【ハワイ】どこか懐かしい雰囲気漂うオールドタウン♪「ハレイワ」へ1dayトリップ

以前はハワイリピーターや長いバケーションの観光客が訪れるツウな場所だったハワイのローカルタウン、「ハレイワ」

ここ数年はオシャレなお店も増えガイドブックにも大きく取り上げられたり、ツアーも充実しておりすっかり定番スポットとなりつつあります。

ワイキキから車で1時間ほどのアクセスなのに、どこか遠くまで来たような別世界の雰囲気です。

オアフ島の下町のようなノスタルジックな街をのんびり観光してみませんか?

時が戻ったような街の雰囲気そのものを楽しむ

ハレイワの街はとってもコンパクトで、メインストリートを歩くだけなら片道15分あれば網羅できてしまいます。

そこにお店や見どころが集結しているので、立ち寄りながらゆっくり見てまわる感じです。

街の雰囲気がとっても絵になるタイムスリップしたかのような街並み。
ワイキキの華やかな街並みとは違い、歩いているだけでスローな気持ちになれて非日常を味わえますよ。

やっぱりハズせない!シェイブアイス♡

シェイブアイスといったらハレイワ…そして有名店「マツモトシェイブアイス」です。ガイドブックにも必ず登場しているのでご存知の方も多いはず。

日本人だけでなく海外の観光客にとっても有名店のようで連日大行列です!有名店のものを食べてみたいのであれば行って見る価値ありです。

でも私のオススメはすぐ向かいにある「アオキズシェイブアイス」。

こちらも老舗有名店なのですがガイドブックにあまり掲載されないこともあって穴場です。

氷の質も味も同じようなものですよ♪

よっぽどかき氷を極めている方なら違いがあるのかもしれないですが…。

お店にはフォトジェニックなスポットがたくさんあって、写真をたくさん撮りたくなりますよ♪

そして好きなポイントがもうひとつ。三角のペーパーコーンのタイプでハワイの昔ながらのシェイブアイススタイルなところです。

ハワイのシェイブアイスといえばこの形が定番だったのですが、数年前からマツモトシェイブアイスは紙皿タイプになってしまいました。

食べやすさを重視したのでしょうか…ちょっと残念なポイント。

つまり、よく写真やイメージでみたことある昔ながらのハワイのシェイブアイスを食べてみたいならアオキズシェイブアイスへ行ってみてくださいね♪

お腹に余裕があればマツモトさんと食べ比べも楽しそう!

⇒メニュー表♪

ハレイワビーチも忘れずに

ハレイワと言えば街歩きがメインで紹介されていることが多いので、つい見過ごしがちなのがビーチ。

近くに行ってみると木陰もあり平和的で素敵な雰囲気なのでぜひ忘れずに立ち寄ってほしいです。

ノースの方の海ってサーファーのメッカで波が荒らそうな印象があるかもしれませんが、ここは湾になった遠浅のビーチでのんびりした雰囲気なんですよ。

カヤックやSUPなど気軽に楽しめるアクティビティもあるので時間に余裕があれば勢いでやってみるのもいい思い出になりそう!

⇒ハレイワのシンボル「アナフル橋」もすぐ近くにあります。

ハレイワでハワイ本来の魅力を楽しもう!

ハレイワのような街って、ハワイ本来の雰囲気が根強く残っていて真のハワイらしさを感じられると思うんです。

華やかでキラキラして常に進化をし続けているワイキキは魅力的で楽しいですが、「観光客のために造られたハワイ」でもあります。

なので滞在中のプランでワイキキにプラスしてちょっとショートトリップして別のハワイの顔を見ることができれば理想的♪

ハレイワはワイキキに比べたら地味ですが、ハワイ本来の姿を垣間見ることができますよ。

 

新着記事

 

関連記事

タイ人も大好きなマ・マー!お土産におすすめのカップラーメンと食べ方をご紹介

サワッディーカー。タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 ラーメンは国民食と言われるぐらい多くの日本人が大好きな食べ物ですよね。 タイ人だって日本人に負けないぐらいラーメンが大好きなんですよ。 その […]

バリ島土産におすすめ!お守りになる菩提樹の実のアクセサリー「Shiwa rudraksha (シワルドラクシャ)」

Om Swastyustu!(オン スワスティアストゥ!バリ語の最上級挨拶) バリ島をこよなく愛するライターのYuccoです! バリ島のお土産におすすめ! 菩提樹の実(ルドラクシャ)のアクセサリーのお店 バリ島のお土産で […]

ドイツ文化が崩壊危機⁉ コロナ禍でのドイツのクリスマスの実態!!

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、ドイツのクリスマスにも異変が起こってしまいました。 クリスマスマーケットの本場であるだけに、ドイツにとってクリスマスがビッグな恒例行事であるのは言うまでもありません。 毎年恒例のクリス […]