ドイツといえばサッカー!ブンデスリーガを観戦しよう

IMAGE
https://pixabay.com/ja/

ドイツと聞いて真っ先にサッカーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

あまり詳しくない、という方も、この記事を読んでサッカー観戦を旅の目的の一つに加えてみませんか?

ブンデスリーガとは?

IMAGE

https://pixabay.com/ja/

ドイツのサッカーリーグ。

所属チームでは、バイエルン・ミュンヘンやボルシア・ドルトムントなどが日本でも有名です。

2002年の日韓W杯以降、高原選手や稲本選手など日本代表で活躍した選手が移籍して、日本でも知名度が上がったリーグです。

Jリーグ設立の際、リーグシステム・選手育成システムなどのお手本にしたサッカーリーグとしても知られています。

2010年シーズンに香川選手がボルシア・ドルトムントに移籍し活躍して以降、日本人選手の存在感がうなぎ上りに。

一時期は10人を超える選手がブンデスリーガでプレイしていたこともあります。

スペインのラ・リーガ、イングランドのプレミアリーグと並び称される、ドイツのブンデスリーガ。質の高いサッカーを当地のスタジアムで観戦してみましょう。

日本人は今どこにいる?

ブンデスリーガ

長谷部誠:アイントラハト・フランクフルト (フランクフルト市)

鎌田大地:アイントラハト・フランクフルト (フランクフルト市)

大迫勇也:ヴェルダー・ブレーメン (ブレーメン市)

ブンデスリーガ2部

宮市亮:FCザンクトパウリ (ハンブルク市)

原口元気:ハノーファー96 (ハノーファー市)

遠藤航:VfBシュトゥットガルト (シュトゥットガルト市)

2部も面白い!

IMAGE

https://pixabay.com/ja/

日本の場合、J1とJ2を比べるとガタッと格が落ちるイメージがあるかもしれません。

しかし、ドイツの場合は2部と言えども他国と比べてレベルが高く、トップリーグと見劣りしないサッカーを観戦できます。

ファンの熱狂も1部と変わりません。

観戦料金が少し割安なブンデスリーガ2部。

気軽にスタジアムに向かうにはうってつけですね。

チケットの入手方法

IMAGE

https://pixabay.com/ja/

基本的に試合当日、スタジアム隣接のチケットショップで観戦チケットは買えるのですが、バイエルン戦やドルトムント戦、2部でも年間パスが即売り切れるようなザンクトパウリの主催試合などは当日入手は困難と考えた方がいいでしょう。

まずは、各クラブ公式のオンラインチケットショップを覗いてみます。

購入可能であればラッキー!オンラインで予約し、当日、予約番号を持参して、チケットショップで観戦チケットと交換します。

サイトは基本的にドイツ語表記ですが、最近では英語で表示できるものも増えてきました。

アクセスしたらまずページ右上をチェック。アメリカかイギリスの国旗があれば迷わずクリックしましょう。

もし、Sold Outの表示が出てしまったら、下記のサイトにもアクセスしてみましょう。

▶ブンデスリーガ公式のチケット転売サイト

https://www.viagogo.com/

https://www.stubhub.de/

https://www.stubhub.co.uk/

希望の試合のチケットが見つかるかもしれません。

サッカーの本場で試合を観戦しよう

IMAGE

https://pixabay.com/ja/

2014年のブラジルW杯で優勝したドイツ。国内リーグも代表戦以上に盛り上がります。

サッカーが好きな人はもちろん、あまりスポーツに関心がない人でもひと目見れば、すぐにとりこになってしまうこと間違いなし。

ぜひ、旅先や滞在先でチェックしてみて下さい。



 

新着記事

 

関連記事

【アメリカ絶景☆】自然と長い時間が創り出した大自然のアート!ユタ州アーチーズ国立公園(前編)

迫力満点のデリケートアーチを求めて…! 日本人にはあまり知られていないのがもったいないアメリカの国立公園、アーチーズ国立公園。 旅番組でも見たことがないし旅行本の「地球の歩き方」でも見ない限り知るキッカケがなかなかないか […]

毛穴対策や美白効果も!タイ・チェンマイの薬草ハーブサウナ「オールド・メディスン」を満喫しよう!

今回はチェンマイのサウナについてご紹介したいと思います。 南国のタイでサウナなんて暑すぎて耐えられないと感じる方もおられるかもしれません。 しかしタイ北部チェンマイの冬は意外と寒く、朝晩の冷え込みが強く、ダウンジャケット […]

自宅でニューヨークのオペラ鑑賞ができる!グッズまで買えちゃう便利なシステムを紹介

https://www.metopera.org/ コロナウイルス拡大の影響で、Stay in Homeの動きが世界的にひろまっていますね。 流行の中心地となってしまったニューヨークでも、多くのニューヨーカーが家にとどま […]