選んでおけば間違いない!お土産におすすめのミャンマー産コーヒー3選

    東南アジアの雰囲気と、イギリスの占領地だった時の名残も感じさせるミャンマー。

    いろいろな文化や宗教が混ざり合ったとても面白い国です。

    特にミャンマーの玄関口であるヤンゴンには、世界各国から旅行客が訪れます。

    でも、ミャンマーといったら特に思い浮かぶ特産もなく、なにをお土産に買って帰ったらいいのか迷う方も多いようです。

    そこで今回は、ミャンマーに来た際に買って帰りたい、おすすめのお土産をご紹介します。

    実はミャンマーには魅力的なオリジナルのプロダクトがたくさんあるんです。

    今回は、その中の一つをご紹介しますね。

    実はコーヒーの産地!選べる種類も豊富!

    IMAGE

    ミャンマーでは実はコーヒー豆を栽培していて、ミャンマープロダクトのコーヒー豆を購入できます。

    イギリス人の避暑地だったメイミョーが産地のものや、独特の民族衣装で有名なチン州のものなど、種類も豊富。

    コーヒーなら、誰にでも喜ばれるお土産になりますよね。

    しかもどのパッケージもどことなくおしゃれなんです。思わずパケ買いしてしまいそうになります。

    更に嬉しいのが、どれも近場のスーパーマーケットで購入できるところ。

    ヤンゴン市内のスーパーマーケットなら、基本的にどこでもコーヒー売り場が充実していて、豊富な種類から選ぶことができます。

    実際に飲んでみた!おすすめコーヒー豆レビュー

    ここからは、人気のコーヒー豆の中から実際に飲んでみておすすめだったものを、味のレビューとともにご紹介します。

    ➀ミャンマー内でもゴリ押しのGenius

    IMAGE

    ミャンマープロダクトのコーヒー豆の中で、1番押されているのがこちらのGenius。

    パッケージもおしゃれですし、分かりやすく「product of Myanmar」と書いてあるので、お土産にぴったりです。

    味の方は、少し酸味が強い印象。コクよりも酸味が好きな方におすすめです。

    同じ種類の緑色のパッケージの方は酸味がもっと強かったです。

    キリマンジャロのような印象の味わいでした。

    ➁バランスの良い味わいのSHWELAWIN

    IMAGE

    鮮やかなピンクのパッケージが目を引くSHWELAWIN。

    コクの後にほのかな酸味が感じられる、とてもバランスの良い味わいです。

    ブルーマウンテンに似た感覚です。

    万人受けするので、迷ったら選んでおいて間違いないですよ。

    ➂コク派の人におすすめのMOUNT VICTORIA

    IMAGE

    酸味よりもコクが強いコーヒーが好き、という方におすすめなのがこちらのMOUNT VICTORIA。

    パッケージもミャンマー感があるのが良いですよね。コクが強く、エスプレッソやラテにしていただくのがおすすめです。

    街中にはオリジナルのコーヒー専門店もある

    IMAGE

    ミャンマー滞在中に時間があるなら、コーヒー専門店でコーヒー豆を購入するのもおすすめです。

    より地元の感覚を楽しめますよ。

    中でも有名なのがSU coffee。お店の周りにはコーヒーの良い香りが広がります。

    こちらのお店では、小分けのコーヒー豆も売っているのでお土産にぴったり。

    こんなローカルなお店で売っていた、という写真と一緒に紹介したらもっと喜ばれますよ。

    ミャンマーに来たらコーヒー豆を買って帰ろう

    IMAGE

    今回はミャンマーのおすすめお土産パート1として、ミャンマー産のコーヒー豆をご紹介しました。

    どれもお値段が一袋150~200円程度なので、いろいろ買ってみて飲み比べてみるのもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

     

    新着記事

     

    関連記事

    【ポルトガル・リスボン】エッグタルトの老舗人気店「パスティス・デ・ベレン(Pasteis de Belem」へは朝イチがおすすめ!

    ポルトガルといえば、エッグタルトが有名なのはご存知の方も多いと思います。 日本でも人気のエッグタルト。 マカオの名物としても知られていますが、元を辿れば、ポルトガルで生まれたスイーツなのです。 そんなポルトガルには、数多 […]

    スーパーで買える!現地在住者がおすすめするマカオのお土産4選

    こんにちは! マカオ在住の椿です。 家族や友人に渡す海外旅行のお土産は、どこで買おうかと悩んだ経験はありませんか? 雑貨や食品などのバラマキ土産は、地元の人たちの生活に根差した現地スーパーで調達するのがおすすめです。 マ […]

    ドイツ・ベルリンのファッション事情が熱い!現代アートの街『ファッションウィーク2020』に完全レポ!

    こんにちは! 1月も下旬になり、ベルリンは一段と寒くなってきました。 まだまだ暖かい春は遠いなあ……と感じる今日この頃。 ベルリンは、毎月何かしらのイベントが開催される街なのですが、今月は「ファッションウィーク2020」 […]