ダバオは水道水飲める?!フィリピンの水事情と注意点について

    海外旅行と水

    海外旅行でちょっと神経質になることの一つは水ではないでしょうか。

    水が合わないとお腹を下して、せっかくの海外の料理も楽しめないからです。

    下手したらホテルのトイレに缶詰めの思い出しか残らないかもしれません。

    しかも東南アジアとなると、さすがに気をつけて生水は飲まないようにしようと思われることでしょう。

    結論から言うと、その考え方は正解だと思います。

    私自身お腹が強い方ではないので、フィリピンのレストランで出てくるサービスの水はあまり飲まないようにしています。

    特にマニラではホテルで歯を磨いて口をゆすぐときにもできればペットボトルの水を使うようにしています。

    フィリピンは基本水道水は飲めない

    フィリピン全体でみると、水道水のレベルは飲用に適していない地域がほとんどです。

    それはセブやボホールなど観光地や、マニラのような大都会でも同様です。

    首都でも水道水が飲めるなんて日本は特別なんですね。

    でもダバオでは…

    でもダバオでは、水道水が飲めるレベルに整備されています。

    それを美味しいと感じるかは別として、安全性で言えば問題ありません。

    お腹の丈夫さに自信がある人は、ホテルの水道水もレストランのサービスの水も普通に飲めます。

    もちろん自己責任で、ですが。

    ホテルにはたいていケトルがありますから、沸騰させてからであれば猶の事安心でしょう。

    ペットボトル水は安心で安い?

    いくら水道水が心配だからと言って、口にする水を全てペットボトル水だけにするなんてことになれば、さすがに高くついちゃいますよね。何しろ南の国。

    水分を摂取しなければ簡単に熱中症になってしまいますから。

    でもご安心ください。

    フィリピン産のペットボトル水は安心!

    フィリピン国内ブランドのペットボトル水は信頼できて安いです。

    セブンイレブンなどのコンビニはもちろん、スーパーにだって日本よりずっと多くの飲料水が販売されています。

    それだけ需要があるのでしょう。

    そんなわけで、サイズも6Lの特大から330mlまで豊富です。

    500mlでおよそ10~15ペソ(約20~30円)、5Lで60ペソ(約120円)と地元の人にも愛されるお手頃価格です。

    うっかり忘れがちなのは氷!

    ダバオでは気にすることはありませんが、その他の地域で水道水が飲用に適していないということから、レストランでジュースなどの飲み物を頼むときに気を付けたいことがあります。

    それは氷が水道水で作られているかもしれないということです。

    水を飲まなければ大丈夫と思ってうっかり、ということがありうるんですね。

    もちろんそれなりのお高いお店なら大丈夫でしょうけれど、地元密着の味を楽しもうとする方で、お腹が強くないという方はぜひとも飲み物は氷抜きで飲みましょう。

    封をされた小瓶に入ったまま提供されるもの(コーラやスプライトなど)もありますので、そういうものならなお安心ですね。

    結論:

    フィリピンでは地元の飲料水を買って飲みましょう。

    ダバオ以外ではサービスの水と、氷に気を付けて安全に、健康に旅を楽しみましょう♪

     

    新着記事

     

    関連記事

    バンコクのMRTブルーライン遂に全駅の正式運行スタート!料金や営業時間は?

    サワッディーカー。 タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 2020年3月30日、バンコクとその近郊を繋ぐ電車MRTブルーライン線の全駅正式運行が始まりました。 今回は新たに正式運行される事になった […]

    マレーシア都心部の交通機関!電車・タクシー・バスの乗り方を解説!注意点も

    マレーシア の都心部を旅行する場合、基本的にタクシー、電車、バスを使って移動することになると思います。 今回は旅行客にオススメの移動手段について、特に電車の乗り方をお伝えします。 タクシーの乗り方 まずタクシー利用につい […]