イギリス・ヨークにあるカントリーハウス「カースル・ハワード」で、英国貴族の生活を体感しよう!

イギリスには「カントリーハウス」という英国貴族の邸宅があります。

「カントリーハウス」とは?

日本でも放映された英国ドラマ「ダウントンアビー」シリーズの大ヒットで、英国貴族の生活やカントリーハウスに注目が集まっているため、ご存知の方も多いと思います。

実は、その「カントリーハウス」・・・

一般公開されているため、建物の中に入ることができるのです。

(※現在も英国貴族が邸宅として利用しているところもあるため、カントリーハウスによっては邸宅の中は期間限定のみの公開、または年中非公開の場所もあります。)

敷居の高い英国貴族の生活をじかに感じることができ、イギリスらしい優雅な気分に浸れること間違いなし!

今回は、カントリーハウスの中でも最も美しい私有建築物のひとつとして知られる、ヨークの「カースル・ハワード」についてご紹介します。

敷地の中をトロリーが走るほど壮大な広さを誇る「カースルハワード」。

素敵な庭園と建物を、ぜひこの機会に体感してみてくださいね。

イギリスの代表的なカントリーハウス・カースルハワード

イギリスの人気観光都市ヨークの40km北にあるカントリーハウス、カースルハワード

宮殿のように壮大で美しい建物と庭園は、訪れる人誰もが圧倒されます。

18世紀に3代カーライル伯チャールズ・ハワードという、英国の名門貴族ノーフォーク公爵の分家として知られる貴族一家によって建てられました。

その建築作業は一筋縄ではいかず、結果的に110年あまりかけてようやく完成したそうです。

完成後も、火災がおき建物の一部が崩壊し大改修が行われるなど、多くの時代を乗り越え1952年から一般公開されています。

建造物・内装・庭園すべてが豪華!

カースル・ハワードは庭園のみか、建物の中に入るかによって料金が変わります。

〈チケット代〉

ガーデン 11.95ポンド*
ハウス&ガーデン 19.5ポンド*
※オンラインで事前に購入すると10%オフになります。
https://www.castlehoward.co.uk/visit-us/visitor-information/opening-times-and-prices

かなり広い敷地なので、すべてを見るには時間が必要ですが、どれも素晴らしく豪華で見る価値あり!
なので、1日費やしてじっくり見ることをオススメします。

〈建造物〉

〈内装〉

邸宅として使用されていた時代を再現したダイニングや寝室。

また、絵画や彫刻などもたくさん飾られており、美術館のようです。

〈庭園〉

建物の裏側にも広く広がる庭園には噴水や池などもあり、敷地にはトロリーが走っています。

子供が遊べる遊具や、池にはボート乗り場などもあり、庭園だけでも十分楽しめます。

ヨークからカースル・ハワードまではバス1本で行ける!

ヨーク中心部からカースル・ハワードまでは距離が少しありますが、市内バス1本・乗り換えなしで行くことができます。

・バス:181番(Malton行き)

ヨーク駅前Station Avenue⇄Obelisk カースル・ハワード

・所要時間:1時間弱

バスの本数は少ないため、カースル・ハワードに着いたらバス停の時刻表で、帰りのバスの時間を確認しておきましょう!

他にも魅力たっぷりのヨーク♩

ヨークと聞いて馴染みのない方もいるかもしれませんが、ヨークはイギリス有数の観光都市です。

世界中で人気のチョコレート菓子「KitKat」が生まれた街でもあるのです。

ヨークの見どころはまた別の記事でたっぷりお伝えしますね。

ロンドンからヨークまでは・・

ロンドン・キングクロス駅⇄ヨーク駅 直通電車 2時間弱

ぜひイギリスに来た際は、ヨークまで足を運んでみてくださいね。

カースル・ハワードは必見です!

新着記事


関連記事

リノベーションで生まれ変わった蔵前のおしゃれグルメスポット巡り

銀座や丸の内から電車で20分という抜群のアクセスを誇る蔵前。 駅近くには隅田川が流れ、川沿いにはきれいに整備された隅田川テラスが広がり、散歩やランニングにぴったりの場所が広がっています。 そんな蔵前は、もともと物づくりの […]

他の人と差をつける!韓国のお土産選びのポイントを紹介!

海外旅行で欠かせないものといえば…お土産。 日本から近く、時差もないことから旅行先として人気を集めている韓国ですが、ハングル文字や種類の豊富さから、どんなものを買えばいいか分からない人もいるはず。 そこで今回は、定番の韓 […]

絶対に押さえたい!ジュネーブを1日で満喫するモデルコース

スイス第2の都市ジュネーブ。 スイス最西端にあり、フランスと国境を接する町です。 中世の面影が残る旧市街や、レマン湖畔の遊歩道は、古き良きヨーロッパの雰囲気にあふれています。 同時に、国際連合や赤十字など数多くの国際機関 […]