【インド治安】旅行前に必読!タクシーやオートで移動について領事館より注意喚起のメールが届きました

「(2月)7日,詳細は不明ですが、ベンガルール近郊のNice Road(ベンガルールとマイソールを結ぶ道路)の路上で、白人とおぼしき数名が、刃物を持って複数の車両に乗車した強盗団により、相次いで襲われ、金品を奪われた模様です。

南インドの主要都市においては、殺人、強盗等の凶悪事件の犯罪件数が増加傾向にあります。」と領事館より注意喚起のメールがとどきました。

IMAGE

領事館からのメールでは

「●大金は持ち歩かない。

●ズボンの後ポケットに財布を入れたり、むやみに人前で財布を出したり、財布の中が見えるような方法で現金を扱うことは慎む。

●走行中は全てのドアを内側からロックする。

●座席等車外から見える位置には、現金等の貴重品は置かない。」

と、注意点が書かれていましたが、インドに住んで7年の筆者が思う、一番大切な点は最後のポイント。

タクシーに乗るときは、窓際に貴重品を置かない。オートリキシャ(三輪タクシー)に乗る際は、カバンから必ず手から離さない。

これってとっても大切なんです。

外国人だけでなく、ローカルのインド人でさえ、信号などで車やオートが停車した際にひったくりの被害にあうことは多々。

IMAGE

オートリキシャ

私のインド人の友人(女性)もオートで移動中、バイクに乗った二人組にカバンをひったくられそうになり、カバンにしがみついてひったくりを防ぎ、周りにいた人たちがひったくり犯を捕まえ警察に引き渡した、ということがありました。

大事には至りませんでしたが、彼女はカバンを取り返すのに必死で、犯人のバイクに数メートル引きずられ、大きなすり傷ができました。。(マネしないでね!)

IMAGE

赤矢印の乗り降りする側はとくにひったくりにご注意です

その他、停車中の車やオートに近づき、道を聞くふりをして、強盗してくる悪い輩もいます。

車の右側の窓から声をかけられ、油断しているすきに反対側から物をとって逃げ去る、というひったくりのプロ軍団もインド各地にいるようです。

タクシーやオートのから手を出して、携帯電話やカメラでの撮影も、ふとした瞬間にひったくられてしまう可能性があります。

IMAGE

写真のような、渋滞の隙間でひったくり、反対車線に逃げる者も。

街で会う人全てに警戒心をむき出しにする必要はありませんが、ちょっとした注意で被害を防げることも事実です。

荷物から手を離さない、貴重品は車やオートの外側にはおかない、車から手を伸ばして写真撮影しない、を心がけて安全に旅行しましょう。

IMAGE

いつ荷物が崩れるかわからない、オーバーロードのトラックにも気を付けてね!



 

新着記事

 

関連記事

フィリピンのレストランでの作法は?在住者がテーブルマナーを教えます!

フィリピンのレストランでの作法は? グレードの高いレストランにいくと色々な細かな作法があるようですね。 私は残念ながら縁がないのでさっぱり分かりませんが、テーブルマナーと言いますか食べ進めるために知っておかないといけない […]

コロナウイルスに揺れる今、ドイツに旅行するなら注意すべき最新情報(3月現在)

1月に中国の武漢から始まった新型コロナ・ウイルス。 日本国内の感染者数が日に日に増える中、ついにヨーロッパでも広がりつつあります。 今のところ、日本政府からのヨーロッパへの渡航自粛要請はありませんが、この時期に飛行機に乗 […]

日本のバスとはどこが違う?フィリピン(ダバオ)のバスの乗り方・運賃について紹介

フィリピンのバスって? フィリピン、特にダバオにおいてバス交通の位置づけは主に長距離輸送です。 片道100㎞以上の区間をピストン運行するイメージです。 ただ、ジープニーというもっと小型の輸送手段が通っていないルートを運行 […]