【必見!】在住者が教えるサンディエゴ旅行で気になる気候(気温)や服装、季節情報

カリフォルニア最南端の都市、サンディエゴは全米人気都市ランキングにも登場する人気の旅行先。

「1年中穏やかで過ごしやすい気候」と評判ですが、実際行くとなったら何を準備して行けば良いのかわからない方もいるかもしれません。

サンディエゴはエリア内に沿岸部と山岳部、砂漠地帯があり、地域によって気候が変わります。

今回はビーチやテーマパークが集まる沿岸部を中心に、サンディエゴの季節ごとの気候や注意点についてご紹介します。

目次

1.穏やかで過ごしやすい沿岸部
2.春(3~5月)
3.メイグレイとジューングルーム(5~6月)
4.夏(6~8月)
5.秋(9~11月)
6.冬(12~2月)
6.おすすめの持ち物や持ち物・注意点
まとめ

1.穏やかで過ごしやすい沿岸部

カリフォルニア州第二の都市サンディエゴ。

沿岸部には企業のオフィス、日本人にも人気の学校、テーマパークやビーチが集まっています。

日本と比べて1年を通して気温の変化が少なく湿度が低いので、全体的にとても過ごしやすい気候となっています。

穏やかすぎて日本のように四季がはっきりとはしていませんが、季節や月ごとになんとなく特徴があります。

2.春(3~5月)

IMAGE

3月は街中やハイウェイ沿いの花が咲き始め、華やかな雰囲気です。日中は20℃くらいまで上がりますが、夜間は10℃前後まで下がるので体温調節に注意が必要です。

4月に入ると最高気温は20~25℃まで、最低気温も15℃くらいまであがります。3~4月は降水量も少なく、観光しやすいです。

3.メイグレイとジューングルーム(5~6月)

IMAGE

1年中カリフォルニアらしい晴天のイメージがあるサンディエゴですが、5月に入ると沿岸部には湿った空気が停滞し、約1か月間どんよりとした天気が続きます。

空は霧や灰色の雲に覆われることが多く、3~4月にかけて上がった気温が下がり、冬のように寒くなってしまう年もありました。

霧や雲は午前中だけの日もありますが、1日中続くことも。

現地ではこのような天気を『May Gray』、『June Gloom』と呼んでいます。

写真映えのしない空にはなってしまいますが、普段の日差しが強すぎるので、個人的には外で活動しやすい季節だと思います。

4.夏(6~8月)

IMAGE

どんよりした天気は例年6月中には終わり、夏になっていきます。気温はどんどん上がりますが、暑くても最高気温は25~30℃、最低気温は20℃前後です。湿度は低く、からっとした晴天が続き、まさにカリフォルニアといった感じの気候になります。

暑すぎず、じめじめもしない最高の気候ですが、海水温は少し冷たいのでビーチで過ごす際は注意が必要です。

IMAGE

夏らしい気温は9~10月まで続く年もあれば、9月に入ってガクッと気温が下がった年もあり、9~10月に渡航する時は天気予報のチェックをした方が良いでしょう。

5.秋(9~11月)

IMAGE

(引用元:https://www.pexels.com/)

9月10月に入っても暑さが続いている時もありますが、夜間の気温は下がっていきます。

暑い年ほど1日の寒暖差があるので注意が必要です。
10月の最高気温は例年25℃前後、11月には20℃くらいまで下がります。

日本や他のアメリカの都市ほど気温の変化はありませんが、秋はハロウィンやサンクスギビングデーなどのイベントで季節を感じることができます。

6.冬(12~2月)

]
IMAGE

サンディエゴの冬は暖かいです。他の季節と比べると寒いですが、12~1月の最高気温は20℃、最低気温15℃もあります。

2月は年によって暑い時と寒い時があり、直前の情報収集が必要です。

7.おすすめの服装や持ち物・注意点

夏服が基本

基本的に日中の気温は20℃以上、日差しが強いので体感温度はもっと暑く感じます。
おすすめの服装は夏服+夜間や日差し対策の上着。雨季や冬は厚手のパーカーやジャケット、それ以外の季節は薄手の長袖があると便利です。

日焼け対策グッズ

サンディエゴは曇りや雨の日が少なく、基本的にきれいな青空が続きます。5月以外は日差し対策マストです。

帽子、日焼け止めはもちろん、サングラスがあると目の負担が軽減されます。

もし日本から持ってくるのを忘れても、日差し対策グッズはどこでも揃います。

ダウンコートは要らない

サンディエゴでは冬でも10~15℃なので、日本の冬に着るようなコートは出番がありません。

現地の情報収集

異常気象などの影響によって、ここ数年サンディエゴは毎年天気の様子が違います(特に1~2月、5~6月、9~10月)。

渡航が決まったら、必ず直前に天気の情報も確認した方が良いでしょう。

まとめ

IMAGE

(引用元:https://www.pexels.com/)

サンディエゴの気候についてご紹介しました。日本の初夏から湿気を取り去ったような、暖かくて過ごしやすい気候がほぼ1年中続きます。

過ごしやすい気候の中、遊びも観光もめいっぱい楽しめるサンディエゴはおすすめの旅行先です。

 

新着記事

 

関連記事

カンボジア観光の移動はトゥクトゥクで!トゥクトゥクアプリの使い方

カンボジアを観光するとき、移動はどうすればいいんだろう…? そう思った方必見! 今回はカンボジア観光の足であるトゥクトゥクをアプリで簡単に呼ぶ方法をお伝えします。 そもそもトゥクトゥクとは?移動はトゥクトゥクがおすすめ! […]

女子旅にはこれが必須アイテム!準備すべきトラベルグッズ

(https://girlydrop.com/girls/7158) 友人同士で集まって女子旅を行う女性が急増中。 旅を存分に満喫するには楽しい計画と、トラベルグッズの準備が必要です。 今回は女子旅を成功させるにあたって […]

【初心者必見!】ドイツ旅行で事前に知っておくべき6つの基礎知識~トイレ・チップ制度・お店の定休日~

https://unsplash.com/photos/cUF4SSxY_KA 目次 1、スーパーマーケットの定休日 2、公共トイレ 3、インターネット事情 4、現金主義 5、チップ制度 6、言語 7、まとめ こんにちは […]