ハワイ島・ワンランク上のリゾートステイに♡「フェアモント・オーキッド ハワイ」を徹底レポ!

ハワイ島屈指のラグジュアリーリゾートホテルとしても名高いホテル「フェアモント・オーキッド ハワイ」

ホテルステイに重きを置きたいリピーターや、特別な記念日旅行やハネムーンには最高のホテルです。

コナ国際空港から車で40分ほどの閑静な高級リゾートエリア、マウナラニリゾートにあります。

エントランスを入った瞬間から心地よい大人ハワイの空気が漂い、リゾートライフスイッチが入りますよ♡

それでは、日常からかけ離れすぎた別世界をご紹介していきます。

いるだけでリセットできる!居心地がよすぎる開放的なロビー♡

ハワイ島の爽やかな風と香りを感じられるオープンエアの広々ロビー。

お庭と海を望める特等席です。ふかふかのソファが心地よく、ついウトウト…。

ずっとここに居られるほど。ホテル内のお気に入りスポットになること間違いなしです。

自由にここで思い思いの時間を過ごせるので、ホテル内のデリでテイクアウトしてここで食べれば絶景のテラスカフェに早変わり!

コーヒー買ってきてここで飲むゲストもたくさんいます。

ここを上手に活用しない手はないですよ♡

おすすめレストラン「ブラウンズデリ」

ホテルのプールサイドにある「ブラウンズデリ」はピザ、サラダ、サンドイッチなどの軽食が充実!

味のクオリティもよく毎日かよいたいお店です。

ホテル内の移動もリゾートのムードたっぷり

ホテル内の移動は少し歩きますが、どこを切り取っても洗練されていてラグジュアリーなリゾートそのものでココロが満たされます♪歩いているだけでも思い切り非日常を感じられますよ。

ホテル内にはお土産やブティックなどセンスのあるショップが多数あるのでゆっくりお買い物を楽しめます♪

ホテルオリジナルのグッズもあるのでステイの記念にオススメです。

プライベート感がハンパない!ラグーンビーチ

ずっとここにいたい!と思えるプライベートラグーンビーチ。

ホテル滞在者しか、なかなか行けないのでシークレットビーチのような雰囲気も漂います。

透明度がばつぐんで、さらにハワイのキラキラの太陽が水面に反射して本当にキレイで感動!

木陰のビーチベッドを確保して1日ここで羽を伸ばすなんて最高に贅沢ですね♡

かわいい魚がたくさんいるのでシュノーケルもおすすめです。

毎日したい!ウォーキングやランニング

ホテル内の海沿いの遊歩道は思わずウォーキングやランニングをしたくなる最高のルート!

のびのびした雰囲気を体いっぱいに感じてリフレッシュできますよ。

ハワイらしいオーシャンビューやヤシの木はもちろんなんですが、溶岩がゴロゴロ広がる岩場はハワイ島らしさを間近に感じられておすすめです。

とおりには海沿いに面したアウトドアスパも!

波の音を聞きながらハワイの風に包まれてて身を委ねる極上スパ体験は最高に特別感がありますね。せっかくだから思い切って予約するのもおすすめ。

上質なリゾートを感じられるくつろぎルーム

白を基調としたゲストルームは上品で洗練された雰囲気。
高級感はありながらも気取らずリラックスして過ごすことができるお部屋です。

広々ラナイからはゆったりした広大なお庭と海が一望でき、その景色はまさにリゾート!

寝るだけのために帰るお部屋ではなく、お部屋時間もたっぷり取っておきたいですね。

リゾート旅の上級者になれる極上ホテル

広々したフェアモント・オーキッドでゆったりのんびりリゾートライフを満喫できれば、気分はリゾート旅の上級者です。

これを味わってしまうとオアフ島に行ったとき、ワイキキのホテルだとちょっとモノ足りなく感じてしまうかもしれません。

絵に描いたようなハワイ島でのリゾートステイは一生忘れられない思い出になりますよ。

▶フェアモント・オーキッド ハワイ

住所:1 N Kaniku Dr, Waimea, HI 96743 アメリカ合衆国
電話:+1 808-885-2000

Google map

 

新着記事

 

関連記事

【セブ島】世界最小のサル、ターシャの島「ボホール」!ロマンチックなビーチやチョコレートヒルズをご紹介

こんにちは!フィリピン・セブ島在住のSayaです。 この前フィリピン人の女性の同僚に「今までいった旅行先でどこが1番良かった?」と聞いたところ、「ボホール島が1番良かったよ〜。ここはセブっ子にも人気の観光地でね、世界最小 […]

ヴェネツィアの干潟に浮かぶフォトジェニックな島!「ブラーノ島」でおすすめの観光地

世界的な観光地として有名なイタリアのヴェネツィア。 水の上に浮かぶ街は世界で唯一無二の風景として人気を博しています。 そんなヴェネツィア本島の周囲には、特徴を持った島々が点在しています。 ヴェネツィアングラスの発祥地、ム […]

インドの楽園アンダマン諸島へのアクセス方法~ポートブレア・フェリーの乗り方~

インド本土から1,200km、320以上の島々がインド洋に連なる「アンダマン諸島」。 ミャンマーからはわずか130kmで、気候はインドよりも東南アジアに近く、インドネシアやタイの一部のような感じです。 インドにおける地理 […]