マレーシア・レトロな町並みで有名なイポー観光、行かなきゃ損する温泉遊園地!

     首都圏から北に200km、マレーシア第3の都市イポー(IPOH)は、イギリスの影響を色濃く残すレトロな街並みや、グルメそして壁画で有名な観光都市です。

    IMAGE

     このイポーで行かなきゃ絶対損をすると断言できるのが、ロスト・ワールド・オブ・タンブン(Lost World of Tambun)!

    アクセス

     KLセントラル駅からETS(日本でいう新幹線のような電車)に乗車、約3時間で到着するイポー駅から、更にGrab(車)で20分ほど。

     壮大な山深い立地を生かしたロスト・ワールド・オブ・タンブンは、プール、温泉、スパ、動物園、遊園地、そしてキャンプ場(グランピング)まで併設された、1日では遊び足りない、老若男女が楽しめる巨大テーマパークです。

    チケット購入法

    IMAGE

    IMAGE

     チケット売り場は開園時間の30分ほど前にオープン、休日など混み合っているときでも、長くても20分程度並べばチケットを購入(リストバンド)できます。

    また、チケットは検索すればいろいろなサイトで安く購入することが可能ですし、併設のホテルに宿泊することで無料チケットが付属することもあるので事前に要チェック!

     なお、時期によってはプロモーションなどの影響で、2日間以上パークインする場合に年間パスを買ってしまった方がお得になるようなこともあるらしい。

     リストバンドを付けてもらい売店(水着や浮き輪、ぬいぐるみなどを売っています)を抜けると、パークへの入り口です。

    飲食物持ち込み厳禁!

    IMAGE

    入り口では荷物チェックが行われ、飲食物が見つかると没収され、預かってもらうときには預かり料(RM5だったかな)が必要となるので要注意です。

    入場後すぐに着替えるのがおすすめ!

    IMAGE

     パークインしたら、まずは更衣室で水着に着替えてしまいましょう。

    IMAGE

    プールや温泉の利用時はもちろん、遊園地や動物園の利用も水着のままの人が殆どです。

    マレーシアの気候のおかげで、濡れた水着もすぐに乾きますしね。

    IMAGE

     着替えが終わったら、不要な荷物はコインロッカーに預けましょう。

    ロッカーは大きさによって値段が違いますが、ロッカー用のリストバンドに印字されたバーコードにて、開け閉めし放題となるので非常に便利です。

    ミニ動物園

    IMAGE

     お子様連れに一番人気と思われるミニ動物園では、様々な動物と触れ合ったり、餌をあげることができます。

    キリンやシマウマへの餌やりは他の動物園ではなかなかできない経験でしょう。

    また、遊園地ゾーンではジェットコースターやお化け屋敷も楽しむことができます(お化け屋敷だけは何故か別料金)。

    IMAGE

     休日は家族連れで賑わいますが、それでもアトラクションの待ち時間が(ディズニーランドのように)数時間に及ぶなんてことは決してなく、待っても10分かそこらという印象です。

     広大な敷地の移動に使えるミニバスのようなものも巡回しているので、長距離を歩くことに慣れていない方は利用されると良いでしょう。

    IMAGE

     日射しが強い日中帯よりも、夜間の方が多くの人で賑わいます。

    IMAGE

    IMAGE

    IMAGE

    昼間は遊園地(夜になるとクローズ)で遊んだり、涼しい鍾乳洞や猫の部屋、そしてスパでリラックス。

    IMAGE

    IMAGE

     夜になってから、砂浜もあるプールや温泉、ナイトサファリなどを楽しむことをお勧めします。

    IMAGE

    夜だけの楽しみもいくつかあり、本格的なファイヤーショーは必見! 手に汗を握るド迫力です。

     温泉は、まるで草津の湯のようにいろいろな湯温の浴場があり、ジャグジー 、洞窟風呂(サウナ風)、打たせ湯、床に小石が敷き詰められて足裏のツボを刺激する足湯までと、バラエティー豊かです。

    42度程度の湯温では現地の方は浸かることが難しいようで、私が肩まで浸かって寛ぎ始めるとあちこちから感嘆の声が聞こえていました(笑)

    IMAGE

     お腹が空いたら、イポーの街並みを再現した屋台街で好きなメニューを堪能できますし、洞窟の造詣をそのまま生かした味のあるカフェで一服することもできます。

    IMAGE

    パーク内価格で少しお高めと感じる方もいるかもしれませんが、味はなかなかですよ。

    IMAGE

     パーク自体が自然の渓谷の中にあるためかとても空気が美味しく、緑に囲まれている環境が影響してか、不思議なほど気分が晴れやかになる、マレーシアいちのお勧めテーマパークです。

    未経験の方は、絶対に行ってみることをお勧めします!

    常夏の国・マレーシアで温泉?!定番の観光コースに飽きた人におすすめの「スラヤン温泉」(Selayang Hot Spring Pool)をご紹介



       

      新着記事

       

      関連記事

      昼と夜で別世界!ホイアンのボートや灯篭流し・おすすめのレストラン

      こんにちは、kahoです。 今回は、ダナンから車で約30分、人気の観光地であるホイアンの街の魅力を紹介します。 現地のガイドさんに教えていただいた情報をもとに、歴史やおすすめのレストランなども紹介したいと思います。 ホイ […]

      タイ在住者が厳選!古都アユタヤの必見スポット6選(ツアーやタクシーチャーターの方法も)

      世界遺産アユタヤ タイの首都バンコクから100km弱、かつての都アユタヤ。 バンコクから日帰りで行ける距離にあり、プーケット、チェンマイと並ぶタイの有名な観光地です。 1991年に世界遺産にも登録された遺跡群は、まるでタ […]

      英語が通じる!中東オマーン首都マスカットが女性1人旅にもおすすめな3つの理由

      皆さんはオマーンという国の正確な位置を知っていますか? 「中東ら辺だよね?」というザックリとした印象の方が多く、残念ながらまだまだ日本人にとって知名度の高くない国かもしれませんが、オマーンもまたオイルマネーによって発展し […]