【アメリカ】アリゾナ州ペイジで絶景・ドライブ大満喫の3日間旅

アリゾナ州ペイジという小さな街。

小さい街ながらここはアメリカ有数の絶景が近くに集まる場所で、テレビや絶景写真などで1度は目にしたことのある景色を1日で3~4ヶ所制覇することができるんです。

アメリカの絶景の中でも比較的行きやすく、レンタカーの旅でなくてもラスベガス発のツアーで日本人向けのものがたくさんでているので旅のスケジュールに入れてみるとよいでしょう。

ひとつのエリアに見どころが凝縮されているから旅初心者でも某テレビ番組のミステリーハンター気分を味わえるスポットですよ!

ペイジ周辺の絶景は挙げるとたくさんあるのですがパート①では日本人にも特に有名でレンタカーの旅でなくても回れるスポットをご紹介します。

神秘的!自然が創り出した曲線に感動のアンテロープキャニオン

狭い岩場の中を歩き出逢える絶景。

ここは先住民ナバホ族の聖域の1つで、ペイジの中でも一番有名で人気のあるスポットです。ナバホ族によるガイドツアーがないと足を踏み入れることができません。

ツアーもとても人気があるのでレンタカーで自分たちで訪れる際は事前予約必須です。

この岩の入口の先に絶景が!

大雨による鉄砲水と風による浸食によって砂岩が削られて長い年月をかけて創り出された自然の造形美。

美しい曲線となめらかな岩肌、そして隙間から差し込む太陽の光、明るさと暗さのコントラストがとっても幻想的で足を踏み入れた瞬間から吸い込まれるような空間です。

冒険家気分を味わえる断崖絶壁の絶景・ホースシューベンド

コロラド川が作り出した自然の産物。馬の蹄(Horse shoe)の形をしていることからその名が付いた気軽に行ける有名な絶景スポット。
高所恐怖症の人は無理かも!安全柵なしの高さ約300mほどの断崖絶壁に腰をかけるドキドキ感を一度味わったら旅人レベル上がったような気になれます!

日本にこのような絶景があったとしたら間違いなく全面に安全柵、そして危険エリアには立ち入り禁止の看板があるはずですがここは自己責任の国アメリカ。みんなそれぞれ好きな場所に行き安全に気を付けながら思い思いに素敵な写真を撮っています。

高所恐怖症でなくてもドキドキスリリング!でも目の前に広がる壮大な絶景は息を飲む美しさ!

ドキドキしながら岩場から足を投げ出して撮った写真はまさにアドベンチャー!一生の思い出になること間違いなしです。

日本とはスケールが違う!グレンキャニオンダム

美しい渓谷に囲まれた高さ216mのダムは迫力満点!

駐車場すぐ横の橋からダムを見下ろすことができます。日本のダムとは桁違いのスケールでダムマニアでなくても感動する絶景です。

ビジターセンター裏にもビューポイントがあり果て無く続く渓谷が美しくここからの眺めもオススメ。

アメリカの大きさを改めて感じることができるはず。

小さな街ながらショッピングも充実!

この3つだけなら1日あればまわれます。

ラスベガスからのツアーなら必ず立ち寄るポイントですし、レンタカーで訪れるならペイジの街はレストランやウォルマートなどの大型スーパーもありお土産さがしのショッピングも充実。

レンタカー派の人にはぜひペイジに宿をとってゆっくりステイすることをオススメします!

アメリカ人にとっての一大リゾートエリアのひとつ、レイクパウエル

今回は滞在日数に余裕がある自由旅の方にぜひもう1日プラスして訪れるべきスポット、レイクパウエルをご紹介します。なかなか日本語対応のツアーではなぜかレイクパウエルまで訪れる内容のものがないのでレンタカーでの完全個人旅行でないと厳しいかもしれませんが、かなり行く価値アリのスポットです。
荒野に突如現れるオアシスのようなリゾート。レイクパウエルはアメリカで2番目に大きい人工湖。
アメリカ人にとっては人気のリゾート地のひとつで夏季はたくさんのアメリカ人でにぎわうそうです。
湖のそばに大きなホテルがあり、湖の上には無数のハウスボートが浮かぶリゾート地。静かでゆったりとした雰囲気でビーチリゾートとはまた違ったリゾートを知ることができますよ。

ホテル前からはレイクパウエルの代表的な風景が広がります!

時間がない方はここだけサクッとみるだけでもとりあえずはレイクパウエルの全容をつかめます。のびのびと広大な湖の上に無数のハウスボート、まわりは荒野のように茶色の岩の世界。ホテル前には遊歩道もあり散策するだけでも十分癒されますし楽しめますので時間がなくてもペイジを訪れるのであれば立ち寄ってみることをオススメしたいです。パート①で紹介した3ヶ所は日本人も多く訪れますがレイクパウエルを訪れる日本人は少ないので自慢できると思います。

冒険の旅に出発!参加して損なしのボートツアー

時間に余裕がある人はレイクパウエルをもっと味わい尽くしてみてください♪
気軽に参加できる3時間ほどのボートツアーがかなりオススメ!時間がない人は1時間半のツアーもあります。
グレンキャニオンダムのそばまで行けたり、両サイドが岩の狭いコロラド川を縫うように進み迫力満点だったり、とってもワイルドな光景を間近に見ることができます。

⇒なんだかケーキみたいな岩肌♪

また途中ではセレブや富裕層が所有するハウスボートがたくさん停泊するエリアを通過し、アメリカ人式のリゾートライフを間近に見ることができて興味深いです。

⇒停泊する湖に浮かぶ家、ボートハウス

ボートツアーの受付はレイクパウエル リゾート&マリーナホテルのフロント付近にあるのでそこで申し込みましょう。

ツアー詳細(英語サイト)3時間ツアー

https://www.lakepowell.com/things-to-do/boat-tours/canyon-adventure-boat-tour/
これとは別に1時間半の短めツアーもあります。

日本では見られないアメリカ式リゾートスタイルを覗きに行こう!

きっと日本人なら好きな雰囲気だと思います。ホテルにはカフェやレストラン、品揃え豊富なお土産屋さんも入っているので立ち寄るべき理由がたくさんあります。せっかくペイジの街から車で10分もかからないような場所にあるのでもっと日本人にも知名度があがればいいのになぁと強く思うのでした。

ペイジの街からすぐ!圧巻のドライブスポット

次に、ペイジの街からすぐの場所にある、アメリカならでは!な日本では見ることのできない圧巻のドライブスポットをご紹介します。レンタカーの場合はホースシューベンドから89号線をもう少し南下すると出逢えるスポットです。

突如現る絶景ビューポイント・マーブルキャニオンシーニックポイント

ホースシューベンドから89号線を南下して走ると、今まで平坦な景色が360℃広がる光景だったのが突然吸い込まれるように両サイド岩壁のワイルドな道になります。ここを走るとアドレナリン全開!なほどワクワクしますよ。なんだかゲームやバーチャルの世界のようなドライブルートです。

そこを抜けると大パノラマビューが広がります!わき見運転したくなってしまうような絶景です。

でも大丈夫。右手に広めのパーキングスペースがあり、そこがマーブルキャニオンシーニックポイントです。みんな吸い寄せられるように多くの車が立ち寄っていきます。

現地の方の出店も出ていてお土産探しもたのしいですよ!お店の人も押し売りしてくることはなくとっても和やかな雰囲気でゆっくり見ることができます。ハンドメイドのアクセサリーやドリームキャッチャーなど旅の思い出になる素敵なアイテムがお手頃な価格でみつかります。

ここからの眺めが息をのむほど壮大すぎてアメリカの大きさを実感できるはずです!東京23区がすっぽり入るんじゃないかと思える広さです。
ここはガイドブックでもインターネットの情報でも見かけることがないので知る人ぞ知るスポットだと思います。

ラスベガス発のペイジの見どころを巡るツアーでも立ち寄るかもしれません。または道中なのでガイドさんにここにちょっとだけ立ち寄ってもらえないか交渉すれば立ち寄ってくれるかもしれません。

絶品スモークリブを食べずに帰るなかれ!

ペイジに来たら必食!これを食べずにペイジを去るなんてもったいないお店をご紹介します。
ペイジの街中のメインストリートにあるので迷うことはないはず。
BIG JOHN’S TEXAS BARBEQUEというスモークリブステーキ専門店。
お店からはスモークの香りが漂い、このお店を知らなくてもつられて入ってしまいそう。

地元でも、観光客にも大人気のお店で有名店。
ホロっと口の中で崩れやわらかジューシーなリブステーキに甘辛なバーベキューソースが絶妙!

あまりに気に入ってしまい2泊の滞在中2回も行ってしまいました!
今までの旅先で食べた中で暫定1位になるくらい絶品でした。
ぜひ確かめに行ってみてくださいね♪

▶BIG JOHN’S TEXAS BARBEQUE

所在地: 153 S Lake Powell Blvd, Page, AZ 86040 アメリカ合衆国
電話: +1 928-645-3300
※冬季休業(12月1日~1月31日まで)

 

新着記事


関連記事

ドイツ発!テディベア発祥の地にあるシュタイフミュージアムの魅力

思わず抱きしめたくなるかわいいらしいテディベア。 実はここ南ドイツの田舎町で生まれた一人の女性の手から誕生したのはご存知でしたか?今回はドイツに来たら必ず訪れてほしい、大人も子供も楽しめるシュタイフミュージアムの魅力に迫 […]

ローマの“安くて美味しい”がいっぱい!本格グルメが集まる街「テスタッチオ」でおすすめのレストラン

食の宝庫イタリア。 訪れたら本場の味を楽しみたいですよね。 ローマ中心部はやはり観光客向けのレストランが多く、高い&味もそんなに…という場所が残念ながら多いです。 しかし、ローマ中心地近くで美味しくお手頃に食事を楽しめる […]

行きたくなる!バリ島在住者がスマホでも写真映えする穴場自然・ビーチスポット10選をご紹介

Om swastyastu!(※オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島には息を飲む絶景。 壮大な景色。 自然の産物がたくさんあります! それらが、日常の生 […]