東南アジア旅行に必須!ミャンマーでタクシーを呼ぶならアプリGrabの使い方をマスターしよう!

    IMAGE

    中国や日本の企業が進出し、経済発展が進むミャンマーの大都市ヤンゴン。

    市内は空港からのアクセスも良く、初めて東南アジアにくる人でも気軽に来れるのが魅力の都市です。

    でも、言語も分からない異国の地で心配なのがタクシーです。

    だまされるんじゃないか、ちゃんと目的地につけるんだろうか…。

    色々心配になりますよね。そんな時は、タクシーアプリ「Grab」を使いましょう!

    今回はGrabの使い方をご紹介しますよ。

    Grabは便利で安心なタクシーアプリ

    IMAGE

    日本ではまだあまりなじみがありませんが、Grabは海外で使えるタクシーアプリです。

    シンガポールやマレーシアなど、東南アジアではとてもポピュラーなアプリなんです。

    アプリ自体も無料ですし、アプリを使う際もタクシー代以外に請求されることはありませんから安心です。

    Grabの便利なポイント

    特にヤンゴンに来る際は、Grabを使った方がいい理由があります。

    便利なだけではなく、安心して旅行が楽しめるようになるGrabのメリットをご紹介します。

    ①出発地から目的地まで地図上で指定できる

    最初の便利なポイントが、アプリの地図上で出発地から目的地まで指定できるので、運転手とコミュニケーションをはからなくても、正確な場所にたどり着けることです。

    慣れない外国語で行きたい場所を伝えるのは至難の業ですが、そのストレスから解放されますよ。

    ②金額が決まっているから騙されない

    海外でタクシーを使う際に心配なのが、外国人価格を吹っ掛けられることです。

    ミャンマー人は基本的に良い人が多いですが、外国人価格というものが存在し、タクシーも自分で拾うとかなり高い値段を言ってきます。

    Grabを使うと、適正価格が表示されて、それ以上を要求されることはありません。

    安心して乗車することができますよ。

    ③運転手の顔写真、車のナンバーまで表示されるから見つけやすい

    いざマッチングしたタクシーを探さなければいけない、という時も、Grabを使うと登録している運転手の顔写真と車のナンバーが表示されます。

    一目瞭然で探せるので、無駄な労力を使わずに済みます。

    ④いざという時のための緊急ボタンがついている

    特に女性の海外の一人旅行などの際は安全面にも気を付けたいですよね。

    特にタクシーを利用する際は気を付けたいものです。

    Grabのアプリには、乗車後に緊急ボタンが表示されて、万が一の時は通報できるようになっています。

    そのボタンの存在自体が抑制力にもなるので、自分で拾うよりもより安心してタクシーに乗車することができます。

    Grabの使い方

    IMAGE

    Grabの使い方はとても簡単です。

    ここから画像で説明していきますね。

    ①青い矢印の出発地点を定める

    IMAGE

    まずは出発地点を決めます。

    GPS機能をオンにしておくと、今自分がいる場所が自然と出発地点になるので便利です。

    違う場所を出発地にしたい場合は、右上の地図ボタンを押してカーソルを合わせます。

    ②赤い矢印の到着地点を定める

    IMAGE

    出発地を確定したら、次は赤い矢印の到着地点を確定します。

    有名な場所なら施設名を打ち込んで探すこともできます。

    もっと細かく指定したい時は、右上の地図ボタンでカーソルを合わせましょう。

    ③確定を押して、運転手がマッチングするのを待つ

    IMAGE

    目的地を確定したら、金額が出てきます。

    プロモーションがある場合はここで使います。

    全部正しいことを確認したら確定ボタンを押して、運転手がマッチングするのを待ちます。

    ④到着したらお金を払って終了

    運転手から電話がかかってくることもありますが、ミャンマー語が話せないと分かればすぐに電話を切って自力で来てくれます。

    地図上で今タクシーがどこまで来ているかも確認できますよ。

    タクシーに乗り込んだら、あとは目的地まで待つだけ。

    到着したら、アプリ上にかかれている金額を払って終了です。チップなども一切必要ありません。

    Grabを使う際の注意点

    ヤンゴンでGrabを使うなら、アプリ自体は日本でダウンロードしておくことがおすすめです。

    その方が到着してからスムーズですよ。

    ただ、現地の電話番号でアカウント登録するとドライバーからの電話を受け取れたりと便利なので、ダウンロード後の設定は、ヤンゴンについてSIMカードを買ってからにしましょう。

    また、クレジットカードを登録してクレジット決済にしたい、という場合は日本でカードを登録しようとするとエラーがでるので要注意です。

    現地についてから登録する必要があります。

    その際は、大事な個人情報なのでVPNに接続してから登録するなど、安全にも気を配りましょう。

    ヤンゴンに行くならGrabは必須

    IMAGE

    今回はGrabの良さを分かっていただけたでしょうか?

    ヤンゴンではタクシー以外の交通手段はバスしかありません。

    でもバスは路線図もなければ、乗れるかも怪しいボロボロのバスばかり。

    タクシー利用が断然おすすめです。

    日本に比べたらタクシーもかなり格安で乗ることができるので、Grabを使ってぜひぜひトライしてみてくださいね。

     


      ★Yucco

      ライター
      記事一覧へ

      新着記事

       

      関連記事

      日本のバスとはどこが違う?フィリピン(ダバオ)のバスの乗り方・運賃について紹介

      フィリピンのバスって? フィリピン、特にダバオにおいてバス交通の位置づけは主に長距離輸送です。 片道100㎞以上の区間をピストン運行するイメージです。 ただ、ジープニーというもっと小型の輸送手段が通っていないルートを運行 […]

      使わなきゃ損!外国人割引きチケットがある台湾の新幹線

      こんにちは、hanaです。 台湾には新幹線が開通しており、台中や台南、高雄にお手軽に遊びに行くことができます。 台北も観光スポットや食べものが多いですが、他の都市も魅力が沢山あります。 まだ開発が進んでいない、台湾中部や […]

      バリ島の大事なお祭り【ガルンガン&クニンガン】 〜バリ島がよりバリ島らしくなる〜

      Om Swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです。 バリ島旅行でちょっと注意しなければならないのが、宗教上のセレモニー。 インドネシアはイスラ […]