人気急上昇中!インドのおすすめクラフトビール5選

旅行のだいご味は何といってもご当地ビール!

インドの定番ビールといえば希少な鳥の名前でもあるKingfisher(キングフィッシャー)でしたが、近年新しいクラフトビールが急速に増えてきています。

お土産には難しいビール。

インドにいる間に思う存分満喫しちゃいましょう。

一番人気はBira(ビラ)

おサルさんのパッケージが特徴です。

あちこちで売られているため最も手に入りやすく、最近はビラのドラフトビール(生ビール)が飲めるバーやレストランも増えてきました。全体的にフルーティーで、女性にも飲みやすい味わいです。

人気上昇中のSHIMBA(シンバ))

シンバはライオンを意味するだけあり、パッケージにはサングラスをかけたライオンが描かれています。
(私は最初はゴリラと思っていましたが。。)

現在、ウィート(白ビール)、ライト、ストロング、スタウトの4種類がありますが、シンバのスタウトはインドの黒ビールの中で一番よくできていると思います!ギネス等本場の黒ビールと比較すると、クリーミーさが少し欠けるかもしれませんが、黒ビール好きの方は一飲の価値ありです。

White Rhino(ホワイト・ライノ)

ラガーもウィートもかなり美味しくできていますが、生産が少ないのか、販売していないお店が大半です。

2016年より販売が開始された新しいブランドです。

国内販売用と輸出用でパッケージが異なりますが、輸出用は残念ながらインド国内では購入できません。他国を旅した際に目にしたら、インドを思い出しながら是非飲んでみてください。

White Owl(ホワイト・オウル)

インドでは通常のビールよりストロングタイプのビールのほうが人気が高いマーケットを狙い、ホワイト・オウルはインドのクラフトビールで初めて、アルコール度数の高いストロング(7.9%)タイプの「スパーク」がラインナップに入れました。

個人的にはスパークよりアイリッシュ・レッド・エールのディアブロがフルーティーでおすすめ。

話題沸騰中のEight Finger Eddie(エイト・フィンガー・エディ)

リゾート地としてもヒッピーの聖地としても有名なゴア発祥のこのビールは、ゴアの伝説のアメリカ人ヒッピー、エイト・フィンガー・エディが名前の由来です。

本名はYertward Mazamanianだそうですが、彼は本当に指が8本しかなかったため、次第にエイト・フィンガー・エディと呼ばれるようになったとか。

何故か動物系の名前、デザインが多い他のクラフトビールとは一味違うラベルを持ち、酒屋さんでは自然と目立つデザインです。

Goa Brewing Co.というブリュワリーが作っており、ゴアのお店ではその場で飲んだり、見学ツアーに参加したりすることができます。

ゴア旅行の際はぜひ、ブリュワリーにも立ち寄ってみてください。

インドのクラフトビールの中で、個人的にこのエイト・フィンガー・エディのIPAが、変な人工的な味やにおいがせず、一番おすすめです。



 

新着記事

 

関連記事

注目の田浦のカフェ通り!韓国・釜山コーヒー博物館&「LANDMARK 9」

多くのガイドブックに掲載されている釜山・田浦のカフェ通り。 休日だけでなく、平日も多くの人が集まる人気スポットです。 2017年には韓国で唯一、ニューヨークタイムズの「必ず行きたい世界の名所52」に選定! 韓国を代表する […]

一生に一度は行ってみたい!アルザス地方のクリスマスマーケット

暗くて長く、寒い冬に包まれるヨーロッパ。 人々がもっとも楽しみにしているのがクリスマスです。 ヨーロッパのクリスマスは、11月の最終日曜日にろうそくを灯すことから始まります。 4本のろうそくが輪のように並べられたアドヴェ […]

【マカオ】複合型巨大リゾートのギャラクシーマカオは見どころがいっぱい!

こんにちは! マカオ在住ライターの椿です。 「ギャラクシーマカオ」は、日系のホテルオークラを含む6つのホテルとカジノ、ショッピングモール、レストラン、シネマコンプレックスを有する複合型リゾートです。 暑い夏でも屋内で楽し […]