【スイス】芸術家にも人気!ジュネーブの隣町「カルージュ」5つの魅力

IMAGE

カルージュは、スイス第2の都市ジュネーブ の隣にある小さな町です。

ジュネーブを流れるアルヴ川を挟んで南側に位置しています。

ヨーロッパ的な町並みの残るカルージュは芸術家や若者に人気があり、ジュネーブから居を移す人も多いのだとか。

ジュネーブからちょっと足をのばせば訪れることのできるこの小さな町の魅力をお届けします。

カルージュへのアクセス

カルージュへはジュネーブからトラムに乗って15分程で到着できます。

町の中心にあるBel Airベルエールから12番か18番のバスに乗っていきましょう。

カルージュの中心地、Carouge Marché カルージュ・マルシェで降りると散策に便がよいですよ。

カルージュは、人口たったの2万人、面積は2.7平方キロメートルのとても小さな町ですが、いまその人気はうなぎ上り!

たくさんのおしゃれなショップや芸術家のギャラリーがオープンしています。

カルージュが人気を呼ぶ5つの理由をご紹介します。

1.イタリア風の街並み

IMAGE

カルージュらスイスの一般的な町並みとはちょっと違う景観をもっています。

その理由は、カルージュの歴史に起因しているそう。

18世期に領土争いをしていたジュネーブとサボイア公国(北イタリア)が停戦条約であるトリノ条約を結んだ時、カルージュの町はサボイア公国の領土となりました。

その後、19世期の条約によってスイス側に帰属することとなりますが、その間、イタリアの文化の影響を色濃く得ることとなったのです。

そのため、町並みはどこかカラフルでイタリア的。

3階建ての背の低い建物が特徴的です。

美味しいイタリアンのレストランも数多く並びます。

スイスにいながらリトルイタリアを訪れる感覚を味わうことができるんです。

2.さまざまな食材がそろう市場

IMAGE

カルージュの中心にあるPlace du Marché プラス・デュ・マルシェ=市場広場は、その名の通り、水曜日と土曜日に市が立ちます。

市場には、パン、チーズ、イタリア食材、生ハムやサラミ、果物、野菜、ハチミツなどを売る様々なお店が並びます。

買いに来ているのはほとんどが地元客。ヨーロッパの生活を垣間見ることができます。

時間が合う時はぜひ市立つ日にカルージュを訪れてください。

3.美味しいレストランが多い

カルージュは地元の人にも評判の美味しいレストランが多いです。

ジュネーブ市内よりも安くて美味しいご飯を食べられるので、わざわざ出かけてでも食事をする価値があります。

小さくて素朴なお店や洒落たビストロ、テラス席が素敵なカフェなど狙いを定めて入ってみてください。

4.個性的でオシャレなお店が多い

IMAGE

芸術家も多く住むカルージュには、かわいいお店がたくさんあります。

いい香りのするパン屋さん、チーズ屋さんやお肉屋さんにワインショップ…

アンティークショップに紅茶専門店、ナチュラルコスメのお店などなどオシャレでかわいいお店が鈴なり!

IMAGE

ショッピングをするのにもおすすめの街なんです。

ジュネーブよりこぢんまりとした範囲に魅力的なお店がギュッとつまっているので、お土産も探しやすいんですよ。

5.魅力的なイベント

IMAGE

カルージュの教会の裏手にある大きな広場Place de Sardaigne プラス・ド・サルデーニュでは、定期的にイベントが開催されています。

イベントが開催しれるのは主に週末で、イベントの告知はカルージュ市ホームページやポスターなどによって行われます。

イベントの一例としては、トマトの収穫を喜び、トマトを味わう「トマト祭り」や、羊やヤギが出張してきて触れ合える「畜産祭り」などがあります。

いずれのイベントも子供が遊べるコーナーが設置されたり、食べ物の屋台が出て盛り上がります。

どれも素朴なイベントですが、地元の人に混ざって雰囲気を味わうのも滅多にできない体験です。

日程が合えばヨーロッパの休日を体験しに行ってみてください。

まとめ

ジュネーブ滞在中のスキマ時間に遊びに行くことができるカルージュ。

イタリア的な街並みの中に、スイス人の普段の生活を見ることができる魅力的な街です。

特におしゃれなお土産探しや、おいしいお食事におすすめの街。

ジュネーブから足を延ばしてぜひ出かけてみてください。

 

新着記事

 

関連記事

せっかくソウルに来たら立ち寄りたい、インスタ映えな韓国コスメショップ2選!

グテンターク!ドイツからビューティーインスタグラムを発信している、オペラです♪ 今回は夏休み番外編第二弾! 先日行った、韓国コスメ旅行での、私のお薦めコスメショッピングをお伝えします。 ➊イニスフリーのカフェで特別感いっ […]

フィリピン・コンテンポラリー料理 知る人ぞ知るケソン・シティ穴場レストラン

ケソン・シティとはどんなところ? ケソン・シティは、マニラ首都圏北部に位置し、マニラ中心部マカティ市から10キロほど北にあります。 フィリピンの人気放送局があり、政府機関、フィリピン大学、アテネオ大学もあり、文化・政治・ […]

アメリカ・ルート66の街の中でも最も有名な小さな街「セリグマン」のおすすめスポット

ルート66の概要 シカゴとサンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755キロ)のアメリカ最初の国道のひとつルート66。 すでに廃線となった今も多くのファンをはじめ、観光客が訪れます。 詳しくは知らないけれどルート66と聞 […]