ドリアン大国マレーシア!専門店で最高級品種「猫山王」体験してみませんか!?

マレーシアに来たら試してほしい果物NO1

IMAGE

果物の王様と呼ばれるドリアン、その強烈な臭いゆえに、飛行機でテロ騒ぎまで引き起こしたドリアン、チャンスがあればぜひチャレンジしてみるべき食べ物ナンバーワンだと個人的に思っています。

ドリアン専門店がある!

わたしはマレーシアに来てからドリアンが大好きになりましたが、今回は日本から遊びに来てくれた両親をドリアン専門店に連れていくことにしました。

ドリアンはスーパーやマーケットで売られています。

IMAGE

最高級品種は「猫山王」

わたしはマレーシアに来てからドリアンが大好
いろんな種類のドリアンが展示されていますが、猫山王は最高級品種です。

IMAGE

今回は初心者にも食べやすいということで、D24という品種を割ってもらいました。

重さで値段が決まりますが、写真の小ぶりのドリアンで500円ほどでした。

シーズン真っ只中であればもっと安くなります。

IMAGE

ドリアンはどんな臭い?

割ったとたん、ガスのような、腐敗した生ゴミのような独特な臭いが広がります。

両親は顔をしかめあまりの臭さに思わず咳き込んでいました。
店員さんたちは、日本から来たお客さんの反応を楽しんでゲラゲラ笑っています。

マレーシアに来た頃は私もこの強烈な臭いで気分が悪くなっていましたが、今は華やかないい匂い!と感じるようになりテンションが上がります。

味は?

いよいよ食べてみます。
おそるおそるひと口口に運びます。

母はペロッとひと口食べて、ペットボトルの水を一気飲みしました。

でも水を飲んだくらいではドリアンの強烈な臭いは消えません。

「うーん、食べれるけど、好きではない」という感じです。
父は腹をくくっては大胆にガブリといきました。
するとまさかの「食べれる!美味しい!」という反応。
店員さんたちもおー!!!と大喜び。

3回食べると虜に!?

実は、わたしはドリアン初体験は悲惨なものでした。

ドリアンの臭いは「ねこのおしっこ」としか思えず、ひと口食べると胸につかえた感じ、一粒食べるのがやっとでした。

ところがローカルにそれを話すと「ドリアンは3回試して初めて本当にドリアンが好きか嫌いかがわかる」と言われ、本当にそうでした。

3回食べて、すっかりドリアンの虜になりました。

シーズンになると、ドリアンが食べたくてうずうずします。どうしてこんなに好きになってしまったのか未だに信じられません。

IMAGE

ローカルに「ドリアンってどんな味?」と聞くと、クリーミー、甘い栗、チーズ、ビター、フルーティ、などと表現します。

食べたことがないと全く想像がつかないと思います。

同じ臭いをかいても、ドリアン好きな人は「なんていい香りなんだろう」といい、ドリアン大嫌いな人は、吐き気をもよおします。
とても不思議なフルーツです。

ドリアンについての豆知識

ここで、ドリアンについての豆知識です。
ドリアンとアルコールを一緒にとることは厳禁です。

アルコールとドリアンの成分が化学反応を起こすため、内臓が膨張し亡くなる人もいたそうです。

また、ドリアンは心拍数、血圧、血流を一気に上げる作用があるため、クールダウンさせるフルーツや飲み物と一緒にとることが多いです。

果物の女王といわれるマンゴスチンは体を冷やすフルーツです。

ドリアンとマンゴスチンは同じ季節に実るので、一緒の時期に手に入ります。

また、ココナッツジュースも体をクールダウンさせるのでおすすめです。

また、ドリアンのトゲトゲの皮には、消臭効果があるそうです。

ドリアンを食べた後は、その皮を器に水を飲んだり、その皮に注いだ水で指を洗って臭いとりをします。

ドリアン専門店はどこにある?

今回わたしが行ったドリアン専門店です。

▶ss2 Durian Stall

PT1967, Jalan SS 2/61, SS 2, 47300 Petaling Jaya, Selangor

ここは特に有名な場所というわけではありませんが、クアラルンプールの中心地からなら車で20分ほどの場所にあります。

シーズン中はドリアン専門店がそこら中にでるので、町歩き最中にいろんな所ですぐ見つけられると思います。

最後に

マレーシアに来られたら、ぜひドリアンチャレンジしてみませんか。

初チャレンジがイマイチなものでも、3回目には大好きになるかもしれません。
ドリアン金輪際お断りタイプになったとしても、話のネタにはなります。

ぜひ楽しんでください



 


★こじま

ライター

記事一覧へ

新着記事

 

関連記事

バリ島ウブド最古のホテルで芸術的な温泉露天風呂! 「チャンプアンホテル&スパ」

Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 ウブド最古のホテル&スパ バリらしく伝統があり、ウブド中心地にも近く、 歩いてビン […]

私がアメリカのスーパーでリピ買いする品を紹介!濃厚ヨーグルトとお土産に最適なキャンドル

こんにちはkitoです。 今回はアメリカ滞在中に毎朝食べた濃厚ヨーグルトと、お土産でリピートしたお気に入りのキャンドルをご紹介します。 海外旅行に行くと、町のスーパーマーケットを物色するの、女性はみんな好きですよね。 お […]

イタリアじゃない!?パスポートなしで行ける国、サンマリノ共和国

イタリアにあるようでイタリアでない国、バチカン市国が有名ですが、実はもう一つあります。 それがサンマリノ共和国(伊:Repubblica di San Marino)。 世界でも最も長い歴史を誇る共和国で、複雑なヨーロッ […]