フィリピン・コンテンポラリー料理 知る人ぞ知るケソン・シティ穴場レストラン

ケソン・シティとはどんなところ?

ケソン・シティは、マニラ首都圏北部に位置し、マニラ中心部マカティ市から10キロほど北にあります。

フィリピンの人気放送局があり、政府機関、フィリピン大学、アテネオ大学もあり、文化・政治・学問の中心地区と言っても過言ではありません。

フィリピン・マニラ観光の中心地であるマニラ市、また、ビジネス街であるマカティ市からは、少し離れていますが、新しいフィリピンを知るには絶好の地域です。

そんなケソン・シティには、おしゃれなレストランが並んでいます。

特に、フィリピン大学・アテネオ大学が位置する周りには、おしゃれなカフェがありますが、放送局がある地域には、おしゃれで美味しく、ついつい通いたくなるようなレストランがたくさん。

おしゃれなコンテンポラリーレストラン「ハーフ・セイント」

今回は、その中でも、ABS-CBNという放送局のそばに、最近オープンし、既に、ランチタイムはもちろん、ディナータイムにも、放送局関係者で賑わう「ハーフ・セイント」というレストランをご紹介します。

ABS-CBNの電波塔のそば、コールセンターが2階にあるビルの1階にオープンしました。

IMAGE

お料理は、フィリピン料理ですが、伝統的なモノではなく、和食、イタリアン等々を取り入れたコンテンポラリー料理。

IMAGE

「ハーフ・セイント」のメニュー

一番人気は「アロズ・コン・ポロ(Arroz Con Pollo)」

IMAGE

メニューは、ピザ、パスタ、メインがありますが、一番人気は、アロズ・コン・ポロ(Arroz Con Pollo)で395ペソ(約830円)。ココナッツミルクで煮込まれた鳥のもも肉を丸ごとご飯に乗せて炊き込んだご飯料理です。

IMAGE

また、パスタは、ビーフ・ラザーニャ・ウィズ・クリーム・チーズ・アンド・スピナッチ(Beef Lazagna with Cream Cheese & Spinach)がお奨め。395ペソ(約830円)です。

こちらは、ビーフミートソースがたっぷり入ったラザーニャにクリームチーズとほうれん草ペーストがトッピングされた熱々のパスタ。

スイーツもおすすめ

「ハーフ・セイント」の魅力は、お料理だけでなく、デザートもスペシャル。

64%ダーク・チョコレート・タルトは、見た目丸ごとチョコレートなので、甘い雰囲気ですが、一口食べると、甘さ控えめでチョコレートの濃厚な苦みが口に広がります。

甘さ控えめなので、食事の後でも美味しくいただけます。

また、日替わりコーヒー豆を使ったエスプレッソと良く合います。

IMAGE

マニラ湾で夕日を楽しんだり、マカティ市内の大きなモールを散策したりと、普段のマニラ観光とは少し違った雰囲気を味わいたい方には、是非お奨めのレストラン。

フィリピンの今の文化を生み出している放送局の周りで、最新のフィリピン文化を味わってみて下さい。



 

新着記事

 

関連記事

神秘の遺跡!チャモロ民族古代遺跡「ラッテストーン」が間近で見られる観光スポット

ハッファデイ~!グアムでフリーライターをしているりひゃんです。 グアム・チャモロ民族の間で、古くから伝わる遺跡「ラッテストーン」。 ギフトショップなどで販売されている「ラッテストーンクッキー」は、文字通り遺跡をモデルにし […]

カンボジア・プノンペンのローカル地域にある中華・台湾料理のお店「小月小吃」

プノンペン大学以西のプノンペンは空港周辺を除いて観光客などほとんど目にすることがないような完全にローカル地域。 そんな中でよく食べるものと言えばもちろんローカルなカンボジア料理。 おいしいけれど、たまには別の料理も食べた […]

写真映えスポットならココ!ソウル・大学路の梨花洞壁画村

芸術・アートの発信地として知られている街が韓国・ソウルの大学路(テハンノ)。 地元の人たちで賑わうだけでなく、観光地としても知られているエリアの一つです。 大学路って、どんな街? かつて、ソウル大学のキャンパスがあった場 […]