エメラルドの輝く海・自然!マレーシアの楽園リゾート地「レダン島」の楽しみ方


    マレー半島の東海岸に位置するレダン島
    東南アジアで1.2位を争うほど美しいビーチ
    と言われています。

    真っ青の空とエメラルドの輝く海、ホワイトサンドのビーチ

    マレーシアの超有名リゾート


    日本人には、ペナン島ランカウイ島と比べるとまだまだ知名度は低く、某有名観光ブックにも最近少し特集されるようになってきたくらいです。

    とは言っても、ローカルにとっては知らない人はいない超有名リゾート地です。

    手つかずの自然を堪能できる島

    ペナン島やランカウイ島は観光地として開発が進んでいますが、レダン島は手付かずの自然がそのまま残っています

    この島には、ショッピングモールやマーケット、豪華なレストランなどは一切ありません

    マリンスポーツ、シュノーケルやダイビング、ウミガメツアー、ジャングルトレッキングなど、とにかく自然のなかで思いっきり楽しむことができます

    ベストシーズン

    10〜3月はモンスーンの影響で島がクローズします。

    ベストシーズンは6〜8月です。

    2泊3日あれば、めいっぱい島を堪能できます。

    レダン島へのアクセス

    ➊クアラルンプール国際空港で国内線に乗り換え、1時間でクアラトレンガヌ空港へ到着します。
    ➋空港から船着場まで30分、船着場から船で1時間でレダン島に到着です。

    空港で自力でタクシーを捕まえて船着場に向かい船に乗ることもできますが、おすすめは、ホテルのパッケージを利用することです。

    レダン島のホテルはどこも、クアラトレンガヌ空港〜船着場のバス、船代込のパッケージを提供していますので、ホテルの予約の時に一緒にそれを申し込んでおけば、当日クアラトレンガヌ空港からレダン島のホテルまでスタッフがきちんと連れて行ってくれます。

    ホテルでは三食予約しよう

    ホテルの予約の時注意したいことは、ご飯を朝昼晩の三食申し込んでおく、ということです。
    レダン島は島の開発に制限がかかっているため、レストランがありません

    ご飯は
    ・宿泊するホテルで食べるか、
    ・近隣のホテルで食べるか、
    ・持参するか、
    の三択です。

    また、「マリンパークツアー」を希望される方は、ホテル予約の時に申し込んでおくとよいです。

    マリンパークについては後ほど取り上げます。

    海を堪能しよう

    レダン島の海岸では、スポットと時間帯で見られる魚が違います。

    透明度抜群の海の中で、群がる熱帯魚、ベビーシャーク、色とりどりのイソギンチャク、ウミガメなどを見ていると、あっという間に1日が終わります。

    ホテルのマリンパークツアーに参加

    また、レダン島のホテルは大抵、マリンパークツアーをセットにしています。

    マリンパークとは、マレーシア政府が海洋研究のために取り分けた海域で、シュノーケルのために、一般開放しています。

    ホテルからスピードボートに乗ってマリンパークへ移動します。

    半日のツアーになります。

    サンゴ礁や魚の数と種類は、他の島とは比べ物になりません。一生忘れられない絶景を見ることができます。

    ビーチからサンセットを

    1日の終わりの楽しみは、ビーチで見るサンセットです。

    ただただロマンチックです。

    レダン島ではひたすらリラックスできます。

    ストレスフリーです。

    最高にキレイなビーチで波の音を聞き、海風を浴びているだけで、人ってこんなに幸せな気持ちになるんだ、と思いました。

    ぜひレダン島で特別な時間を過ごしてみてください。

       


        ★こじま

        ライター

        記事一覧へ

        新着記事


        関連記事

        【マカオ】カラフルな路地裏を楽しむ!フォトジェニックなタイパビレッジを歩こう

        マカオ在住ライターの越宮椿です。 ポルトガル風のパステルカラーの街並みがかわいい「タイパビレッジ」は、写真映えもばっちりで撮影にも最適です。 カジノリゾートが集まるコタイ地区からも近く、のどかな雰囲気は散策してみるのにぴ […]

        【沖縄】ダイビングに満天の星!渡嘉敷島へのアクセス方法とおすすめスポット紹介

        こんにちは。 沖縄の海は、世界でも有数の透明度を誇り、ダイビングスポットとして非常に優れています。 サンゴ礁にかこまれ、ウミガメや色鮮やかな熱帯特有の魚、マンタなどのレアな生物も多く、ダイビング目当てで沖縄に来る人も少な […]

        充電スポットあり!バンコクの中華街に新モールが2020年オープン!〈アイム・チャイナタウン〉

        サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 バンコクの中華街として有名なヤワラートに2020年1月17日に新しくショッピングモール〈アイム・チャイナタウン〉がオープンしました。 と言 […]