

住所:438 Ngo Den, Ngoc Son, Ngoc Hiep, Nha Trang, Khanh Hoa province, Vietnam
時間:7:30から17:30 / 毎日営業、但し、不規則な休館日があるかもしれないので前日または当日に要確認

Website: www.thapbamudbath.vn

市中心部からタクシーで20分前後、GrabタクシーでVND 200,000(1,000円)、帰りはGrabタクシーを捕まえるのが困難なため、施設の人にタクシーを呼んでもらうか、本数は少ないが循環バスもあるらしいです。

料金

各メニューによって異なるので、以下は2022年1月当時での料金表を参照してください。

または、 https://www.thapbamudbath.vn/pages/price-list
からも最新の料金を確認できます。

屋外にある温水プールや子供用プール、ジャクジーだけの利用もでき、大人VND 120,000(約600円)、子供VND 60,000(約300円)と嬉しい金額です。

園内の様子

それでは私が2022年1月2日に行った時のレポです。

まだコロナだったためか、お正月だったからかわかりませんが、「Special Herbal Mud Bath」のコース通常VND 425,000がVND 380,000ぐらいに割引されていました。この料金には上下セット、バスタオル、ボトルウォーターなどが含まれています。

もちろん自分の水着を持っていくこともできますが、手ぶらで行くことができるのがなんとも嬉しいです。

注)コースによってはタオルが含まれていなかったりするので注意してくださいね。

着替えたらまずは泥のお風呂です。

とても暖かい泥に浸かってお肌がすべすべになること間違いなしです!

ここでは死海のように浮遊体験を楽しむこともできちゃいます。

毎回新しく泥を入れてくれるので衛生的ですね。

泥をきれいに洗い落としたら、これもまた暖かいお湯のジャクジーに浸かってリラックスしましょう。

お次はハーバルバスです。

シナモンやレモングラスの良い香りがしたお湯に浸かってゆーっくりしましょう。

もう気分は天国にいる感じです。

こちらも毎回新しくお湯を入れてくれるのが有り難いです。

この後はプールエリアに移動し、自由に残りの1日を過ごしましょう。

園内にはマッサージを受けられる場所もあり、約1時間でVND 250,000(約1,250円)と破格のお値段です。

終わりに

スパでありながら女性だけでなく、男性も子供も1日楽しめるので、ニャチャン観光の合間に訪れてみてはいかがでしょうか。

それにしてもこんな盛りだくさんのメニューで1人2,000円ほどなんて、ベトナムのコスパの良さには本当に脱帽です。

 

新着記事

 

関連記事

漢方の力で免疫力アップ!マレーシア在住者が教える「肉骨茶(バクテー)」のおすすめ3店舗

バクテーはクラン発祥で、もとは朝ごはんとして食べられていたそうです。 体温をあげ、免疫を上げる効果があるらしく、風邪のひきはじめにもいいんだとか。 クランには多くのバクテー専門店があり、漢方の配合や味が少しずつ違います。 […]

スワンナプーム空港近く!運河沿いのレトロな「フア・タケー・オールド市場」!アクセス方法も

サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 多くの旅行者が利用するスワンナプーム国際空港。 ここからエアポートリンクで一駅の場所にワニの頭という意味の「フア・タケー・オールド市場」が […]

観光国として人気急上昇【ブータン】!初めての旅行でも訪れたいのどかなブムタン地方

こんにちは!フランシュ・コンテ在住のテン子です。 今では観光国として人気急上昇のブータン。 実は、日本初の観光団体がブータンを訪問したのは1975年。 私の初めてのブータン観光は1996年でした。 長い鎖国のイメージもあ […]