台湾式ビュッフェも楽しめる!台北で味わえる庶民的な台湾料理の店「欣葉食芸軒」&「山珍海味台式自助餐」

台北旅行の楽しみは、なんといっても台湾料理。

なかでも台湾料理の定番いえば、小龍包(ショウロンポー)!!だと思いますよね。

でも実は小龍包は台湾ではなく香港が本場の料理なんです。

では台湾料理ってどんなものがあるのか気になりませんか?

今回は、本格的な台湾料理から、庶民の味まで、台北で楽しめる台湾料理レストランをご紹介します。

「欣葉食芸軒」

台湾の老舗として知られている「欣葉」(シンイエ)というお店はご存知ですか?

何度か台湾に旅行に来られたことがある方だと知っているかもしれませんね。

台湾の家庭料理を提供してくれる「欣葉」はそんなあなたにぴったりのお店です。

多くの日本人が来店してはリピートすることも多いお店ですよ。

こちらの「欣葉」の料理はどれもやさしい味でほっこりできると思います。

さて、「欣葉」に来られたらぜひ注文していただきたいものがいくつかあります。

蒜香醃蜆仔(しじみのニンニク醤油漬け)

例えば蒜香醃蜆仔(しじみのニンニク醤油漬け)

これは見た目以上に手間がかかる台湾料理なのでぜひこのお店で食べてみてください。

しじみの新鮮さとニンニク醤油がマッチしてとてもおいしい一品です。

もしお酒を召し上がれる方なら必ず注文してくださいね。

お酒のあてにもにとても合いますよ。

欣葉滷肉(欣葉名物の豚の角煮)

そしてもう一品これだけは外して欲しくないものがあります。

それは「欣葉滷肉」(欣葉名物の豚の角煮)です。

よくお店で売っている魯肉飯(ルーロウファン。もしくは滷肉飯と書きます)がありますが、ここの「欣葉滷肉」は肉厚なのに長時間煮込まれても崩れていません。

味もしっかりついていてご飯がすすむすすむ!

その他

これ以外にも海鮮の芹菜中卷(イカのセロリ炒め)紅蟳米糕(ワタリガニのタイワンスタイルおこわ)は注文して欲しいリストに入れています。

「雙城会館」のランチブッフェもおすすめ

私が行ったのは本店ですが、それ以外にもチェーンで店舗を展開しています。

雙城会館という店舗にはランチブッフェがあります。

ランチ料金でリーズナブルなのでこちらもぜひ行ってみたいですね。

どのお店もとても繁盛していて予約していないと必ず並ぶ必要がありますので、前もって予約しておくととてもスムーズに来店できると思います。

▶欣葉食芸軒

【本店】
住所:
台北市双城街34号ー1
営業時間:
11:00-24:00

【雙城会館】
住所:
台北市双城街21-2号
営業時間:
11:30-14:30(ランチブッフェ)
17:00-22:00(ディナー)
※2019年5月22日からランチ料金が変更になります。
大人450元+10%、子供(6-12歳)298元+10%

【注意事項】
店舗はこれら以外にも南京西路や忠孝、信義の新光三越の中、そして台北101の中にもあります。台北101の店舗「欣葉食芸軒」は値段設定がどれも高めに設定されているので要注意です。

台湾式ビュッフェが楽しめる!「山珍海味台式自助餐」

お次は、打って変わってリーズナブルな庶民の味。

台湾の庶民的なブッフェをご紹介します。

台湾式ブッフェは自助餐(ズージュウツァン)といいます。

だいたい台湾の自助餐はお昼や夜に食べられることが多いですよ。

大学の近くや企業が多くあるところにこれら自助餐がありお手軽価格でしかも早く食べることができるので、サラリーマンや学生に人気があります。

豊富なメニュー

自助餐は20~30種類のおかずが並んでいます。

魚料理や肉料理、野菜の炒め物や煮た物、豆腐料理、たまご料理など本当に種類が豊富です。

並んでいるおかずやスープにそれぞれ値段が表示されていて、自分の好みに合わせて取り最後にその量や種類で会計されます。

安いからとついつい取り過ぎてしまうことがあるので気をつけてくださいね。

せっかく海外旅行に来たのに、庶民的なビュッフェ?と思うかもしれませんが、ところがどっこい。

料理をその場で見ながらどんどんチョイスできる自助餐(ズージュウツァン)だと、言葉が通じなくても食べたいものが食べられるため、観光客にもハードルが低く意外と人気なんです。

おまけに安くて野菜もたっぷり食べられるため、「毎日こってりだったからそろそろ胃にやさしいものが食べたい・・・」という方にもピッタリ。


写真:https://taipei.story-travelblog.com/sanchinkaimi-taiwanbento/

▶山珍海味台式自助餐

住所:台北市萬華區漢口街二段1號
営業時間:10:30-14:00、16:30-20:00
週末はわりに空いていてあまり並ばずに食事ができると思いますよ。

台湾人が普段食べているブッフェもご紹介しましたが、お店によってはベジタリアンやヴィーガンのための自助餐もあるそうです。
機会があればこちらも一度挑戦してみたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

台湾の味を気に入っていただけたでしょうか?

台湾の家庭的な料理から気軽に食べられる台湾式ブッフェまで味わってみてさらに台湾が好きになってほしいと思います!

 

新着記事

 

関連記事

イタリア周遊するなら必ず訪れたい6つの都市!文化の彩り豊かな旅のススメ

日本から遠いヨーロッパの国イタリア。せっかく行くならいくつかの都市を巡りたいと思う方も多いのではないでしょうか。 今回はイタリアのお勧めを有名所から、ヨーロッパで今一番アツい場所までご紹介します。 ➊ローマ 永遠の都とし […]

写真に残したくなる!韓国「コヨナム」で全長55cmのユッケ寿司と巨大カルビチムを食べてみない?

韓国に来たら何を食べるか迷ってしまいますよね? もし肉料理のお店を探しているなら、今や日本で食べられない牛肉の刺身料理「ユッケ」を選択肢に入れてみるのはどうでしょうか? ユッケの本場韓国では、ユッケを使った料理はいろいろ […]

激安!ソウルの高速ターミナル駅地下街「GOTOMALL」でお得なショッピングを

ソウルでお買い物!といえばどこを思い浮かべるでしょうか? やはり定番は明洞! そして東大門! ガイドブックにも大きく掲載され、観光客にも定番のショッピングスポットですよね。 今回は、そんな大の定番エリアではなく、少し穴場 […]