[第一弾]ロンリープラネットお墨付き!ヨーロッパで今一番訪れるべき地域・エミリア・ロマーニャの厳選スポット

老舗ガイドブック『ロンリープラネット』オススメ地域ランキングを発表しているのはご存知でしょうか?

2018年のヨーロッパで訪れるべき地域第1位に選ばれたのが、イタリアのエミリア・ロマーニャ地方です。

https://goo.gl/vn2bnZ

山・平野・海と特色豊かな自然に恵まれており、見どころグ&ルメに事欠きません。

ロンリープラネットのビデオにも載っていない、厳選スポット3選をご紹介しましょう。

エミリア・ロマーニャ、どこにあるの?

まずは場所を確認。

イタリア半島北東部に位置しています。

ベネチア、フィレンチェ、ミラノの都市を結ぶ交通の要所です。

州都はボローニャです。

オススメ① 世界一小さい火山

ブスカ山(Vulcano Monte Busca)世界一小さい火山と呼ばれています。

どのくらい小さいかというと…


この通り。

地面からガスが排出され、酸素と接触することで発火しています。

あまりの小ささに

ジャンプもできます!

ガスが途切れない限り火は消えないのですが、心配になる火力なので石を積み上げて帰る人が多いです。

変な所で気が小さい、イタリア人の可愛い一面も見られますよ。

オススメ② ダンテも愛したハイキングスポット

イタリア文学最大の詩人、ダンテ。

政治戦争に敗れて追放され、流浪することになります。

その際に訪れたのがここアクアケッタ(Acquacheta)

標高1,000m近い山間にあり、その自然の雄大さに癒されます。

夏場は冷たい水と空気を求めて、冬場は雪と凍った滝を見るために多くの人が訪れます。

映画『インフェルノ』の題材にもなった、ダンテ作『神曲・地獄編』第6章はアクアケッタについて書かれており、山道の入り口には石板が掲げられています。

美しいせせらぎとは対照的に、その道のりが地獄のようだったのでは?という説もあるほど、ワイルドな山道です。

現在はダンテの時代より整備されて安全ですが、頂上までは足に自信のある人でも3時間が目安です。

体力は使いますが、疲れも吹き飛ぶ景色が広がっています。

http://www.okmugello.it/firenze-provincia/dante-acquacheta-san-benedetto

オススメ③ レオナルド・ダ・ヴィンチが造った港町

チェゼナティコ (Cesenatico)は、レオナルド・ダ・ヴィンチによって設計された港町です。

美しさと都市機能の両面に優れた町並みが今も残ります。

町の中心を走る運河には、実際に活躍した漁船が展示されており、人々を出迎えてくれます。

港町なので、シーフードが絶品!

特にムール貝などの貝類は、獲れたてを頂くことができます。

フィッシュマーケットやレストランでぜひお試しください。

港から少し離れた海岸沿いはこの地方屈指のビーチリゾート。海とショッピングを楽しむために夏は多くの人が訪れます。

イタリアのビーチスタイルは、パラソルを立てて一日のんびり過ごすこと。

ビーチバーでレンタルも可能ですので、来年の夏は、アドリア海を見ながら優雅に過ごすのも良いですね。

最後に

日本では馴染みの薄い地域ですが、訪れて損はありません。ぜひイタリアにお越しの際は足を伸ばしてみてください。

次回はエミリア・ロマーニャのグルメスポットをご紹介いたします。

ラグーソース、ラザニア、タリアテッレ、パルメザンチーズなどイタリアを代表する料理や食材が生まれた食にこだわる土地柄なので、料理も最高に美味しいですよ。

 

★Coco

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

タイの屋台で食べよう!焼いても揚げても蒸しても美味しい肉団子「ルークチン」

サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 タイのあちこちにある屋台。 在住者おすすめ!バンコクの屋台で食べたいタイの素朴なお菓子7選 今回はその中でも簡単に見つかり食べやすい、タイ […]

永遠の都ローマを100倍楽しむ!押さえたい観光スポット8選と、効率的に賢く周る方法を伝授!

世界各国訪れましたが私は「ローマ」 が一番好きです。アモーレ! ローマはロムルスとレムスという狼に育てられた双子の兄弟が建国し、ローマ帝国の首都として繁栄しました。ロマン溢れる必見スポットと、おすすめ宿泊地をご紹介します […]