ロサンゼルスに行くならここは外せない!メルローズ周辺のフォトジェニックな撮影スポット4選♡


メルローズアベニューとは?

メルローズはロサンゼルスの中でも学生や観光客にとても人気のエリアで、人気のファッションブランドや古着屋、カフェなどが多く建ち並んでいます。日本の芸能人も訪れるほどの人気が高く、曜日に関わらず、多くの人で賑わっています。

今回は、そんなメルローズアベニュー周辺の可愛いスポットをご紹介します❤

1.ピンクウィングス

やっぱりメルローズと言ったら、ピンクウィングス!

IMG_3632 (1)

Instagramでも定番のスポットです。
アーティスト·コレットミラーによって描かれたこの翼のウォールアートは、観光客のみならず、現地の方にも大人気!私も何度も写真を撮ったことがあるにも関わらず、メルローズに行くたびにカメラを向けてしまいます。
ウィングスのウォールアートは、メルローズだけではなく、ダウンタウンパサディナ、有名な大学UCLAがあるウエストウッドなど様々なロケーションにあるので、ウィングス巡りするのも楽しいかもしれません。

2.JOY RICH

2つめのフォトジェニックスポットは、日本でも人気のブランドJOY RICH(ジョイリッチ)。

IMG_3618 (1)

外観がとても可愛くて、インスタ映えにもってこいのスポットです。
JOY RICHはロサンゼルス発のセレクトショップで先ほどご紹介したピンクウィングスの向かい側にあります。こちらの壁を背景にして写真を撮る方を多く見かけます。
お買い物しなくても、この可愛さは行く価値あり💛

3.Carrfra cafe

3つめのスポットは、私のお気に入りのカフェCarrfra cafe。

ここでは自分で好きなデザインを選んで、ラテアートをしてもらうことができます。
自分の持っている写真をプリントすることもできるので、自分だけのオリジナルラテを作ることができちゃいます💛

IMG_2026 (1)

ただし、混雑しているときはオリジナルラテはオーダーできない場合もあるので、メニュー内にある、数個のデザインの中から選択することになります。
可愛いデザインがたくさんあるので、オリジナルカスタムオーダーが出来なくても可愛いドリンクがゲットできるのでご安心を!

もちろんドリンクも可愛いですが、店内は白で統一されており、店外の壁はウォールアートがあり、とても楽しいスポットだと思います。

写真を撮る時に、1番お勧めのスポットが、隣にある、Paul Smith(ポールスミス)のピンクウォールです。

IMG_9427 (1)

IMG_9428 (1)

ピンク一色のウォールで、シンプルでとても可愛い♡

4.PINK’S

最後にご紹介したいのが、ロサンゼルスで現地人に愛されているホットドック屋さん「PINK’S」(ピンクス)。

IMG_3655 (1)
店内にはセレブの写真とサインがたくさん飾ってあり、あのマイケルジャクソンも大好きでよく食べていたと言われています。
とても美味しく、いつ行っても長蛇の列が、、、。中でもホットドッグの上にチリソースのかかったチリドッグが人気の品です。

また、味もさることながら、看板や店内が可愛いので女心をくすぐられること間違いなし
顔出し看板もあり写真撮影が楽しいスポットです。
現在はアメリカのみならず、フィリピンにも店舗があるようです。いつか日本にも上陸するかも!?

最後に

いかかでしたか?まだまだロサンゼルスには可愛いスポットがあり、お勧めしたいところがたくさんあります。
他の記事も読んでみてくださいね。

ロサンゼルスに訪れる際には、カメラを忘れずに💛



★Rimi

ライター
記事一覧へ

旅の知識から探す



新着記事


関連記事

食の都「台南」で食べ歩こう!おすすめグルメとお店5選

台湾の南部にある都市、台南をご存知ですか? 台南とは? 台湾は台北が有名な都市ですが、近年台南も人気が上昇中。 台南は“台湾の京都”と呼ばれる昔懐かしい街並みが残るエリアです。 1885年に首都が台北に移るまで台湾の政治 […]

日本未進出!LAで大人気の「in-n-out Burger(イン·エヌ·アウト·バーガー)」

アメリカといえば、ハンバーガー。折角、アメリカに訪れるのであれば、1度は食べたいと思っている方は多いのではないでしょうか。 多くのアメリカンハンバーガーショップが日本進出し、アメリカに訪れなくても、食べれる機会は増えまし […]

これが理想の【マカオ】周遊コース!ツアーガイドが教える世界遺産1日観光モデルコース

こんにちは!マカオ在住ライターの椿です。 マカオの世界遺産を効率的に回るコースを、経験豊富なツアーガイドの視点からご紹介します。 今回は歩いて回れる場所に限定して、タクシー移動が必要な「ギア灯台及びギア聖母礼拝堂」は除い […]