マレーシアでSIMカードを手に入れよう!おすすめ購入場所やプランなど


自由にデータ通信ができるだけで、一気に旅の安心感が増しますよね。

タクシーを呼んだり、お店を検索したり、道を調べたり、翻訳・通訳したりなにかと必要になってきます。

そこで今回はマレーシア旅行をされる方のために、プリペイドSIMカードについてお伝えします。

マレーシアの代表的なSIMカードは?

マレーシアで代表的なSIMカードは、

➀HOT LINK(maxisが親会社),
➁digi, bluecube(celcomが親会社),
➂U Mobile,
➃Yes

です。

どこで買える?

空港、コンビニ、ショッピングモール、町中のお店など至る所で購入できます。

マレーシアに到着してすぐにSIMカードがほしいという方は、空港のイミグレーションの前と後にSIMカードのお店が並んでいますので、そこで購入できます。

滞在期間にや条件に合わせたプランを

空港で購入する場合、少し割高になりますが、観光客向けにSIMカードスターターパック+データ+通話全て込みのパッケージを販売しています

スタッフに滞在期間、電話機能は必要か、どれくらいデータが必要かといった条件を伝えると、それに合うプランを紹介してくれます。

値段とパッケージは定期的に変わるようですが1,000円〜2000円の予算で十分だと思います。

携帯の言語を英語に設定しておけば、スタッフがその場でSIMカードの設定まで全てやってくれます。

購入は現金のみで、パスポートの提示が必要です。

もし急いで空港で手に入れなくてもよいという方は、町中の店舗で購入されることをお勧めします

空港より安く、基本設定の料金で購入できます

例として、人気の2社HOT LINKdigiのSIMカードを購入する場合を取り上げてみます。

➀HOT LINK

まず、赤が目印のHOT LINKです。

これがスターターパックで中にSIMカードが入っていて、黒の太字で書かれているのがSIMカードに当てられた番号です。

RM10なので日本円で270円ほどです。
これに欲しいだけデータを追加しますが、
有効期限が1週間で1.5G、RM10(約270円)、もう少し長く旅をするなら、有効期限1か月で2G、RM30(約810円)です。

通話機能付きの値段になります。

➁digi

次に、黄色が目印のdigiです。

スターターパックはRM8で約220円です。

これにデータを追加しますが、
有効期限が1週間、1.5GでRM15(約400円)のプラン、
有効期限1ヶ月、5GでRM38(約1000円)のプラン

があります。

通話機能付きでこのお値段、日本よりはるかに安いのでびっくりします。

LINKdigiも購入は現金のみで、パスポートの提示が求められますので、忘れず持参してください。

町中と比べて空港は少し割高になると書きましたが、それでも日本のデータプランよりもはるかに安いです。

ぜひSIMカードを手に入れて安心な旅を楽しんでください。最後に。SIMフリーの携帯をお忘れなく!

 


★こじま

ライター

記事一覧へ

新着記事


関連記事

マレーシア 旅行必須!タクシー配車アプリ「‘Grab Taxi’」って?

はじめてのマレーシア旅行! 現地の人とのコミュニケーションが思うように取れない海外では、スマホが頼り!という方も多いのではないでしょうか。 今回は、マレーシア 旅行必須アプリ‘Grab Taxi’をご紹介します。 町でよ […]

【子連れ必見!】アメリカ旅行(本土)お役立ち情報~持ち物・食事・ホテル~

アメリカは日本と比べると、とても子連れに寛容な雰囲気です! 小さなお子さんも一緒に色々なアクティビティに挑戦できます。 しかし、初めて子連れアメリカ旅行をする場合、何をどれくらい準備していけばいいか不安な方もいらっしゃい […]