全26ウォーキングコースが楽しめる!韓国「済州島オルレ」で季節ごとの自然・景色を楽しもう

皆さんは、どんな旅が好きですか?

韓国・済州島は、ショッピングや市場巡り、カフェ巡りなどの都会的な観光をはじめ、自然の魅力を感じられるレジャー、豪華なリゾートなど、様々な楽しみ方が選べる場所です。

ヨーロッパの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」のように、済州島で長い距離を歩く旅ができるのが「済州島オルレ」
済州島の自然の魅力を隅々まで感じられる、「済州島オルレ」についてご紹介します。

名所巡りの自由旅行!済州島一周も可能なオルレのコース

「オルレ」とは、済州の方言で「狭い路地」という意味。

ヨーロッパのサンティアゴ巡礼をもとに、とあるジャーナリストによって考案されたウォーキングコースです。

済州島を一周する総長425kmの道のりが、合計26コースに分けられており、部分的にウォーキング体験できる気軽な計画から、しっかりと全コースを歩く計画まで、自由にアレンジできます。

済州島には、代表的な観光スポットとしても知られる「漢拏山(ハルラサン)国立公園」、「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」、「牛島(ウド)」など、数多くの自然名所が存在します。

山、丘、海、さらには旧市街地といった、あらゆる場所がコースとして設定されているので、オルレの道を歩けば、済州島の定番スポットも観光できて一石二鳥!

コースの特徴によって難易度や季節環境も異なるため、事前に計画をしてから出掛けると良いでしょう。

地図が無くても大丈夫!標識を辿って歩くのも楽しいオルレ

それぞれのコースには、青い矢印の看板や赤いリボンなどの標識が出されており、地図が無くても、標識を辿ることでコースの道順を歩くことが可能。

公式ホームページや日本語ガイドも用意されている他、様々な体験イベントも開催されています。

また公式団体によって、コース上の道や案内所が管理されており、極端な危険を伴うものではないと言えます。

サンティアゴ巡礼のように、日本にも高野山への巡礼路や、四国八十八か所巡りがあり、長い距離を歩く旅に強いイメージを持つ方も多いのではないのでしょうか?!

「済州島オルレ」は、上記のような宗教的な意味が含まれないので、より気軽にウォーキングやハイキングを楽しみたいという方にもピッタリ!

済州島の自然観察や写真撮影などを目的に、一人旅はもちろん、複数人のグループでも、韓国内外から多くの人が訪れています。

備えあれば憂いなし?!持ち物、服装、安全には注意も必要!

オルレのコースには、整備された歩きやすい道だけでなく、山道や坂道、人気(ひとけ)がない道など、いろいろな環境条件が含まれます。

長い距離を歩く際には、トレッキング用などの歩きやすい靴、木や森、虫、日差しなどから肌を守れる長袖の服、帽子、サングラス、レインコート、服装や持ち物を万全に整えておく必要も。

商店などが少ないエリアもあるので、飲み物や軽食も用意しておくと無難でしょう。

屋外を歩く旅といえば春や秋、済州島の観光といえば夏というイメージが強くなりがちですが、実は冬のオルレの景色もとても美しく、他のシーズン同様に人気があります。

日の出や植物からも冬らしい季節感が感じられる他、雪や氷に関するイベントも各地で行われる済州島のオルレ。

寒い自然の中を歩くだけでなく、雪道などにも注意は必要ですが、登山やウォーキングに慣れた方であれば、冬のオルレを目指す済州島の旅行もオススメです。

オルレでしか体験できない旅!済州島の新たな魅力を発見してみては?!

ウォーキングコース、と一概には言えないほど、異なる楽しみ方がいくつもプランニングできる済州島オルレ。

宿泊や他の観光スポットなどと合わせて、幅広い選択肢を見つけられるのが済州島の特徴でもあります。

済州島オルレについては、日本人の方も多くチャレンジしており、済州島の大きな観光資源でもあることから、インターネットでも多くの情報が得られます。

韓国旅行の新たな魅力を感じてみてはいかがでしょうか?!

▶済州島オルレ

公式ホームページ:http://old01.jejuolle.org/main.do?lang=ja



 

★小栗静華

ライター
記事一覧へ

新着記事

 

関連記事

北インドと南インド料理の違いとは?!南インドの知られざるおすすめローカルフード6選

旅行のだいご味は現地の食事! とはいうものの、実際にレストランに行ってメニューを見ても、何の料理だかさっぱり、、ということも多々あると思います。 ローカルレストランとなると、説明なしのお品書きだけ、さらにローカルなレスト […]

【台湾】世界の人気レストラン10選に選ばれた小籠包「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の魅力

こんにちは、旅マニアKitoです。 台湾と言えば小籠包。 小籠包と言えばここ、ニューヨークタイムズ紙で『世界の人気レストラン10』に選ばれた実績のある「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。 薄くてつるつる、もちもちの皮に包まれ […]

バンコクのセンセーブ運河ボートに乗って小トリップ気分を味わおう!運行時間や路線

サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 バンコクは観光都市として有名ですが渋滞の酷さでも話題になりがちです。 渋滞にはまり動かない車で座っているだけでは時間がもったいないですよね […]