【コロンビア】第2の都市“花の都”「メデジン」、カリブ海に面する世界遺産の町カルタヘナ

こんにちは!フランシュ・コンテ在住のテン子です。

前回は、神秘的なシパキラの塩のカテドラルや、コロンビアコーヒーの産地“カフェ・トライアングル”をご紹介しました。

黄金郷(エル・ドラード)伝説の国、コロンビアならではのユニークな観光スポット


今回は、アンデスに抱かれる“花の都”メデジン、さらにカリブ海の世界遺産都市カルタヘナをご紹介します。

美女の多い町としても名高い“花の都”メデジン

アンデスに抱かれる町メデジン。標高1,500メートルの高原は気候も穏やかで、コロンビア人の“住みたい町NO1”に輝くのもうなずけます。
1980年代、反政府左翼ゲリラ(FARC)や麻薬組織メデジンカルテルの存在から、“世界一危険な町”といわれたメデジンも、現在は毎年8月に開催されるフラワー・フェスティバルで世界的に有名です。
メデジンの観光ポイントとして、まず「ヌティバラの丘」があります。ここからは、メデジンの町が一望できますよ。

さらに、空中からメデジンを見下ろす「メトロカブレ」

丘陵地帯に張り付くような民家の真上を通ります。

メデジン出身の画家・彫刻家として世界的に名高い
ボテロの作品『アンティオキア博物館』

独特な曲線美が特徴のフェルナンド・ボテロの作品は、柔らかい印象を受ける一方で、実は強いメッセージが込められています。近くの憩いの広場にも彫刻作品がありますよ。

“花の都”を体感する花農家の訪問

8月初旬のフラワー・フェスティバルはおすすめですが、“花の都”を感じるなら花農家の訪問も可能です。
場所はメデジンから約20キロのサンタ・エレナ村。

フラワー・フェスティバルの花のオブジェも見学できます。

カリブ海に面する世界遺産の町カルタヘナ
カルタヘナは、コロンビア観光の代表的な町といえます。カラフルなコロニアル風の建物が並ぶ旧市街は世界遺産です。

旧市街の門をくぐると別世界が広がります。馬車で旧市街を散策もおすすめです。
カルタヘナが築かれたのは1533年。その後、海賊の攻撃を受けることが多かったため、1657年にサン・ラサロの丘に「サン・フェリペ要塞」が建設されました。旧市街とともに世界遺産に登録されています。

カルタヘナの港からは、沖合に浮かぶロサリオ諸島へのクルーズもありますよ。

南米解放の父シモン・ボリバル最期の地サンタマルタ

カルタヘナの東230キロの町サンタマルタは、19世紀前半ラテンアメリカの解放と統一のために戦ったシモン・ボリバル最期の地です。
彼はグランコロンビアを築いたあと失脚。サンタマルタのサン・ペドロ・アレハンンドリーノ農場で47歳の生涯を閉じました。農場にはボリバルゆかりの調度品などが展示されています。

サンタマルタ近郊には、カリブ海から内陸にわずか42キロ地点に、5,000メートル級のシェラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタが聳えています。早朝がチャンスですよ!

おわりに

アンデス山脈とカリブ海に抱かれるコロンビア。
今回ご紹介した観光ポイントを効率よくめぐるには、手配旅行やグループ旅行をおすすめします。
機会がありましたら、是非訪れて下さいね。
こちらの記事も是非ご覧くださいね!

黄金郷(エル・ドラード)伝説の国、コロンビアならではのユニークな観光スポット


★テン子

ライター
記事一覧へ

新着記事


関連記事

フランスの人気リゾート地「アヌシー」で街歩き!アクセス方法やパワースポットも

フランス東部にあるローヌ・アルプ地方。 スイスやイタリアと国境を接する自然豊かな美しいところです。 雄大なアルプスの山々を背後に臨み、その湧水をたたえる美しいレマン湖やアヌシー湖…。 その透明度は世界随一とも言われていま […]

アメリカ・ルート66の街の中でも最も有名な小さな街「セリグマン」のおすすめスポット

ルート66の概要 シカゴとサンタモニカを結ぶ全長2347マイル(3755キロ)のアメリカ最初の国道のひとつルート66。 すでに廃線となった今も多くのファンをはじめ、観光客が訪れます。 詳しくは知らないけれどルート66と聞 […]

バラマキ土産に最適!ドイツのドラッグストアで、ヴェレダやクナイプのミニサイズコスメを買おう!

グーテンターク!ドイツからインスタグラムでコスメ情報を発信しているオペラです♪ 今日は気軽に買えて、絶対に喜ばれるお土産、ドイツのドラッグストアで買えるミニサイズコスメのレポです!手に取るだけで可愛いベビーサイズのコスメ […]