人気急上昇中!インドのおすすめクラフトビール5選

    旅行のだいご味は何といってもご当地ビール!

    インドの定番ビールといえば希少な鳥の名前でもあるKingfisher(キングフィッシャー)でしたが、近年新しいクラフトビールが急速に増えてきています。

    お土産には難しいビール。

    インドにいる間に思う存分満喫しちゃいましょう。

    一番人気はBira(ビラ)

    おサルさんのパッケージが特徴です。

    あちこちで売られているため最も手に入りやすく、最近はビラのドラフトビール(生ビール)が飲めるバーやレストランも増えてきました。全体的にフルーティーで、女性にも飲みやすい味わいです。

    人気上昇中のSHIMBA(シンバ))

    シンバはライオンを意味するだけあり、パッケージにはサングラスをかけたライオンが描かれています。
    (私は最初はゴリラと思っていましたが。。)

    現在、ウィート(白ビール)、ライト、ストロング、スタウトの4種類がありますが、シンバのスタウトはインドの黒ビールの中で一番よくできていると思います!ギネス等本場の黒ビールと比較すると、クリーミーさが少し欠けるかもしれませんが、黒ビール好きの方は一飲の価値ありです。

    White Rhino(ホワイト・ライノ)

    ラガーもウィートもかなり美味しくできていますが、生産が少ないのか、販売していないお店が大半です。

    2016年より販売が開始された新しいブランドです。

    国内販売用と輸出用でパッケージが異なりますが、輸出用は残念ながらインド国内では購入できません。他国を旅した際に目にしたら、インドを思い出しながら是非飲んでみてください。

    White Owl(ホワイト・オウル)

    インドでは通常のビールよりストロングタイプのビールのほうが人気が高いマーケットを狙い、ホワイト・オウルはインドのクラフトビールで初めて、アルコール度数の高いストロング(7.9%)タイプの「スパーク」がラインナップに入れました。

    個人的にはスパークよりアイリッシュ・レッド・エールのディアブロがフルーティーでおすすめ。

    話題沸騰中のEight Finger Eddie(エイト・フィンガー・エディ)

    リゾート地としてもヒッピーの聖地としても有名なゴア発祥のこのビールは、ゴアの伝説のアメリカ人ヒッピー、エイト・フィンガー・エディが名前の由来です。

    本名はYertward Mazamanianだそうですが、彼は本当に指が8本しかなかったため、次第にエイト・フィンガー・エディと呼ばれるようになったとか。

    何故か動物系の名前、デザインが多い他のクラフトビールとは一味違うラベルを持ち、酒屋さんでは自然と目立つデザインです。

    Goa Brewing Co.というブリュワリーが作っており、ゴアのお店ではその場で飲んだり、見学ツアーに参加したりすることができます。

    ゴア旅行の際はぜひ、ブリュワリーにも立ち寄ってみてください。

    インドのクラフトビールの中で、個人的にこのエイト・フィンガー・エディのIPAが、変な人工的な味やにおいがせず、一番おすすめです。



       

      新着記事

       

      関連記事

      【ハワイ島】暮らすように滞在できる『アストン・ワイコロア・コロニー・ヴィラ』

      一度訪れるとリピーターになる人が多いといわれている『ハワイ島』。 高級リゾート地にあるコンド『アストン・ワイコロア・コロニー・ヴィラ』で、暮らすように滞在しながら、ハワイ島の魅力を堪能しませんか? 夢が広がる『アストン・ […]

      【ミャンマー】都会の中のオアシス!インヤー湖沿いのレストラン 「Seinn Lann So Pyay」

      いろいろあったミャンマーも少しずつ落ち着きを取り戻しています。最近ではレストランや公園も開いていて、イートインもできるようになってきました。 また外国から気軽に旅行に来れるようになってほしいものです。 旅行客にも人気のス […]

      【オーストラリア】はじめてのケアンズ旅でやりたいこと7選!森林支援のためにできることも紹介

      オーストラリアの南に位置するケアンズは、7時間ほどのフライトで行ける日本から一番近くて手軽に行けるオーストラリア! グレートバリアリーフや世界最古の熱帯雨林に囲まれたキュランダ村はケアンズから手軽に行ける2大世界遺産! […]