子連れにもおすすめホテル!美食の郷アルボワのオーベルジュ、「メゾン・ジュネ」の魅力~サービス・レストラン~

フランス東部にある小さなアルボワの村。

一見、名の知れない小村のように思われますが、ここは言わずと知れた美食の村。
ワインやチーズ、職人の作るチョコレート、名産の黄色いワインをソースに使った鳥料理など名物がたくさんあります。

そんなアルボワの村を美食の郷たらしめたと言っても過言ではないのが、Maison Jeunet(メゾン・ジュネ)の存在です。

Maison Jeunet(メゾン・ジュネ)とは?

メゾン・ジュネは、アルボワにあるオーベルジュです。

オーベルジュとは、ホテル・レストランのことですが、ホテルにレストランか併設されているのではなく、レストランにホテルが付帯されている施設をオーベルジュと呼びます。

違いがいまいち分からないって?

では、オーベルジュについて簡単にご説明します!

オーベルジュとは、綴りはAubergeと書きます。

オーベルジュとは、レストランという食事がメインのサービスが発展した宿泊施設のことで、要は『泊まれるレストラン』。

ホテルは宿泊がメインのサービスで、そこにレストランなどのサービスが付帯した形の業態です。

オーベルジュは直訳すると『旅籠』と訳されます。

郷土料理を提供するレストランホテルを意味するフランス語です。

フランスではオーベルジュの歴史は古く、中世まで遡るとも言われています。

オーベルジュは大抵、大都市から離れた田舎にあるため、馬車や車でわざわざ料理を食べに来た人が食事やお酒を楽しみ、ちょっと帰るのがめんどうになっちゃってレストランの2階やスタッフの居住スペースに泊まるようになり、それがおもてなしに発展したのが始まりなのだとか。

メゾン・ジュネはまさにその典型のようなオーベルジュで、田舎の小さな村に佇む、レストラン主体の宿泊施設です。

ミシュランの2星のレストラン

レストランはなんとミシュランの2星を獲得しており、先代のJean-Paul Jeunet(ジャン・ポール・ジュネ)氏が2006年に獲得している2つの星を現シェフでジャンポール氏のセカンド・シェフを務めたSteven NAESSENS(スティーブン・ナーセン)氏が2016年、2019年とその輝きを維持しています。

スティーブン・ナーセン氏は、2015年の終わりから2016年の始めにかけて彼の奥さんのマジョリーと共にこのオーベルジュを引き継ぎ、2016年、2019年とその輝きを維持しています。

つまりレストランを引き継いですぐに2星を獲得したということですね。その実力たるや…!

ホテルの入り口には2016年2つ星の看板がありました。

スティーブン氏の作る料理は、新しい味との出会いに満ち溢れています。

これまで味わったことのないフレンチを体験できました。

ハーブがふんだんに使用されたフランス料理は軽めで日本人にも味わいやすかったです。

使用されている焼き物のお皿もオシャレで装飾的な料理を引き立てます。

まるで料理という絵画を引き立てるキャンバスのようです。

レストランの内装は白を基調としてシックにまとめられています。

石壁や木の梁がむき出しになっているところに白いペンキを塗っただけのシンプルさ。

こちらもまるで真っ白なキャンバスのよう。だからこそ料理が引き立つような気がします。

メニューは、152ユーロから。

海と陸で獲れた8つの厳選素材を味わうことができます。

まるでどれもがメインディッシュかのような豪華さです。

そして、メゾン・ジュネの魅力はレストランだけでは終わりません。

ぜひ宿泊してその魅力を存分に味わってください。

お部屋

お部屋は小ぢんまりとしたシンプルなお部屋ですが、上品に装飾されています。

なんと言っても嬉しいのはこんな小さなおもてなし。

子連れにもおすすめ

我が家は子連れで宿泊したのですが、特にリクエストしなかったのにおもちゃがお部屋に用意されていました。

こんなサービスは初めてでとても感動しました。

オーベルジュのスタッフはとても優しく、ホスピタリティに満ち溢れていました。

メゾン・ジュネでの朝ビュッフェ

宿泊客のみが楽しめる特権が、メゾン・ジュネでの朝食です。

朝食はシンプルなビュッフェ。

ジュラ地方の名産品や地元で採れたものを使用したこだわりの朝食です。

手作りのケーキや焼き立てのパン、フレッシュなヨーグルトやチーズが並びます。

シンプルゆえに滋味深いこの朝食、泊まった人にしか味わえない2つ星レストランの朝食なんです!

アルボワは小さな村で見どころはたくさんありません。

ですが、美味しいものを食べて、飲んでゆったりするのにぴったり!

たくさん食べて飲んだら眠たくなりますよね?アルボワに来たらぜひ、メゾン・ジュネに泊まってください。

お休みが多いので、行かれるときはよく確認してから行きましょう。

▶Maison Jeunet(メゾン・ジュネ)

住所: 9 Rue de l’Hotel de Ville 39600 Arbois
電話番号: +33 (0) 384 660 567
ホームページ: https://maison-jeunet.com/
メールアドレス: contact@maison-jeunet.com
レストラン営業時間: 月、金、土、日曜日 12:00-13:30、19:30-21:30
火、水、木曜日定休(7月、8月以外は火曜、水曜日休み)

 

★yukacco

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

360度の大パノラマ!ラ・マンチャの台地に聳え立つ古城アラルコン、中世に浸るパラドール

スペインの首都があるマドリード州の東と南に接するカスティリャ・ラ・マンチャ州。 一般的なイメージは、ラ・マンチャを舞台にしたセルバンテス著「ドン・キホーテ」に登場する“風車”でしょうか。 さらに、マドリードから日帰り観光 […]

人気上昇中!【イタリア】世界遺産の街ペルージャ県「アッシジ」を歩く~聖地と歴史・グルメ~

世界遺産の町が多いイタリアですが、その中で最も厳かでクリスチャンにとって特別な意味を持つのがアッシジです。 キリスト教の宗派「フランチェスコ協会」を設立した、聖フランチェスコの生まれ故郷であり、今もこの町の守護聖人として […]

【ポルトガル・リスボン】エッグタルトの老舗人気店「パスティス・デ・ベレン(Pasteis de Belem」へは朝イチがおすすめ!

ポルトガルといえば、エッグタルトが有名なのはご存知の方も多いと思います。 日本でも人気のエッグタルト。 マカオの名物としても知られていますが、元を辿れば、ポルトガルで生まれたスイーツなのです。 そんなポルトガルには、数多 […]