大人の雰囲気漂う!バリ島スミニャックでのナイトライフスポットはここで決まり!


スミニャックエリアはどんなところ?

洗練された大人のエリア

バリ島ナイトスポット➀

バリ島の流行の発信地であり、洗練されたレストランやお店がたくさんあります。
若者の賑わうクタやレギャン比べると、ゆったりした雰囲気が流れ、オトナが楽しめるエリアです。

メイン通りは3つ

メイン通りはスミニャック通り、カユアヤ通り、サンセットロードの3つがあります。

ファッションならスミニャック通りおしゃれなレストランやカフェに行くならカユアヤ通りショッピングするならサンセットロードがおすすめです。

ビーチ沿いのジャラン・チャンプル・タンドゥッには高級レストランがオープンしていて、よりも楽しむことができます。

飲食店は日本人や欧米人がオーナーのお店が多いので、クオリティーが高いのもおすすめしたいポイントです。

リピーターにも注目されているエリア、スミニャックに行ってみましょう。

スミニャックエリアまでの行き方は?

スミニャックまではン・グラライ国際空港よりも北上したエリアにあり、空港からは車で約30分

クタからもタクシーで15分程なので、スミニャック以外のエリアからでも気軽に訪れることができます。

スミニャックのナイトライフおすすめスポット「ポテトヘッドビーチクラブ」

スミニャックでナイトライフを楽しむならポテトヘッドビーチクラブがおすすめです。

ビーチクラブは日本ではあまりなじみがありませんが、お酒や食事と一緒にプールやビーチを楽しめる場所のこと。

お店の名前がポテトヘッドというのも可愛いですよね。

おすすめポイント

➀個性的でおしゃれな建物

バリ島ナイトスポット➁

ビーチクラブというより美術館といたほうがしっくりくるような、ヴィンテージの窓枠が使われた建物。
中に入ると、美しいインド洋を望むオンザビーチのロケーションでとても開放的な雰囲気です。

➁ガールズナイトを満喫できるレストラン&バー

広々した店内では大人数でもゆっくりと食事ができます。

バリ島ナイトスポット➂

プールバーがあり、プールに入りながらお酒を飲むこともできちゃうんです。
定番のBINGATNGビールはもちろんのこと、南国ならではのフルーツを使ったものや、かわいいネーミングのカクテルもあります。

バリ島ナイトスポット4

たくさんの種類の中から、お好みのカクテルをつけてみてはいかがでしょうか。

➂入場料として楽しめるサービスがたくさん

オンザビーチのロケーションにインフィニティープールがありだれでも利用できます。

バリ島ナイトスポット5

サンセットには美しい夕陽が見通せるんだとか。夜はプールがライトアップされ、大人な雰囲気に。
バーエリアにはDJも登場し盛り上がります。

昼間はプールサイドにあるデイベッドやガゼボ、夜は混雑すると入場規制がかかることがあるので、いずれも予約していたほうがベターです。
水着を持っていくのも忘れずに!

バリ島ナイトスポと6

お店の情報

▶Potato Head Beach Club Bali

所在地:Jl. Petitenget No. 51 Seminyak, Bali 83061
電話:+62 (361) 473 7979
営業時間:11:00〜26:00

最後に

ユニークな建物とその大きさで人気のポテトヘッド。

本店はジャカルタにあり、国外にもシンガポールと香港にお店があります。
雰囲気も合わせて上質なナイトライフを楽しめるので、ガールズナイトやデートにぴったりです。

バリ初心者さんも、リピーターさんも、クタから足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。


★Chiaquita

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

台湾式ビュッフェも楽しめる!台北で味わえる庶民的な台湾料理の店「欣葉食芸軒」&「山珍海味台式自助餐」

台北旅行の楽しみは、なんといっても台湾料理。 なかでも台湾料理の定番いえば、小龍包(ショウロンポー)!!だと思いますよね。 でも実は小龍包は台湾ではなく香港が本場の料理なんです。 では台湾料理ってどんなものがあるのか気に […]

これが間違いない!マレーシア在住者がおススメする 日本で喜ばれる現地のお土産8選!

旅行に行く前は、旅先で何をしようか、何を買ってこようか、あれこれ考えるのがとても楽しい時間です。 この記事では、マレーシア在住者だからこそお教えできるおススメの土産をご紹介します。 定番のものから、観光ブックには載ってい […]

【ジェネレーター・コンセントあり】停電中でも安心!カンボジア・プノンペンのPochentong Café

ラタナプラザというショッピングセンターやプノンペン大学が面している110番通りにPochentong Caféというカフェがあります。 今年のカンボジアは停電続きでWi-Fi難民になっている人も多いと思われますが、このP […]