世界でも珍しいバリ島のお正月セレモニー!【Nyepi(ニュピ)】 の時期に旅行に行く方は必ず読んで!

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶)
バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。

バリ島旅行でちょっと注意しなければならないのが、宗教上のセレモニー。
インドネシアはイスラム教なのですが、バリ島はバリ・ヒンドゥー教
という独自の宗教を信仰している人が占めています。

バリ島旅行ではNyepi(ニュピ)に注意!

バリ島旅行で一番注意しなければならないセレモニー、
それが【Nyepi(ニュピ)】の日です。

観光客をも巻き込み、飛行機の離陸、飛行場も閉鎖される
世界でも珍しいセレモニーです。

ニュピの前後に出かけられる方は、
この記事の一番下に注意事項を記載しますので、
最後までお読みくださいませ!

今年のニュピは
2020年3月25日(水曜日)
(サカ暦1942年新年)

前日の24日夕方から道路はオゴオゴの為封鎖されます。
そして25日深夜0時〜翌朝26日朝6時まで
バリ島では、観光、お店および全てが停止されます。
ホテルの敷地内から出ることができません。

ニュピとは?

ニュピとは、サカ暦の新年(第10月の1日目)。
一年に一度巡って来ます。
ニュピは毎年、2〜5月に行われます。

バリ島のお正月にあたります!

なのでこの時期にバリ島に旅行を計画されている方は要注意!
旅行会社を通せば情報を教えてくれますが、
個人手配の旅行の場合は、知らずに来ている人がたまにおります(汗)

この日は静寂の日(サレントディ)と呼ばれています。
火、電気の使用、仕事、外出が禁止されていて、
外国人であってもこれに従わなければなりません。
飛行場も、飛行機の発着もストップします。

なので、ホテルの敷地からは出ることができません=観光はできません!

夜は電気を付けずに、暗闇の中で過ごします。
ホテルによっては窓から光が漏れないように目張りして、
部屋の中では電気がOKのホテルもありますが、
通常の民家などは、ロウソクや懐中電灯で過ごします。

騒いだり、大きな音も出してはいけません。

※ホテルの従業員はちゃんと泊まり込みで働いております!
どのホテルも2泊3日のニュピパッケージなどを準備しているので、
(当日ホテル内で楽しめるアクティヴィティ、食事など込み込み)
ゆっくりホテルライフを楽しむこともできます(夜は騒げないけど)

ニュピの前日には、全島をあげての浄化儀礼が行われます。
各家では松明を焚き、棒で地面や鍋を叩いて悪霊(ブカ•トロ)を追い払い、
同時に村の中心で大規模なお祓いが行われます。

また悪霊を表した、オゴオゴと呼ばれる張りぼての御神輿を前日の夜に
村を練り歩きます。悪霊を追い払う為です。

オゴオゴは数ヶ月かけて準備されます!
そのクオリティは圧巻!

ニュピにバリ島に来る人はこのオゴオゴの鑑賞も見どころ!

村により規模は違いますが、どの村もオゴオゴの儀式は皆楽しみにしており、
とても需要なセレモニーです。

そしてニュピ当日は、人間は地上に徘徊する悪霊に見つからないように、
外出せずに静かに過ごします。

かつては、性生活、食事を含めて一切の事を禁じられる沈黙の日でしたが、
最近は近代化の流れもあり、地域によりますが、緩くなってきています。

みんな前日までに、食料や飲み物を買い込み、料理を作っておき
ニュピに備えます!

バリ島全島から、光と機械音が消える日。
その為、高い山に行かなくても
満点の星空を見ることができます。

沈黙の何もしない贅沢、満点の星空。
そんな『沈黙の日』を過ごしに来る通のバリ島リピーターの方も
多くいます。

これは私のバリ人友達の家でニュピを過ごした際の写真♪
ニュピの日は何もすることがないのでおしゃべり(笑)、

ニュピ前後にバリ島観光される方に注意事項

ちなみにニュピの前に行われるもう一つのセレモニーがあります。
ムラスティ
ニュピの2〜4日前に行われるこのセレモニーは、新年に向けて
村の御神体などを海に沐浴しにいく行事です。
村人も含めての海への大移動があります。
道は渋滞、ガイドさんなども少なくなりますので、
直前のツアーの予約などはご注意くださいませ。

今年のニュピは

2020年3月25日(水曜日)
(サカ暦1942年新年)

24日の飛行機の離陸、到着のお客様も注意が必要です!
(夕方着の方は空港周辺以外移動が難しい場合がございます。)

前日の24日夕方からバリ島の各道路はオゴオゴの為封鎖されます。
そして25日から翌朝の26日朝6時まで
バリ島では、観光、お店および全てが停止されます。
ホテルの敷地内から出ることができません。

オゴオゴを見に市街地に行き、終了後ホテルに戻る際に、
車やタクシーが道の封鎖により動けません。
ホテルから徒歩圏で見に行けるオゴオゴをお勧めいたします。

帰宅時のバイクタクシーの予約など、現地の情報をホテルスタッフに確認。
しっかり得た上で行動してくださいませ!

 


★Yucco

ライター
記事一覧へ

新着記事

 

関連記事

レベルが高すぎる【台湾B級グルメ】を堪能!台北最大の夜市【士林夜市】

台湾といえばB級グルメ。今回の旅の目的は「食」です! 台湾のB級グルメは本当にバラエティが豊富で、どれを食べても想像以上にレベルが高く、満足度100%間違いありません。 台湾の夜は長くとても賑やかです。 夜6時頃、辺りが […]

定番な旅は飽きたという方必見!タイ北部チェンライ、メーサイのマイナー観光スポット3選

日本人観光客で賑わっているタイですが、最近では何度もタイ旅行をしている日本人観光客も増えています。 ガイドブックにはお寺が紹介されていることが多いようですが、あまりそうした歴史的な建物に興味がない人はどこへ行けばいいのか […]

在住者が教える!ドイツ名物、カリブルストのおすすめ店 3選

ドイツの名物といえば、カレーソーセージことカリブルスト(Currysurst) ドイツに来たら、この料理を食べずには帰れません。 この料理は焼いたソーセージにケチャップとカレー粉がトッピングされており、ソーセージの種類に […]