選んでおけば間違いない!お土産におすすめのミャンマー産コーヒー3選

東南アジアの雰囲気と、イギリスの占領地だった時の名残も感じさせるミャンマー。

いろいろな文化や宗教が混ざり合ったとても面白い国です。

特にミャンマーの玄関口であるヤンゴンには、世界各国から旅行客が訪れます。

でも、ミャンマーといったら特に思い浮かぶ特産もなく、なにをお土産に買って帰ったらいいのか迷う方も多いようです。

そこで今回は、ミャンマーに来た際に買って帰りたい、おすすめのお土産をご紹介します。

実はミャンマーには魅力的なオリジナルのプロダクトがたくさんあるんです。

今回は、その中の一つをご紹介しますね。

実はコーヒーの産地!選べる種類も豊富!

IMAGE

ミャンマーでは実はコーヒー豆を栽培していて、ミャンマープロダクトのコーヒー豆を購入できます。

イギリス人の避暑地だったメイミョーが産地のものや、独特の民族衣装で有名なチン州のものなど、種類も豊富。

コーヒーなら、誰にでも喜ばれるお土産になりますよね。

しかもどのパッケージもどことなくおしゃれなんです。思わずパケ買いしてしまいそうになります。

更に嬉しいのが、どれも近場のスーパーマーケットで購入できるところ。

ヤンゴン市内のスーパーマーケットなら、基本的にどこでもコーヒー売り場が充実していて、豊富な種類から選ぶことができます。

実際に飲んでみた!おすすめコーヒー豆レビュー

ここからは、人気のコーヒー豆の中から実際に飲んでみておすすめだったものを、味のレビューとともにご紹介します。

➀ミャンマー内でもゴリ押しのGenius

IMAGE

ミャンマープロダクトのコーヒー豆の中で、1番押されているのがこちらのGenius。

パッケージもおしゃれですし、分かりやすく「product of Myanmar」と書いてあるので、お土産にぴったりです。

味の方は、少し酸味が強い印象。コクよりも酸味が好きな方におすすめです。

同じ種類の緑色のパッケージの方は酸味がもっと強かったです。

キリマンジャロのような印象の味わいでした。

➁バランスの良い味わいのSHWELAWIN

IMAGE

鮮やかなピンクのパッケージが目を引くSHWELAWIN。

コクの後にほのかな酸味が感じられる、とてもバランスの良い味わいです。

ブルーマウンテンに似た感覚です。

万人受けするので、迷ったら選んでおいて間違いないですよ。

➂コク派の人におすすめのMOUNT VICTORIA

IMAGE

酸味よりもコクが強いコーヒーが好き、という方におすすめなのがこちらのMOUNT VICTORIA。

パッケージもミャンマー感があるのが良いですよね。コクが強く、エスプレッソやラテにしていただくのがおすすめです。

街中にはオリジナルのコーヒー専門店もある

IMAGE

ミャンマー滞在中に時間があるなら、コーヒー専門店でコーヒー豆を購入するのもおすすめです。

より地元の感覚を楽しめますよ。

中でも有名なのがSU coffee。お店の周りにはコーヒーの良い香りが広がります。

こちらのお店では、小分けのコーヒー豆も売っているのでお土産にぴったり。

こんなローカルなお店で売っていた、という写真と一緒に紹介したらもっと喜ばれますよ。

ミャンマーに来たらコーヒー豆を買って帰ろう

IMAGE

今回はミャンマーのおすすめお土産パート1として、ミャンマー産のコーヒー豆をご紹介しました。

どれもお値段が一袋150~200円程度なので、いろいろ買ってみて飲み比べてみるのもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

 

新着記事

 

関連記事

マレーシアの朝市で現地の文化に触れよう! お土産にもなる掘り出し物も見つかるかも?!

マレーシアでコンドミニアムやユースホステル、ゲストハウスなどを拠点に少し長めの休暇を取る人に絶対にオススメなのが、ローカルな市場を活用して食費を低く抑えること。 外食文化が根付くマレーシアですが、長期滞在の中で日本人の口 […]

元在住者が教える!スミソニアン国立動物園周辺のおすすめレストラン4選

アメリカの首都、ワシントンDCにあるスミソニアン国立動物園は著名な観光スポットです。 しかし、園内ではスナックや割高のファストフードしか売られていません… そこで、今回は元DC在住者が動物園周辺のおすすめレストランをご紹 […]

ドイツ発!テディベア発祥の地にあるシュタイフミュージアムの魅力

思わず抱きしめたくなるかわいいらしいテディベア。 実はここ南ドイツの田舎町で生まれた一人の女性の手から誕生したのはご存知でしたか?今回はドイツに来たら必ず訪れてほしい、大人も子供も楽しめるシュタイフミュージアムの魅力に迫 […]