【フィリピン/セブ島】旅行前に押さえたい!意外と知らないフィリピン料理6選

マアイヨン ハポン!(セブアノ語でこんにちはという意味です)セブ島在住のSayaです。

みなさん、いきなりフィリピン料理と聞いてピンと来ない人の方が多いかと多います。

かくいう私も、実際にセブ島に留学で訪れるまでは、フィリピン料理がどんなものか全く知りませんでした(^^;;

なので、もしみなさんがセブを訪れた皆さんが「レストランで何を頼んだら良いんだろう?」と困らないように、今日は私のおすすめのフィリピン料理を紹介していきます♪

1、フィリピン料理の特徴は?

IMAGE

フィリピンに1年間滞在して感じたことですが、「フィリピン料理の味付けは、醤油、砂糖、お酢を使った物が多く、主食は米なので日本人に親しみやすいものが多いな」ということです。

「甘すぎたり脂っぽかったりするからそこが苦手、、、」という日本人もいますが、反対に食べやすいものもあるので、今日は私のおすすめのフィリピン料理を紹介していきます!

2、日本人におすすめのフィリピン料理集

2-1 ADOBO/アドボ

IMAGE

アドボはフィリピンの家庭でもよく作られるポピュラーな料理です。

豚肉を醤油、にんにく、お酢、砂糖、香辛料に漬け込み、煮込んだ料理です。

お酢のおかけで柔らかくトロトロに煮込まれた豚肉と、香辛料の絡みがクセになります。

豚肉で作られたポークアドボが一般的ですが、鶏肉で作られたチキンアドボもレストランでよくみかけます。

2-2、Sinigang/シニガン

IMAGE

シニガンもアドボと並びフィリピン料理を代表するもので、一言でいうと酸っぱいスープです。

酸味が好きな方にはぜひ食べて頂きたいです。シニガンの酸味はタマリンドというマメ科の果物によるものだそうです。

フィリピン人の友達は、「たいていの家庭は果物を使わず、スーパーでシニガンの素が売っているのでそれを使うよ。」と言っていました。

シニガンはお店によって魚介を使うお店もあれば、豚肉、鶏肉などメインは様々です。野菜がたっぷりと入っていてヘルシーで、お酢とはまた一味違う、酸っぱさを極めたような味なのですが、慣れると癖になりますよ。

2-3、Sisig/シシグ

IMAGE

シシグも言わずと知れたフィリピンの名物料理です。

写真の1番手前に写っているような、豚のひき肉と玉ねぎを炒めたものです。

セブでは屋台やレストランなどどこでも食べることができ、熱々の鉄板に乗っけた豚肉と一緒に卵とカラマンシー(すだちのような柑橘系の果物)と頂くのが一般的です。

脂っぽくみえますが、カラマンシーの汁をかけることでさっぱりと食べることができます。

2-4、Kinilaw/キニラウ

IMAGE

キニラウはフィリピン料理では珍しい、生の魚を調理したもので、野菜とお酢でマリネをした料理です。

魚はマグロや、アジなどを使用し、サイコロ状にカットされています。

魚のマリネは日本人にも馴染み深い味なので、日本人にも人気のフィリピン料理となっています。

2-5、LECHON/レチョン

IMAGE

フィリピン料理で忘れていけないのが、レチョン!

なんだかとっても可愛い響きですが、レチョンは丸焼きという意味です。

フィリピン人の誕生日や結婚式などの祝いごとなどには欠かせない料理となっています。

本来は豚の丸焼きを丸ごと用意するのですが、レストランや屋台では、カリカリとクリスピー状に焼かれた豚の皮とジューシーで柔らかいお肉が適量で食べることができます。

味は塩味がオーソドックスな味ですが、お店によってはスパイシー味が用意されていたりするみたいです。

レチョンの専門店もあるくらい人気の料理で、リコズレチョン・ズブチョン・ハウスオブレチョンの3つがフィリピンの中でも特に人気のあるレストランとして有名です。

2-6, Pancit canton/パンシットカントン

IMAGE

最後に紹介するのが、パンシットカントンです。

これはいわゆるフィリピンの焼きそば的な料理で、代表的な麺料理ですね。

具材はエビ、タコなどの海鮮と野菜が入ってることが多く、味付けは塩と醤油、あとカラマンシー(柑橘系の果実)が入っています!

パンシットカントンのカップ麺や袋麺が販売されているくらい、フィリピンではポピュラーな麺料理です!

3、まとめ

いかがでしたか?

日本にいるとあまり馴染みのないフィリピン料理でも、探してみると日本人が好きそうな料理があったりしますね。

醤油がベースになっているものが多いので、意外とハマる人もいるかもしれません。

ちなみに、フィリピンではマクドナルドより人気のファストフード店の、ジョリビーというお店があります。

そこではフィリピン人が大好きな甘いミートソースのスパゲティが食べられるので、フィリピン料理ではないですが、セブにお越しの際はぜひ試してみてください!
(ちにみに、これに関しては好き嫌い別れます笑)

では、最後までお読み頂き有り難うございました!

 

新着記事

 

関連記事

タイ人も大好きなマ・マー!お土産におすすめのカップラーメンと食べ方をご紹介

サワッディーカー。タイの首都バンコクで暮らしているライターのpukpuiです。 ラーメンは国民食と言われるぐらい多くの日本人が大好きな食べ物ですよね。 タイ人だって日本人に負けないぐらいラーメンが大好きなんですよ。 その […]

お土産にも最適!3月のドイツのスーパーで買いたいイースターの可愛いお菓子~HARIBO、キンダーサプライズ、リンツ~

日本でもだいぶ浸透してきたイースターのお祭り。 もともとはキリスト教における復活祭をさします。 キリスト教徒にとってはクリスマスと同じぐらい大切なシーズンなのですが、毎年決まった日付ではありません。 春分の日の次の満月の […]

台湾版しゃぶしゃぶ!「新馬辣 經典鴛鴦鍋」で食べ放題に挑戦してみよう!

台湾でしゃぶしゃぶにチャレンジしてみてはいかがですか? でも、「え?台湾に来てまでわざわざしゃぶしゃぶ?」と思われるかもしれませんね。 というのも実は台湾には台湾独自のしゃぶしゃぶスタイルがあるんです。 この記事では台湾 […]