人気急上昇中!インドのおすすめクラフトビール5選

旅行のだいご味は何といってもご当地ビール!

インドの定番ビールといえば希少な鳥の名前でもあるKingfisher(キングフィッシャー)でしたが、近年新しいクラフトビールが急速に増えてきています。

お土産には難しいビール。

インドにいる間に思う存分満喫しちゃいましょう。

一番人気はBira(ビラ)

おサルさんのパッケージが特徴です。

あちこちで売られているため最も手に入りやすく、最近はビラのドラフトビール(生ビール)が飲めるバーやレストランも増えてきました。全体的にフルーティーで、女性にも飲みやすい味わいです。

人気上昇中のSHIMBA(シンバ))

シンバはライオンを意味するだけあり、パッケージにはサングラスをかけたライオンが描かれています。
(私は最初はゴリラと思っていましたが。。)

現在、ウィート(白ビール)、ライト、ストロング、スタウトの4種類がありますが、シンバのスタウトはインドの黒ビールの中で一番よくできていると思います!ギネス等本場の黒ビールと比較すると、クリーミーさが少し欠けるかもしれませんが、黒ビール好きの方は一飲の価値ありです。

White Rhino(ホワイト・ライノ)

ラガーもウィートもかなり美味しくできていますが、生産が少ないのか、販売していないお店が大半です。

2016年より販売が開始された新しいブランドです。

国内販売用と輸出用でパッケージが異なりますが、輸出用は残念ながらインド国内では購入できません。他国を旅した際に目にしたら、インドを思い出しながら是非飲んでみてください。

White Owl(ホワイト・オウル)

インドでは通常のビールよりストロングタイプのビールのほうが人気が高いマーケットを狙い、ホワイト・オウルはインドのクラフトビールで初めて、アルコール度数の高いストロング(7.9%)タイプの「スパーク」がラインナップに入れました。

個人的にはスパークよりアイリッシュ・レッド・エールのディアブロがフルーティーでおすすめ。

話題沸騰中のEight Finger Eddie(エイト・フィンガー・エディ)

リゾート地としてもヒッピーの聖地としても有名なゴア発祥のこのビールは、ゴアの伝説のアメリカ人ヒッピー、エイト・フィンガー・エディが名前の由来です。

本名はYertward Mazamanianだそうですが、彼は本当に指が8本しかなかったため、次第にエイト・フィンガー・エディと呼ばれるようになったとか。

何故か動物系の名前、デザインが多い他のクラフトビールとは一味違うラベルを持ち、酒屋さんでは自然と目立つデザインです。

Goa Brewing Co.というブリュワリーが作っており、ゴアのお店ではその場で飲んだり、見学ツアーに参加したりすることができます。

ゴア旅行の際はぜひ、ブリュワリーにも立ち寄ってみてください。

インドのクラフトビールの中で、個人的にこのエイト・フィンガー・エディのIPAが、変な人工的な味やにおいがせず、一番おすすめです。



 

新着記事

 

関連記事

もりっもりのフラワーバスに入れる!バリ島ウブドのホテルスパ 【The Udaya Resort & Spa】が本当に優雅!

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島に来たらスパ!マッサージ天国のバリ島。 高級スパも日本に比べたらとても安くうける事が […]

韓国・済州島のルーツがここに!散策もできる遺跡スポット「三姓穴」

韓国の最南端に位置する、言わずとも知れたリゾート地・済州島。 日本からの観光客はもちろん、韓国国内外から多くの人が訪れる人気の旅行先の一つです。 「済州島」と聞いて、まず何を思い浮かべますか? 海、山、グルメ、テーマパー […]

ニベアの国 ドイツには、なんとニベアスパ &ホテルがあった!

グーテンターク!ドイツからビューティーインスタグラムを発信しているオペラです♪ 前回のドイツニベアの魅力に続いて、第2回目の今日は、知る人ぞ知るニベアスパの秘密に迫ります! 100年の歴史ある会社、ニベア社が作ったホテル […]