昼と夜で別世界!美しいホイアンの街で忘れられない思い出を~ボートや灯篭流し・おすすめのレストランなど~

こんにちは、kahoです。
今回は、ダナンから車で約40分、人気の観光地であるホイアンの街の魅力を紹介します。
現地のガイドさんに教えていただいた情報をもとに、歴史やおすすめのレストランなども紹介したいと思います。

ホイアンとは?

ホイアンの街は昔、貿易港として栄えていました。中国・ポルトガルなどと交易があり、日本も鎖国になるまではたくさんの商人で栄えていた街だったそうです。

IMAGE

ホイアンにはドゥボン川という川が流れているのですが、この川は昔はもっと広く深く、貿易船が入れるくらいのものでした。しかし、その川は天災などを経て徐々に狭まり、次第に大きな船が入れるような川ではなくなりました。その結果、商人たちは商売ができずに、ホイアンの街の経済はどんどん衰退していきました。

しかし、近年研究が進み、昔ながらの古い建物が残っているホイアンの街に価値が見いだされ、1999年には旧市街が世界遺産として登録されています。

観光地として世界に知られてきたのは、ここ10年程なんだとか。

ホイアンまでのアクセス

ホイアンまでは、ダナンから車で40分ほどで到着します。タクシーを使うと、片道大体400,000ドン(日本円で¥2,000前後)。
タクシーはドライバーによって悪質なものもあり、遠回りしたりお釣りが少ないこともあるので、メーターを確認する、お釣りを確認するなど最低限の注意は必要です。

心配な方は現地のオプショナルツアーで行かれるのがおすすめ。タクシーよりは少し高くなりますが、食事などもついており、日本語ガイドもついているので安心です。

ホイアンの魅力

私が観光をして、個人的に魅力に感じたポイントをお伝えしたいと思います。

昼と夜が別世界

ホイアンを訪れるならぜひ、昼と夜、両方を楽しんでいただきたいです。ホイアンと言えばランタンのイメージがあったので、最初は夜しか行く予定がなかったのですが、ダナン在住の日本人の方にお昼の景色も見た方が良い、と教えていただき、16:00ごろから街歩きをしてみました。

★17:00ごろ
昼間のホイアンは、レトロな街並みが印象的。古い建物といたるところに咲いているブーゲンビリアという花が調和して美しく、街歩きが楽しい時間帯です。
川沿いにはカフェやレストランも豊富にあるでコーヒーを飲みながらゆっくりした時間が過ごせそうです。

IMAGE

IMG_1184 (3)

FullSizeRender (5)

★18:00ごろ 
夕暮れ時。ライトアップされ始める時間帯。

IMAGE

★19:00ごろ 
完全に真っ暗になり、ランタンの光も灯り幻想的な雰囲気に。

IMAGE

いかがでしょうか?どの景色もきれいですが、個人的には夕暮れ時が一番感動しました!

船上で灯篭流し

こちらは料金がかかりますが、船の上で灯篭流しをすることができます。
現地のオプショナルツアーで参加するとガイドさんが事前に予約をしてくださいますが、当日その場で船を捕まえることもできます。

IMAGE

ろうそくに火を灯し、

IMAGE

願いを込めて流します…

IMAGE

水上に浮いた灯篭は、とてもロマンチックで特別な思い出になります。

船に乗っている間に、川沿いに龍やカメ、鳳凰を発見しました。これらは神聖な動物として考えられているものをライトアップしているんだそうです。

IMAGE

IMAGE

ホイアンの市場

ホイアンでは毎日のように出店が並びます。毎日がお祭りのような雰囲気です。
ランタンのお店や、

IMAGE

雑貨屋さん、屋台が軒をつらねています。

IMAGE

IMAGE

ホイアンには月に1度、「ランタン祭り」と呼ばれる大きな祭りがあるのですが、これがある日は人混みがすごいようで、現地の方たちは「人間祭り」と呼んでいるんだそうです。(笑)

有名なレストラン「SAKURA HOIAN」

こちらのレストランは、昨年安倍首相とベトナムの首相が食事会をしたレストランです。
IMG_1077 (1)

IMG_1076 (1)

店内は清潔感があり、日本語でメニューが書いてあるので日本人観光客にはおすすめ。また、テラス席もあるので街並みを見ながら食事をすることもできます。

FullSizeRender (3)

IMG_1134 (1)

徐々に日が暮れていくホイアンの街を見ながら、ベトナム料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

IMAGE

おまけ

交易時代にシルクの輸出で栄えていたホイアン。街にはテイラーが軒を連ねています。ガイドブックにもよく載っているように、ワンピースをオーダーメイドで作れるお店がたくさんあります。
注意したいのが、旅行の日程との兼ね合い。日数に余裕がない場合は、必ず翌日仕上げのお店を選ぶほうが良いでしょう。お店によっては仕上げの日時などルーズなところもあるようなので、心配な場合は旧市街の中にある国営の工場がおすすめ。
翌日仕上がったものを指定のホテルまで届けてくれるようです。

IMAGE

いかがでしたか?ホイアンの街はまだまだ半日の滞在では知り尽くせないですが、私が訪れてみて感じた魅力をまとめてみました。

ぜひ参考になさってください。

ホイアン旧市街

ダナンから車で約30分


★kaho

ライター
記事一覧へ

旅の知識から探す


新着記事


関連記事

ダナンの夜はハン川を眺めながら「ウォーターフロント レストラン&バー」でおしゃれなディナーを

昼間にビーチやお買い物を楽しんだら、夜は綺麗な景色を見ながらおしゃれなディナーを楽しんでみませんか? 今回は、ダナンでおすすめの「ウォーターフロント」レストラン&バーを紹介したいと思います。 「ウォーターフロント」レスト […]

食べたらやみつき!マレーシアの代表料理【ナシレマ】人気店「ヴィレッジパーク」

美食の国マレーシアには名物がたくさんあります。 マレー料理、中華料理、インド料理、ニョニャ料理(マレー料理と中華料理がミックスされてできた料理)が代表的な料理ですが、それぞれにはずせない人気メニューがあり、外食当たり前の […]

バリ島サンセットビーチ!「ジンバラン」を堪能する方法

こんにちは、カカくんバリツアーです。 今回は、バリ島に来たら、是非訪れていただきたい、美しいサンセットが見られるビーチと、その周辺スポットをご紹介します。 ジンバラン ビーチ 今回ご紹介するのは空港からもほど近い、サンセ […]