【ハワイ】ワイキキの喧騒から離れた大人のリゾート、カハラの過ごし方

世界中からの観光客でにぎわいホテルやお店がところせましと並ぶキラッキラの街ワイキキとは真逆の、閑静な高級住宅街が並ぶカハラというエリア。

ワイキキから車やバスで15分ほどとは思えないほどの別世界がそこには広がります。

ワイキキの華やかさも好きだけど、本来のリゾートライフとはこちらの方が正解なのかも…と思える、ゆったりとした雰囲気。

滞在中1日はカハラでのんびりしたひとときを過ごすのもいいものですよ♡

それでは、その魅力に迫ってみましょう!

目次

➀ザ カハラ ホテル&リゾート
➁カハラビーチ
➂カハラモール

➀ザ カハラ ホテル&リゾート

言わずと知れた高級リゾートホテル。

カハラといえばここ!といっても過言ではないスポットです。
もちろん宿泊するのが理想的ですが、お食事やお買い物だけでも楽しめます。

有名なのはホテル内レストランの「プルメリアビーチハウス」の名物パンケーキ!

薄焼きのパンケーキがロール状になったとっても上品な逸品です。

レストランもオープンエアでとっても開放的で、まさにリゾート気分。

目の前に広がる海を眺め、爽やかな風を感じながらいただくパンケーキは格別です。

⇒この白い屋根の部分がプルメリアビーチハウスのテラス席部分。ビーチが目の前です!

ホテル内にはドルフィンラグーンがあり6頭のイルカが生息しています。

イルカと触れ合ったり泳いだりできるアクティビティが人気で、その光景を眺めることもできますよ。

思いがけず可愛いイルカを見ることができて幸せな気分になれます♡

ホテル内のショップではここでしか手に入らないオリジナルのグッズもたくさんあるので訪れた記念になにかお土産にするのもおすすめです。

▶ザ カハラ ホテル&リゾート

5000 Kahala Ave, Honolulu, HI 96816 U.S.A.

➁カハラビーチ

カハラホテルの目の前にはカハラビーチが広がります。

遠浅で波も穏やかな透明度の高い穴場ビーチ。

海水浴メインというより木陰でのんびり過ごす人が圧倒的に多く、その雰囲気もまたワイキキとは違う心地よさがあります。

プライベートビーチのような贅沢で優雅な気分を味わえるのでちょっと木陰に座って波音を聞きながらくつろいだり、ちょっと足をつけたりしてワイキキビーチとはまったく違う雰囲気を感じましょう♪

➂カハラモール

カハラホテルから車やタクシーで10分ほどの場所に大きなショッピングエリア「カハラモール」があります。

カハラという土地柄、ハイクオリティなモールとして観光客だけでなくロコの生活にも溶け込んでいます。

100店舗以上のショップやレストランが軒を連ね、ショッピングやお土産探しに飽きることなく楽しめますよ。

しかも日本人観光客にも大人気のオーガニックスーパー「ホールフーズマーケット」も入っているので嬉しいですね!

▶カハラ・モール

4211 Waialae Ave, Honolulu, HI 96816 U.S.A.

ホンモノの大人のリゾートライフを感じられるエリア、カハラ

ワイキキとはまったく違う魅力を持つカハラ。

高級リゾート地として有名なので、敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、カハラホテルにランチやパンケーキを食べに訪れたりする方も多いのです。

ビーチベッドに座りそれぞれが思い思いのリゾートライフを過ごしている光景を見れば、時間の流れも不思議とゆっくりと感じられ、観光などしなくても満たされる…これぞ本物のリゾートライフ!というのを体感してみませんか?

 

新着記事

 

関連記事

【スペイン・マヨルカ島】絶景ポルト・デ・ソイェルへは街の中心部からのバスがお得で便利!地中海に浮かぶ人気リゾートを楽しもう♩

スペインのマヨルカ島は、地中海に浮かぶ人気のリゾートアイランドです。 「地中海の宝石」と呼ばれるほど海が綺麗な、ヨーロッパでは知らない人はいないほど憧れの観光地。 日本からマヨルカ島への飛行機の直行便はないですが、スペイ […]

ローマの“安くて美味しい”がいっぱい!本格グルメが集まる街「テスタッチオ」でおすすめのレストラン

食の宝庫イタリア。 訪れたら本場の味を楽しみたいですよね。 ローマ中心部はやはり観光客向けのレストランが多く、高い&味もそんなに…という場所が残念ながら多いです。 しかし、ローマ中心地近くで美味しくお手頃に食事を楽しめる […]

【アメリカ絶景☆】自然と長い時間が創り出した大自然のアート!ユタ州アーチーズ国立公園(前編)

迫力満点のデリケートアーチを求めて…! 日本人にはあまり知られていないのがもったいないアメリカの国立公園、アーチーズ国立公園。 旅番組でも見たことがないし旅行本の「地球の歩き方」でも見ない限り知るキッカケがなかなかないか […]